中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

4.不安

 国王陛下の先導で着いたのは、先程の図書館とは趣が違う図書館らしき場所だった。魔道実験室みたいな名前だったら、しっくりくるような場所だ。想像以上に狭い。

「はい、これだよ」

 アビリティプレートとは違い、今度は白金色のプレートを渡された。

「これはステータスプレートというものでね。これも血を垂らすと、己の基礎能力が分かるんだよ。アビリティプレートよりも高価だから、気をつけて扱ってくれ」

 言われた通り、慎重に血を垂らす。これも情報が空中投影された。




カミジキ ノア
基礎能力
《普通状態》
攻撃:150
防御:125
俊敏:175
体力:190
魔力:5000

《魔眼覚醒時》
攻撃:1500
防御:1250
俊敏:1750
体力:1900
魔力:50000

《魔眼共鳴時》
攻撃:4500
防御:3750
俊敏:5250
体力:5700
魔力:150000




 ……え?魔力が飛び抜けすぎなんですけど?他と10倍以上差がある。しかも共鳴時は、10万超えている。国王陛下曰く、国最強の騎士、パラディンでも基礎能力が全ておよそ2500ないぐらいらしい。基礎能力は鍛えれば上がるそうだ。それでも、俺のこの数値は異常だろう。ちなみに、一般は平均100が普通らしい。

 横では、やはり真雫が苦戦していたので手を貸す。投影された情報は……




ホシミヤ マナ
《普通状態》
攻撃:100
防御:190
俊敏:150
体力:125
魔力:3000

《魔眼覚醒時》
攻撃:1000
防御:1900
俊敏:1500
体力:1250
魔力:30000

《魔眼共鳴時》
攻撃:3000
防御:5700
俊敏:4500
体力:3750
魔力:90000




 真雫もチートと呼べるような基礎能力だった。転移者は、最初から規格外が普通らしいが、それでも俺たちは飛び抜けているらしい。主に魔力が。なんか、恐ろしいな。

「ふむ、これでクリアだな」
「クリア?何がです?」

 何故か国王陛下は微笑むと、数秒間を置いて、

「明日、君たちの授爵式を挙げる。しっかりと休んでくれ」
「……は?授爵式?何で俺たちが貴族になるんです?」
「代々そうしていたのだよ。君たちも嬉しいだろう」

 ここでの貴族の立場がわからない以上、喜んでいいのかわからない。少々嫌な予感がする。

「ではまた明日。部屋は王宮に用意してあるから、そこの使用人に案内してもらってくれ。部屋は一つしか取れなかったが、そこは勘弁してくれ。それでは、私は仕事がある」

 俺たちが唖然としている間に、国王陛下は奥に消えていってしまった。




「必要なものがございましたら、私たちに申し付けください」

 バタン、と音を立てて扉が閉まる。

 俺たちが案内された部屋は、ホテルなどで言うVIPルームみたいな場所だった。
 
 浴槽は所謂ジャグジーだし、部屋の大きさもうちのアパートの3倍以上だし、キッチンも完備されているし、ベッドもソファもなんかすごく大きくて高そうだし……ってちょっと待った。

 あることに気づき、もう一つあるはずのそれを探す。丁寧に全部屋探したが、ない。

 そう、ベッドがひとつしかないのだ。確かにやけに大きいなとは思っていたが、まさかそういうことだとは。

 元中二病の俺には、友達が少ない。勿論、女友達も、だ。だから、女の人にはあまり耐性がない。確かに真雫は幼馴染だが、それでも同じベッドの上で寝るのはちょっと……。今更だが、個別の部屋にして欲しかった。

「真雫、夜、寝るときは俺はソファで寝るから、真雫は1人でベッドを使ってくれ」
「やだ」
「……は?」
「ノアも一緒」
「いやいやいや、なんでだよ!」
「なんでも」
「答えになってないわ!」

 そのまま押し問答が続いたが、何故か真雫が意地を見せて、1歩も引かなかった。結局俺は押し問答に負け、真雫と一緒のベッドで寝ることになった。このことはもう意識しないようにしよう。

 時は過ぎ、夜。

 侍女らしき人が運んできた豪華な料理に舌鼓を打ち、ついでにこの国のことをある程度侍女に聞いた。

 海に近いため、主要産業は漁業ということ、世界で国土面積が1番大きいこと、戦争で負けたことがないこと、社会主義国ということ。聞けば聞くほど、この国のことが分かる。しかし、明らかにこの国の悪い面を話さそうとしない。まぁ、無理に聞くことでもないか。どんな国でも、黒い部分はあるだろうからね。

 食事を終え、俺は読書をしていた。別に読書家、という訳でもないが、とにかく暇だったのだ。今後のことを真雫と相談したいが、真雫は食べすぎた、と言ってどこかへ行ってしまった。

「ノアー、こっち来てー」
「はいはい」

 真雫に言われ、声のする方へと歩く。リビングらしき場所から聞こえたからリビングに行ったが、誰もいない。

「こっちこっち」

 ひょこっと、ベランダのドアから真雫が顔を出していた。ベランダに出ていたのか。多分、夜風に当たりたかったんだろう。真雫に招かれ、俺もベランダに出る。

「おぉ」

 感嘆の声が漏れ出てしまった。月に照らされて、街が輝いている。今までで見たこともないような綺麗な空の星々とも相まって、どこか寂しさを感じさせるような景色だ。控えめに言って、綺麗。

「綺麗だな」
「うん」

 真雫はこの景色を俺に見せるためにここに呼んだみたいだ。今も目を輝かせてその街並みを見ている。目を輝かせて街並みを見る美少女。……意外と絵になるな。

「……?どうした?」
「……いや、なんでもない。先風呂入ってるな」
「うん」

 魅入ってしまっていたようだ。言葉を濁してその場を去る。

 とりあえずクローゼットにかけてあったバスタオルを持ち、浴室へ向かう。あっ、そういえば替えの服はどうすればいいのだろう。

 部屋の扉を開け、1番近くにいた侍女に替えの服の有無を聞く。「少々お待ちください」と言い残すと、向こうへかけていき、1分で戻ってきた。寝間着と下着、そして明日のための礼服や外で活動するための服だ。真雫の分もある。

 服を受け取り、早速服を脱いで浴室に入る。

「分かっていたけど、やっぱり広いな」

 改めての浴室の広さに、感想が口に出てしまう。よく見れば黄金のライオンの蛇口まである。初めて見たな、あれ。

 さっさとシャワーを使い体を洗って浴槽に入る。この匂いはアロマか?こういうのには疎いからよくわからん。

 肩まで湯船に浸かり、今日1日を振り返る。異世界転移して、その先で邪神退治任されました。以上。展開が早すぎて、頭がまだ整理しきってないのか、未だに実感がわかない。

 とりあえず、今後の方針について考えるか。
 
 邪神は退治する方針でいいだろう。話を聞く限り、名の通り悪いヤツみたいだし、恐らく俺たちが転移者というだけで敵対してくるだろうしね。

 ただ、相手のことがわからなさすぎる。歴代の転移者で倒せたなら、国王陛下に歴代最強といわれた俺たちでも倒せるかもしれない。でも、全てたまたま勝てたのかもしれないし、勝てる確信がつくまであまり目立って行動しないようにしよう。もしかしたら、近くに邪神教信者みたいなヤツもいるかもしれないからね。

 そしてその後のこと、邪神退治を成したあとのことだけど……。やはり地球に帰りたいかもしれない。家族や数少ない友人のことも気になる。何年後になるか分からないが。ただ、どうやって帰るのか、それが問題だ。俺らを転移させた神々に頼めば、帰してくれるだろうか。最悪、それ系の魔法を探すとしよう。司書らしき人が言っていた空間魔法を使えば行けるかもしれない。

 そういえば、魔法は火属性魔法みたいな汎用魔法は、この世界にはあるのだろうか?もしあるなら、俺達には使えないのだろうか?ここら辺も明日調べてみるとしよう。

 まとめると、

・邪神退治
・地球帰還

 が、今後の方針だ。とりあえずこれを行動理念に動くとしよう。

 ガラガラ、と扉の開く音が浴室に響く。ギギギ、とぎこちない感じに首を振り向かせると。真雫が体に1枚布を巻いた状態で立っていた。

「ちょっ、真雫!?」
「何?」
「何?じゃない!?なんでいる!?」
「お風呂に入るため」
「簡潔且つ分かりやすい説明ありがとう。でもそうじゃない!」

 マジでなにやってんの!?いくら幼馴染でも異性の人と裸の付き合いは無理だ!

「話がある」
「後にしてくれよ!?ここじゃなくてもいいだろう!?」
「ダメ。今じゃないと話さない」
「いや、でも、」
「ダメ」
「……ぐう」

 かろうじてぐうの音は出た。聞く感じ、重要な話みたいだし、仕方ない、ここで聞くか。真雫に視線がいかないよう、壁の方を向く。

「これから、どうする?」

 なんだその事か。ちょうど頭の中で今後の方針が決まったところだったので、そのことをすべて話す。真雫も、今後の方針については異論なしのようだった。流石に女子と風呂で二人きりは精神衛生上良くないので、かつてないスピードで浴室を出る。【身体強化】にひたすら感謝した。




 髪を乾かした後、俺はソファで寝転がって読書していた。この作品意外と面白い。

 題名は『二人の英雄の夢想曲トロイメライ』。魔神を倒した英雄、デイシードとレーギシードが圧政を敷く王にたった2人で歯向かう、という話だ。デイシードとレーギシードは恋仲であったが、デイシードは王の手下の部下、ダナによって殺され、レーギシードは怒り狂い、命を賭して王のいる王国を滅ぼす、という物語だ。登場人物の心情が繊細に書かれていて、とても気に入った。もう2回読み終わっている。

「ノア」

 頭にタオルをかけている真雫が立っていた。読書に集中しすぎて気づかなかったみたいだ。真雫の顔を見れば、少し赤みがかかっていて、艶っぽい。

「どうした?」
「…………」

 真雫が俺の服を無言で引っ張る。ふぅ、と一息ついて、本を閉じ、真雫に連れていかれる。ついた先は、ベッドだった。

 いかがわしいことが頭に浮かぶが、真雫のことだ、それはない、勘違いだ、と心の中で首を振る。

 案の定、背中合わせに寝るだけだった。……ガッカリしてないからな?

「ノア……」

 不意に真雫が、右手を握ってきた。一瞬ビクッ、として、まさか……と思ったが、その考えも一瞬で吹き飛んだ。真雫の手は、震えていた。

「私たち、大丈夫かな……?」

 明るく振舞っていた真雫だが、実は不安を感じていたようだ。それはそうだろう。俺も不安は感じているんだ。真雫も不安ぐらい感じるはずだ。

 でも、俺は大丈夫、なんて正直言いたくない。確信のないうちに、そういうことを軽々しく言いたくないから。でも、それで真雫の不安を少しでも拭えるなら。俺の不安も拭えるなら。

「きっと大丈夫だ。俺達には、魔眼と並外れたチートといえる基礎能力がある。それを使っていけば、きっと、な」

 より安心できるよう真雫の手をしっかり握り、自分にも言い聞かせるように言った。

「……うん」

 そう手を繋いだまま、俺達は眠りに落ちた。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く