中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

3.魔法

「いやはや、恐れ入った。今周期の転移者は別格だね」

 ほとほと感心したようにする国王陛下。隣ではサイスさんが神に祈るポーズをしている。関わったら面倒臭そうなので、無視することにしよう。

「あの、何か凄いんですか?」
「常時発動魔法は普通1人につきひとつと呼ばれる魔法なのだけどね。でも、君たちは複数持っている。非常に稀なんだ。今までの転移者も、多くて2つだったんだ」

 それはすごい……のか?もっといても良さそうだけど。

「それはそうと、試したくないかい?」
「魔法を、ですか?」
「あぁ、近くに訓練場がある。今は使われていないはずだから、付いて来てくれ」

 真雫も特に異論はないようで、俺より先に行ってしまった。少し遅れて俺もついていく。ついでにサイズさんはまだ何か感慨に耽っていた。ほっといておくか。

「よし、ここだ」

 少しして着いたのは、コロッセオを彷彿とさせるような場所だった。本当に闘技会でも行われるのか、観客席もある。

「あったあった、これだ」

 俺たちが訓練場の中を見惚れている間、いつの間にかいなくなった国王陛下が、奥から大きい灰色の木造りの人形を持ってきた。人間の等身大のデッサン人形のようなものだ。これから何をするかは大体想像つく。

「これで試してくれ。アイズンボーンというこの世界で1番硬い木から作られた特注品だから、遠慮なく攻撃していいから」

 そう言って、約10m先にデッサン人形が置かれる。魔力を通すと動く、という訳でもなさそうだ。

「ノア、こうして」

 真雫が謎のポーズをとって俺に指示する。中二病らしすぎるポーズだ。そして真雫のやりたいことが分かってしまう俺も俺だ。

「はいはい、分かったよ。分かったから服を引っ張るな」

 真雫に引っ張られて、デッサン人形の正面に立つ。そしてデッサン人形に左側面を見せて真雫と背中合わせ。阿吽の呼吸で詠唱を始める。

「「”我が身に眠りし真実の魔眼ヴァンラ・オウゲン虚構の魔眼フィクティバー・デーモンよ」」

 そして、またも阿吽の呼吸で俺は左手を左に、真雫は右手を右に出し、お互いの手を重ね、繋ぐ。

「「ここにその力を示し……」」

 俺たちはデッサン人形の方を同時に向いて……。

「「我が力の糧となれ!”」」

 直後、俺らの足元に七芒星の書かれた黄色の魔法陣が浮き出てきた。突然のことに俺は肩をビクッとさせてしまったが、真雫は動じた様子がない。さすがは、現在進行形中二病。

 3秒程で魔法陣が消えた。でも、左目に少し違和感があるだけで、何も変化していない。

「えっと?何も起きないんですが?」
「自分たちの顔をよく見てごらん」

 すると、国王陛下はどこから出したのか、手に手鏡を持って、俺たちに見せた。覗き込めば、左目の瞳が青に変わった俺、右目の瞳が赤に変わった真雫が映った。

「おお!魔眼だ!カッコイイ!!」

 真雫がかつてないほどの興奮を見せる。そして手鏡を持って、毎秒右目にピースを当てたり、右目を手で覆ったりと、中二病ポーズを取っていた。よくそんなに思いつくな。

「”防御壁マウアー、展・開!!”」

 何故ドイツ語なんだ。普通に防御壁シールドでいいだろう。脳内でツッコミを入れたのと同時に、半透明の壁が出てきた。これが防御壁か。さっきの魔法陣は驚いたのに、防御壁には驚かない自分にびっくり。

「ノア、これに攻撃して!」
「え?ああ、ちょっと待ってくれ」

 俺も試さなければ。詠唱でもした方がいいのか?そっちの方がカッコイイし。ドイツ語でいいよね。さっきの真雫へのツッコミを棚に上げて、詠唱を開始する。

「”武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング:不壊剣デュランダル”」

 さっきの黄色の魔法陣とは打って変わって、今度は青い魔法陣が手元に現れる。その魔法陣が急に動いたと思ったら、剣の形を形作り、徐々に本格的な剣へと変わっていった。出来たのは、漆黒の長剣。魔法陣が剣になるまで、0.5秒も経っていないのにも関わらずここまで鮮明に分かるのは、きっと【身体強化】のお陰だろう。

 ちなみにこの剣は、かの有名な英雄、ローランが使いし名剣、デュランダルを想像して作った。想像し、呪文を詠唱するだけで作れるとは、便利な魔法だな。

 試しに真雫の作った防御壁を切ってみる。予想通り、剣が弾かれた。双方傷ついていない。

「ノアー、もっとこう、バーンッ、て武器、ない?」
「うーん、じゃあ”武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング:自動剣フラガラッハ”」

 空中に現れた青い魔法陣が形を変え、浮遊した剣になる。こういう非常識すぎるものも作れるのか。ついでに加速魔法陣も使ってみよう。

「”加速魔法陣ベシュロイニグング、展開”」

   次は先程とは違い、白い魔法陣が二重に重なって現れた。テンプレだとこの魔法陣の中を通すと加速を実現できるはずだが……物は試しだ。

 まず、自動剣フラガラッハを動かす。使い方は、創造した時になんとなく分かっていたので、難なく動かせた。少し助走をつけるため、魔法陣の後方約5mに待機させる。

「行くぞー、念の為避けといてー」
「了解」

 ザッザッ、と音を立てて当たらないであろう場所に移動する。真雫、変なポーズ付けなくていいから、早くどきなさい。

 漸く真雫が移動し終えたので、1度緩んだ気を引き締める。

 集中し、自動剣フラガラッハを最高速度で加速魔法陣の中を通す。通り抜けた瞬間、目で追うのすら難しい爆発的な加速を生んだ。防御壁に大きな音を立ててぶつかる。凄まじいスピードのお陰で砂埃が舞って、よく見えない。剣を回収しに、防御壁の近くまで行く。が、行っても行っても壁が見つからない。さっきの衝撃で破壊されたのだろうか?

 不意にカラン、と足に金属片が当たる。よく見れば、それは自動剣フラガラッハの刃先だ。さっきの衝撃で、防御壁と同時に粉々になったか。魔法で作った剣も、万能ではないみたいだ。

「流石は転移者だね。なら次は、あの人形で試してほしいかな」

 すっかり忘れていた。折角用意したのに使わないのは勿体無い……と言いたいところだが、特注品みたいだし、高いだろうからあまり壊したくない。壊せるかどうかは別として。

「ノア、共鳴、しよ?」

 隣の真雫が、上目遣いで俺に懇願するように言う。魔眼共鳴のことか?確かに気になるけど、プレートの説明が少なすぎて、イマイチ容量を得ない。どうやるのかは、おおよそ分かる
んだけどね。

「しょうがないな。よし、やるぞ!」
「うん!」

 俺は右手を右に、真雫は左手を左に突き出し、互いの手を掴む。

「「魔眼共鳴ブーザー・ブリック・レゾナンス!」」

 またあの黄色い魔法陣が足元に出現する。先程はそのまま消えたが、今回は違った。魔法陣が俺らを包むように上昇する。3秒程で俺らを通り抜けると、空に溶け込むように消えた。最初とは違い、今度は確実に身体の変化を感じた。身体の中の何か・・が……増えた?

「おぉ!魔力が共鳴した!」

 真雫は中二病的直感で、魔力が共鳴したと感じたらしい。共鳴って、そういうことかよ。ちなみに、手を離しても、共鳴状態は続くようだ。ずっと続けなくても良くて何より。いくら幼馴染でも手を繋ぎ続けるのは、恥ずい。

 試しに、また自動剣フラガラッハを創造。先程より抵抗みたいなものが減った感覚があった。これも共鳴の効果か?

 国王陛下が少し五月蝿いので、デッサン人形に自動剣フラガラッハで攻撃する。あっさり切れた。脆すぎだろ。

「真雫、もう一度防御壁を出してくれ」
「了解。防御壁マウアー、展・開!」

 あのデッサン人形では少し物足りなかったので、真雫に再度防御壁を出すようお願いする。先程よりも、より大きい防御壁が出現した。加速魔法陣を出し、さっきと同じ要領で、防御壁を攻撃する。

 前とは比較にならないぐらいの砂埃を撒き散らして、防御壁と自動剣フラガラッハが衝突する。轟音が耳をつんざいた。少し痛い。

 今度は自動剣フラガラッハと防御壁は無傷だった。共鳴には強化効果があるみたいだ。

「うぅ……」

 あまりの爆音に、真雫が耳を塞いでしゃがみこんでいた。次にやるときは、自重しよう。

「いやはや、すごいすごい。本当に歴代最強だね」

 国王陛下も、耳を少し痛そうにしながら歩み寄ってきた。

「ところで、君たち。自分の魔力量を知りたくないかい?」

 何故か、国王陛下が不敵な笑みを浮かべた。

「分かるんですか?」
「あぁ、少々ここから遠い場所にあるけどね」

 ここから少し遠いのか。めんどくさいことはあまり好きではないのだが、今後のために自分のことは知っていた方がいいだろう。

 歩み出した国王陛下に、俺たちは急ぐようについて行った。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く