話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

帰還

キリがいいので今回は少なめです。


 私たちは今、元の場所に戻る準備をしていた。

「カレーン」
「どうしたの?」
「あとどのくらいでできそう?」
「今、半分ぐらい来たとこだから、後二時間ぐらいかな」
「私、そこら辺で魔物倒してくるね」
「はーい」

 そう言って、シャルは魔物狩りに、カレンは宝石五つを使った魔法陣を書いている。

『カレン。宝石はどこに置くの?」
「えっと、線が交差してる所に置いてね」
『分かったよ』
「それじゃ、ラストスパートと行きますか!」

 それから三時間後。出来上がった。

「よっしゃー! 完成だ!」
「予定より一時間過ぎちゃったね」
「そんなの誤差だよ誤差」
『早く戻りましょう』
「そうだね」
「あ、ちょっと待っててね」

 そう言って、シャルは小屋がある方に向かって行き、大きな荷物を持って、直ぐに帰ってきた。

「何それ?」
「これはね。さっき倒した魔物の核だよ。あっちのお金はもう一シルもないからね」
「そうだったね。コネさんにはまた迷惑かけそうだね」
「まぁ、しょうがないよ」

 そして、カレンたちは魔法陣の上に乗っかり、魔力を流した。

「名残惜しいけど、さよならだね」
「そうだね。私も来てから一年は過ごしてたしね」
『私も、いい思い出ばかりじゃないけど、少し寂しいな』

 その言葉を最後にその島は数千年後まで誰一人上陸しなかった。
 そして、カレンたちは薄れゆく島の景色を眺めながら元の場所に戻ってきた。

「よっしゃー!! 帰ってきたーー!!」

 カレンの大声はダンジョン百層ボス部屋に響き渡った。

「何も……の……だ?」

 そこに居たのはエンシェントドラゴンだった。

「久しぶりだね。エンドラ」
「なぜ貴様らが、ここにおる! まさか、あの島から脱出したのか!?」
「その通りだよ。やる?」
「あ、あ、あの島から、帰ってきた化け物と戦いたくない! さっさと地上に帰れ! それに、魔力をおさえんか!! 人間が滅ぶぞ!!」
「おっと、そうだった。忠告ありがとう。じゃ、帰ろうか」

 そして、カレンたちは魔力をゼロまで抑えて地上に戻った。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • SSS_歪_HIZUMI

    エンドラ先輩ビビってて草

    1
コメントを書く