話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

シャル〜魔力〜

 シャルが転移すると見たこともない森だった。

「ここどこ?」

 シャルは、一人周りを見渡した。すると、何かがこっちに近づいてきていた。
 ガサ、ガサ。

「誰かいるの?」
「え? その、声って......」
「ん? シャル?」

 そこに居たのはカレンだった。シャルは、カレンに抱きついた。

「う、うぅ。カレンさん、会いたかったです!! 探したんですよ!!」
「あはは、なんでシャルが来たのか気になるけど、何となくわかった気がする」

 カレンはその後、今住んでいる小屋にシャルを招き入れた。

「へ〜。私が知らない間の七年でそんな事があったんですね。でも、一番の驚きはカレンさん、背が高くなってません? それに、胸まで出てきてるし」
「いや〜、人間だからね。成長ぐらいするよ!」

 カレンは、でかくなったその胸を張って、シャルに見せつけていた。

「こんなに、エルフである事が憎いと思ったことは初めてです」
「そんな事言わないでくださいよ」
「でも、ヒューは大きさ変わらないんですね」
『何を言っている。私のこの姿は仮の姿。真実の姿はこれの何倍も大きいんですよ』
「そんな、嘘言わないでくださいよ」
「ほんとですよ。見てみたほうが早いですね」

 カレンたちは一旦外に出た。

『じゃ、見ててくださいね』

 ヒューが集中し始めて数秒、ヒューの身体が眩い光を放ち始めた。

「そろそろですよ」

 カレンがそういうと、ヒューの身体の光は収まり、そこに居たのは成竜まで成長して、全長二十メートル程の大きさになったヒューだった。

『どうだ?』
「す、凄いですね」
「ね、ヒューは凄いでしょ。それに、強いんだから。もうこの島では負けなしだよ」
『貴女には勝てませんけどね』

 その後、小屋の中に入り少し話をした。そして、カレンが何か思い出したように話しかけてきた。

「あ、そうだ。シャルって、この島に来たばっかりだよね」
「うん。そうだけど」
「だったらさ、魔力を自分の中に抑えてて欲しいんだ」
「え? どうして?」

 カレンは、自分の身に起きたことを話した。

「なるほどね。分かったわ」

 そして、魔力を抑えたシャルにカレンは料理を振る舞った。

「あと、これも食べてね。これはね、食べると魔力が強化されるお肉よ」
「え!? な、なにそれ!?」
「私も原理は知らないんだけど、そういう鳥がいるんだよ」
「不思議な場所ね。あ、この島から出るにはどうするの?」
「それは、安心して、もう戻れる段階には来てるから」
「へー」

 それから、数日を過ごした。

「ねぇ、シャル。お願いがあるんだ」
「カレンさんからお願いされるなんて珍しいですね」
「大事な話だからね」
「大事な話?」
「そう。私と、パーティになってくれない?」
「え!? 私なんかがカレンさんのパーティに入れるわけないじゃないですか!?」
「大丈夫だよ。昨日の戦いもシャルがいてくれて今まで以上に楽に倒せたんだ。だから、ここでシャルを強くして私とパーティになって欲しいんだよ」
「カレンさんとパーティになれるなんて夢見たいです。では、カレンさん! 私を強くして、パーティに入れてください!」
「もちろん!!」

 それから数ヶ月、カレンによる地獄の特訓が開始された。

「まだまだ行くよ!」
「は、はい!!」

 カレンは、シャルの俊敏性、弓の命中力、弓の威力をあげる特訓をしていた。

「よし、今日はそろそろ終わりだよ」
「はぁー。やっと終わった!」
「ほら、最後に今まで抑えてた魔力を放出してみ」
「いいの?」
「うん! やってみ」
「わ、分かった」

 シャルは恐る恐る自分の魔力を解放した。すると、シャルを中心に風がブワッと吹いた。

「え、え? えぇぇぇぇぇえ!!??」
「驚いてる、驚いてる」
「ちょ、ちょっとカレン! なにこれ!!」
「どう? それが、この島に順応したシャルの魔力だよ」
「これが、私の魔力? 不思議な感覚。今まで重い鎧を着て動いてみたいな感じだよ」
「さ、魔力ダダ漏れになってるから抑えて」
「う、うん」

 シャルはいまだ驚いて固まっている。


まんが王国選ばれなかった。めっちゃ悔しい

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く