話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

奇抜な魔物

あけましておめでとうございます。今年もこの作品をよろしくお願いします。


 遺跡に入っていくと、中は洞窟のようになっていた。

「薄暗いな〜。何故か明るいってやつがあるわけじゃないのか」

 その遺跡はダンジョンではなかったので、周りが全く見えない暗さだった。

『カレン。明るくしてちょうだい』
「無理よ。私今魔法使えないんだから」
『あ、そうだった。忘れてたわ』

 ヒューが少し唸り声をあげて、魔法を使った。

『これで、明るくなったでしょう』
「流石ヒュー。私より強いだけあるね」

 中に入り直ぐ。学校の多目的ホールほどの大きさの空間に出た。そこには巨大な百足が居た。

「ひっ!」
『キモ!!』

 カレンとヒューが悲鳴をあげた。
 百足が足を動かすたびにギシギシと音が鳴り、常に鳥肌が止まらない。

「う〜。今すぐ逃げたい」
『何言ってるの? 今戦わないと、この先あんな魔物が出てきたら戦えないわよ』
「分かってるけど、生理的に受け付けない訳じゃないないけど、気持ち悪いんだよ」
『そんなの、私も一緒だよ』
「それじゃ、この気持ち悪さを半分にして、一瞬で終わらせましょうか〜」

 そんなことを言っていると、百足がこっちに粘着糸を吐き出してきた。

「うわっ!? 何あいつ! 糸吐くとか百足じゃないじゃん!!」
『あれは、百足グモね』
「なに、冷静に分析しているのよ!?」
『あれよ、私よりパニクってる人を見ると逆に冷静になるあれよ』
「まぁ、分かるけどさ」

 ヒューの言葉でカレンは落ち着きを取り戻した。

「百足と蜘蛛の合成か。火に弱そうね」

 カレンが持ち出したのは、双剣の片方、火の双剣だ。

「さ、あの魔物を焼き尽くすわよ!」

 魔力付与ができない今、双剣の元々の属性を頼ることにした。

『寒さにも弱そうね。私があの足を凍らせるからカレンは頭を切り裂いてちょうだい』
「了解!」

 これじゃあ、どっちが従者か分からないな。
 ヒューは氷のブレスを百足の足元に向かって放った。しかし、それを百足は糸を吐いて防いだ。

『まさか、あの糸にあんな使い方があるとは思わなかったわ』
「ちょっと、ヒューの氷が要なんだからね。ちゃんとやってよね」
『もー、分かってるわよ』

 ヒューが全速力で百足グモの周りを飛び回る。百足グモは、それを目で追えずに、身体がぐるぐるに絡まってしまった。

『やりたい事とは違ったけど、これでいい?』
「最高!」

 カレンが絡まった百足グモの頭めがけて剣を振り下ろす。
 ザシュッと音が鳴った後、頭がゴロッと落ちた。

「ふー。これでこいつは終わりよね。遺跡もこれで終わればいいのに」

 カレンがそんなことを独り言で言っているとヒューが遠くからカレンを呼んでいた。

『おーい! カレーン、こっちに道が出てきたわよ。行きましょう!!』
「うわっ、まじですか? もう、いやや〜」

 そんなことをカレンが言っていてもヒューが背中を押してくる為、家に帰る選択肢がなくなっている。

『早く行って家に帰りましょう!』
「も〜。分かったよ。行きますよ〜」

 カレンたちは奥に続く道を進んでいく。
 奥に進むと次は体育館ぐらいの大きさの広間に出てきた。

「なんか、ボスラッシュみたいな構造ね」
『なに、それ?』
「強力な個体が一体一体用意されていて、それを順番に倒していくものだよ」
『疲れるね。それ』

 そして、今回のボスは背中に甲羅をつけたクマのようだ。


新年が明けて少し経ってしまって申し訳ない。バイトがあってめっちゃ疲れて、直ぐに寝ちゃって書く気力が出ませんでした。それもあと少しで連勤が終わるので少しは書く気力が回復することを願ってますよ。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く