話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

お肉

二日連続投稿!


 カレンはものすごく魔力が多く、魔力に頼った戦いを沢山してきた。そのため、今の現状は悲惨なものだった。

「はぁ、はぁ。嘘。たった数百メートル走っただけで、こんなに疲れるものだっけ?」

 カレンは、自分の魔力に依存しすぎていた。以前のカレンだったら、何千キロと全力で走っても、息切れ一つ起こさなかっただろう。それが、今ではみる影もない。地球にいた時と同じ体力に戻ってしまっていた。それでも、ワイバーンぐらいは簡単に倒せるけどね。

「先ずはこの体力をどうにかしないとね」

 そこからのカレンの行動は凄まじかった。生きる為に、小屋の中で体力、筋力をつけるトレーニングを始めた。そして、家の周りにある木の実をあの本を頼りに食べられるものを見つけ、ヒューと一緒に食べていた。

「さぁ、ヒュー。今日のご飯は、林檎みたいな物を煮詰めた物だよ」
「キュー」

 ヒューはそれを見ると、何処かに飛び立ってしまった。

「はぁ、もうここ一ヶ月はこれだけだからね。私ももうやだよ」

 カレンはこの一ヶ月、トレーニングをしながら生活しており、その際の食事はこの小屋の近くにある、林檎みたいな物しか食べてこなかった。しかしも、この一ヶ月で魔物は一体も来なかったのだ。

「そろそろ、お肉食べたいし、魔物を倒して来ないと本格的に栄養失調で死んじゃうよ」

 カレンは、小屋に貼ってある地図を見ながらどこに行くかを決めていた。

「この島は丸で、五角形の頂点の位置に何かがあるらしいから、まずは上の方に向かって行くか」

 この島は円形の形をしている。小屋はそれの真ん中に位置しており、魔物は外側に行けば行くほど、強力になって行くようだ。
 そして、カレンは探検の準備をして、上の方に向かった。

「ここが今までの生活圏だよね。この先が私にとって未知の領域なんだよね」

 そしてカレンは、木に目印をつけながら上の方に向かって行く。

『グルァァァア』

 魔物の声が聞こえた。

「この声は、なんだろう?」

 カレンは好奇心か分からないが、声の聞こえる方に向かって行く。

「確か、ここら辺だったと思うけど」

 そこでカレンが見たのは、全長二メートル級の魔物と魔物の、勢力圏争いだった。
 それは、カレンが目で追うのにやっとの戦いだった。

「あんなの、私に勝てるかな?」

 その後も、息を潜めながら、その戦いが終わるのをじっと待った。
 その間にカレンは、目で追うのがやっとの戦いをきちんと見ることが出来ていた。

 二時間後。

『キュルルルルルルルル!!』

 鳥のような魔物が、狼のような魔物に勝利して、そのまま何処かに飛びだって行った。

「やっぱり、勝つのは難しそうだよね。って、あれ、持ち帰ろうかな」

 あれとは、あの狼だ。ボロボロになっており、血もダラダラと出ていたので、急いで持ち帰れば、食べられそうだった。

「よし。持ち帰ろう」

 カレンはそれを亜空間に入れて、小屋に帰った。帰ると、ヒューが待っていた。

「ヒュー。お待たせ。今日は豪華だよ!!」
「キュルル!!」

 ヒューは嬉しそうにカレンの頭の上に乗っきた。カレンは、あの狼を解体するべく、亜空間から出した。

「今日は、こいつの肉を食べるよ!!」

 カレンは解体を開始し、それが全部終わったのは、夜になる少し前の時だった。まぁ、太陽の光がほとんど遮られてるから、お腹の空き具合で判断してるんだけどね。

「ってか、狼の肉って何処が美味しいんだよ」
「キュル?」
「ヒューも分からないか」

 カレンは、諦めた。

「何処だっていいか!」

 いや、開き直った。そして、何処の部位か分からない肉を手の平サイズにヒューの分も合わせて五枚ほど切り分けた。余ったものは全部亜空間の中にぶっこんだ。

「焼き加減はこんなものでいいか。調味料は何処だ?」

 その時、カレンは思い出した。

「ちょっと待って、もしかして亜空間の中に調味料入ってるんじゃない?」

 亜空間に意識を集中して、見つけた。

「あ、あった!! この一ヶ月の苦労はどうしてくれる!?」

 カレンは、自分が調味料を持っていることを完璧に忘れていた。だから、あんなにヘンテコなものしか食べてこなかったのだ。

「塩胡椒を振りかけて、はぁー。いい匂い!!」
「キュ、キュルルル!」

 ヒューはよだれをダラダラと垂らしている。

「あと少し待ってね」

 そして、

「出来た!!」

 ついに、念願の肉を食べることが出来た。

「あぁ、美味しかった!!」

 ヒューもご機嫌のようだ。

「まだまだ、お肉はあるから、これからも頑張るぞ!!」
「キュル!!」

 そして、カレンとヒューは翌朝を迎えた。
 そして、身体に違和感を覚えた。

「なんでだろう? 身体が軽い?」

 カレンは、自分の身体が、今までよりも使いやすくなっている事に気付いた。そして、カレンは一つの仮説に行き着いた。

「もしかして、栄養の偏りが無くなってきたからな?」

 栄養の偏りは、身体に大きな影響を与える。太ったり、免疫力が下がったり。しかし、タンパク質を摂取することができた。それによって、身体が元に戻ったのだと感じていた。本当は、カレンの思っているものとは全く違かったりする。

 そして、その後も、生活圏を広げていったカレンは、ある事に気づいた。


切りがいいから、続きは明日の夜か、明後日の夕方かな。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く