話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

六十階層〜初めてのモンスタートラップ〜

最近眠すぎ。


 ボスを倒して、サンドイッチを食べ終わり、また下の階層に向かっていった。

「さてさて、次はどんな魔物が出てくるかな」

 そんな時に、何かがカレンの探知魔法に引っかかった。

「この魔力は、人型じゃないか。飛んでる。てことは、バット系の魔物かな?」

 そのまま、魔物のいるところに向かった。

「キュル」
「え?」

 さっきから感知していた魔物の近くに来たが、何やら可愛い鳴き声が聞こえた。

「まさか!?」

 何か思い至ったのか、今までの数倍の速さで走っていった。そこでカレンが見たのは、水色のドラゴンだった。そこで、ドラゴンもこちらに気づいてつぶらな瞳でこちらを見つめてきた。するとドラゴンは、ものすごくうれしそうにこちらに寄ってきて、頭にしがみついてきた。

「痛い痛い! 爪が食い込んでる!」
「キュル?」
「いやいや、何で、何のこと? みたいに首かしげてるの?」
「キュッキュル!」

 こんなにうれしそうに、私の頭の上で羽ばたかれたら、もう何もできなくなっちゃうよ。
 まぁ、いったんそれは置いといて、そのまま探索に行こうとしたら、ドラゴンが飛んでついてきていた。

「まさかこれさ、意図しないうちに「刷り込み」をやっちゃったかな?」

 その言葉にこたえるように、ドラゴンは一声鳴いた。

「ま、まぁ、可愛いから一緒に暮らしてあげてもいいけど、名前つけてあげなくちゃね。ねぇ、ドラゴン、名前なにがいい?」
「キュル?」
「それじゃ、ヒュドールはどうかな? 私の故郷のギリシア語で、水って意味なんだけど」
「キュル!」
「お、喜んでくれてるみたいで、よかったよ」

 ドラゴンは、魔物の中でも知能が高く、人と会話することなんて、いともたやすくできてしまう。けれど、ここまで小さくて生まれたばかりの幼竜が言葉を理解してるなんて、少し驚いてるよ。

「それじゃ、これからよろしくね、ヒュドール」
「キュル!」

 こうして新たな仲間、ヒュドールとダンジョンを攻略するのだった。
 だが、それでもカレンは何か不安だった。ドラゴンが、しかも幼竜が一匹で歩いていたのだから、成龍が近くにいてもおかしくないのに、さっきから、ただの魔物の反応しかないのだ。何も起きなければいいな。と、思いながら、カレンはダンジョンの奥まで進むのであった。

 それからは、ヒュドールの強さを知りたくて、一度戦わせてみたが、やはり幼竜、まだまだ弱いね。これは、強く育てるぞ! 魔力は、私の近くにいれば勝手に強くなるから、安心だね。成龍になれば、もっと強くなるから、あれ? 私することなくね? いやでも、健康管理は私がやってやる! でもドラゴンって何食べるんだろ? 
 そんなことを考えていると、前から、リザードマンが3体迫ってきた。

「ヒュドール、今回は私がやるから、そこで見ててね」
「キュル!」

 リザードマンは曲刀を持っている。どちらかと言えば刀に似ている。そして、やはりリザードマンなだけあり、3体で連携をして攻撃を仕掛けている。
 リザードマンAが、下から切り上げるように迫ってくる。BとCは、左右から斜め上から切り下げてくる。
 カレンはAの攻撃を後ろに少しずれ躱す。だが、BとCの攻撃がそこで接近してきた。カレンはその攻撃がちょうど重なるところで、刀を構え受け止める。
 リザードマンは、カレンの受け止めを見て後ろに下がろうとするが、一瞬の硬直時間を見逃さなかった。
 カレンは、刀に魔力を流し青と白の雷を纏わせた。その雷を刀を伝ってリザードマンを丸焦げにした。
 それを見たリザードマンAは、激情し、力任せに曲刀を振る。まさにそれはドラゴンの一撃。それを簡単に見極めてカレンはその攻撃を受け流して、リザードマンの後ろに回り首を切り落とした。

「こんなところか。でも、手を抜くのはだめだよね」
「キュル!」
「あ、居たんだった」
「キュル!」

 ヒュドールがいることをすっかり忘れていて、怒られてしまった。反省反省。今までずっと一人だったから、ごめんね。

「これからは、ヒュドールがずっとそばにいてね」
「キュル」

 もちろん! と、でもいいそうな返事をしてヒュドールは私の頭の上に乗ってきた。

「もう、そこが特等席になったね。成長したらやめてほしいけどね」

 それから、68層にカレンが着いたときにあるものを見つけた。

「ここ、モンスタートラップだ。今日の寝床ゲット! よし、ヒュードル。今回は共闘しようか」
「キュル、キュル!」
「お、やる気だね~。私たちの最強コンビ見せてやるわよ!」

 そして、カレンとヒュドールは、モンスタートラップの中に入っていった。

 ここで、モンスタートラップについて説明を挿むとしよう。モンスタートラップにはwaveが三つあり、大体一waveごとに三十体ほどの魔物が生まれてくる。一waveの終わりには少し強い敵が現れる。そいつを倒すと五分の休憩が入るようになっている。これは、いまだに解明されていないダンジョンの謎とされている。そして、三waveをきっちり終わらせると、十二時間はそこには何も生まれず、外からの魔物の侵入もなくなる。これも、ダンジョンの謎だ。なので、モンスタートラップを攻略したら、そこで一夜を過ごすことも冒険者ではよくある話だ。
 これで、一旦モンスタートラップの話は終わりだ。何かあったら、またその都度解説を挟むとしよう。

 カレンたちがモンスタートラップの中に入ると、まず出てきたのは、何の属性も持たないただのウルフが、十五体。ポイズンバットが、十五体。計三十体の魔物が生まれた。
 すぐにでも終わらせたかったカレンたちは、一瞬でケリをつけに行った。

「ヒュドール。バットに水魔法をお願い」
「キュル」

 ヒュドールが、返事をすると。ヒュドールは水のブレスをポイズンバットに向けて放った。ポイズンバットは、上手く避けられずに、四分の五がそれに当たり、水と一緒に地面に落ちてきた。カレンは続けて攻撃を仕掛けた。雷魔法「ライトニングブレス」敵がいる前方に向けてはなった。相手は、きっと何が起こったを認識する間もなく、灰になったことだろう。すると、魔物の死骸が一か所に集まり、何かの形に変化した。

「あれが、最初のボスですか。一気に決めるよ、ヒュードル」
「キュル」

 一wave目のボスは、オーガだ。

「土魔法「ロック」」

 この魔法は、言葉の通り土を固める魔法だ。これで、オーガの足元を固め動きを封じた。

「ヒュードル、ブレスをお願い。魔力を一点に集めて、それから発射ね」
「キュッ、キュル」
「頑張って、焦らずね」

 そして、ヒュドールは、口元に魔力を集めだした。

「さすがはドラゴン。魔力操作はもう一人前か」

 そして、とても細い水のブレスは、オーガの心臓を一刺し。オーガは、あっけなく倒れ霧状の魔力になって消えていった。

「よくやったね、ヒュドール」
「キュル!」

 ヒュドールと、一waveを乗り切り、一緒に喜び合っていた。 
 前までは、こんなことする相手もいなくて、一人黙々と攻略してたから、寂しかったな。

「これからも、よろしくね。ヒュドール」
「キュル?」

 カレンのその言葉にヒュドールは、どうしたの? とでも、言いたそうに首をかしげた。

「何でもないよ。さ、二wave目も頑張ろうか」
「キュル!」

 ヒュドールの声は、魔物が生みに出される音で掻き消された。
 そして、二wave目も三wave目も、全く同じ魔物が出てきて消えていった。これから、十二時間は魔物も湧かず魔物も出入りできない。不可侵エリアが完成した。

「ヒュドール。これから野営を始めるとしよう」
「キャル〜」
「あはは、フュドールも疲れたよな。ここで、精一杯休むとしようね」

 こうして、初めてのモンスタートラップを攻略して野営の準備を始めた。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く