話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

五十階層〜謎の声〜

久し振りの戦闘回


 朝早くから、ギルドに来るのも久しぶりな気がする。

「おはようございます」
「あ、おはよう。シャル」
「今日はどうしました?」
「今日から、ダンジョンに泊りがけで攻略するつもりなので、それの報告です」
「……マジですか?」
「そうですけど?」
「……わかりました。では、行ってらっしゃい」
「はい。行ってきます」

 それからすぐに、ダンジョンの中に入った。
 そのころギルドマスター室では。

「それ、まじでいってる?」
「マジです。ギルドマスター」
「あいつは、なんてことを考えるんだよ……。ダンジョン内で野営するつもりだろうが、安全地帯なんてないに等しいダンジョン内で野営するなんてな」
「モンスタートラップを攻略したところなら、安全に野営できますが、そんなところできちんと寝れるとは思いませんが。大丈夫ですかね?」
「算段があっての野営なんだろうな。今回はあいつを信じることにするか」
「そうですね。カレンさんの無事を祈りましょう」

 そして、五十一層。

「さて、今日から三日で百層攻略するぞ~」

 今回の泊りがけのダンジョン攻略は、五十層~百層までの攻略をしようとしている。いつもは、十層を一日で攻略しているが、一日二十層を目標に攻略していくつもりだ。いつもの倍の速さで攻略していくことになるので、滅茶苦茶大変だ。だが、五十層から下は、すべての階層が入り組んでいる道になっているので、攻略自体は簡単だと思う。
 なので今は、全力疾走してダンジョン内を奔走している。カレンの道にいる奴らは、問答無用で切り伏せられている。

「おりゃ、でりゃ、おりゃ、せりゃ!!!」

 変な掛け声をしながら走っているカレンは、はたから見たら変な人だろう。
 そして今は、最初に会ったゴブリンよりも、二回りほど大きいゴブリン七体と対峙していた。

「またまたゴブリンさんですか。今回は、簡単にやられないでくださいね」

 カレンの言葉が分かったのか、杖を持ったゴブリンが、何か言葉を発しし始めた。

「あれは。魔法詠唱か。てことは、ゴブリンメイジと、剣を持ってるのは、ゴブリンソードか。ワクワクしてきたよ」

 ゴブリンメイジの詠唱が終わり、二体が火魔法「フレイム」、もう一体が風魔法「トルネード」を唱えて、火と風の合成魔法「火炎竜巻フレイムトルネード」を放ってきた。前方にいたゴブリンセイバーは、それを、左右によけた。カレンは、刀を構え、六割程の力で振り下ろした。すると、ゴブリンメイジが放った魔法は掻き消された。それを見たゴブリンメイジは硬直していた。が、ゴブリンソードは目を見開いただけで、こちらに左右二体ずついる中で前から二体、後ろから二体、全方向から向かってくる。カレンはそれを7割ほど力を入れた足で、後ろに跳んだ。それをゴブリンセイバーは目で追うことはできなかった。カレンはその後も、ゴブリンが目で追うことができない速度で動き回り、ゴブリンソードの剣を片っ端から折っていった。自分の得物をなくしたゴブリンソードは、その後動くことはなかった。なので、ゴブリンメイジを簡単に倒すことができた。それも、さっきゴブリンメイジが放ってきた「火炎竜巻フレイムトルネード」を打ち返した。あとは、ゴブリンソードを倒してこの戦いは幕を閉じた。

「案外時間かかったな。まだまだ修行不足かな」

 この後も、効率重視で戦っていたので、それといった戦いは行われずに、60層のボス部屋にはお昼前につくことができた。

「お昼は、ボスを倒してからでいいかな。今回は何のボスが出て来るかな」

 カレンがボス部屋の扉を開けると、そこには何もいなかった。いや、いるにはいるが、気配がつかみにくいところにいるのだ。そう、地中に。
 魔物が土魔法「ランドフォーム」を使って、カレンを攻撃し始めた。この魔法は、地面を自分の好きな形に突出させる魔法だ。今回は、針のような形をした土で攻撃を仕掛けてきた。カレンがその魔法を軽々とよけて、蹴り壊していった。

「そんな魔法は、魔力の強さで見抜けるんだよ!」

 もう、探知魔法と呼ぼう。
 探知魔法は、二話前にでできたもので、相手の気配をわかるが、それを突き詰めると相手の魔力も同時に見ているのだ。それを今回も使っているので、相手の魔法に注ぐ魔力の強さも見て、どんな魔法を使おうとしているのかが、カレンにはわかったのだ。

「次はこっちから行かせてもらうよ! 地中から出で来い!」

 カレンが地中に向かって放ったのは、雷魔法「ライジングショック」だ。この雷を受けると、魔法に注いだ魔力の量にもよるが、丸焦げになることがある。が、今回は地表に相手を出すためなので、そこまでの威力は出ないように調整はした。
 やはり、カレンの攻撃がちょうど良い力加減だったので、相手は地表に姿を現した。今回のボスは、砂漠の天敵ワームだ。
 だが、出てきたところ悪いが、カレンが刀を構え、待ち構えていた。

「ばいばい。てりゃ」

 カレンの可愛い掛け声とともに、ワームの頭と体は別れを告げた。

「ふー。終わったかな」『まだ!』
「え?」

 何か声が聞こえてワームのほうを向くと、顔を失ってもこちらに攻撃を仕掛けようとしていたワームが、そこにはいた。
 とっさに反応が間に合わず、氷魔法「ブリザード」を結構の威力で放ってしまい、ワームは氷漬けになってしまった。足止めをするつもりが、魔力制御を誤ってしまった。ブリザードは、俗にいう中級魔法で、範囲内に吹雪を吹かせる魔法だ。洞窟内や室内で使うと滅茶苦茶寒くなる。と、言うことでワームを完璧に多をした。

「にしても、さっきの声は何だったんだろう。お姉さんみたいな声が聞こえたけど。まぁ、気にしても今はしょうがないか」

 何気に切り替えが早いカレンだ。
 倒し終えたので階段の方まで行き、昨日作っておいた料理を食べることにした。今回は、サンドイッチを出して昼食にした。
 昼食を食べ終えたカレンは、下の階層に足を踏み入れた。
-----
 そのころ、あるところでは。

「あやつが、やられました」
「ほう、あいつがやられたか。モンスターを召喚していたやつだよな」
「はい。ですが、あの量の魔物を大量に倒すやつは、化け物です」
「ならば、次はどうするか」
「では、次は私にやらせてください」
「ほう、何か策があるのか?」
「はい。私にお任せください」
「ならば、任せるぞ」
「御意!」
-----
 また狙われているとも知らずに、カレンは意気揚々とダンジョンの攻略を続けていた。


 ども、二週間ぶりのバイトに緊張していた作者のチコです。やっと、ダンジョン攻略に戻ってきましたよ。これから、五話程戦闘回が続きます。二章に向けてのラストスパートです! 
 最後に、今、三話先まで書いています。もしかしたら、ここだけ、週二回投稿になるかも? 期待せずに待っててください。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く