話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

メイドを雇う

 今回はキリがいいので、いつもより、少なめですね。


 私は今、自宅の厨房に入っている。
 昼に起きて、ダンジョン攻略を休みにして、買い物に行ってきたのがついさっきだ。大体三十万シル(金貨三枚)の買い物を済ませてきた。

「このぐらいの材料があれば、一ヶ月分の食料には困らないね。じゃ、今日は夜まで料理を作りまくるぞ~!!」

    そうして、始まった異世界料理。
    先に作りはじめたのは、卵焼きだ。この世界の卵は、地球のものとあまり変わらない。変わってる点を挙げると、魔力を含んでいて、食べるとめちゃくちゃ美味しいってところかな。てことで、卵を割って沢山割って、かき混ぜながら塩を入れる。この塩は、海水を蒸発させて作ったもので、パパとママと一緒にいる時に作ったもので、市場には売られていない。話を戻すが、かき混ぜた卵を少しづつ入れながら焼き、卵焼きの形を整えて、完成だ。

「うんうん、いい感じだね。......味も、うん!    いい感じだね!」

 それからも、卵を使った料理を約一か月分の料理を作った。
 次に作るのは、みんな大好き肉料理である! お肉は元から亜空間に入っているお肉を使っている。先ずは、フライパンに油を入れ、お肉を焼く。お肉にも魔力が含まれているので、多くの調味料は必要としていない。なので、肉は焼くだけで完成なのだ。お肉完成!

「ジューシーでおいしいね」

 その後も、夜まで料理を作っていた。作った料理は、片っ端から亜空間に詰め込んでいった。これで、当分の野営での料理は、作らなくてよくなったね。
 それから、お風呂に入り寝た。朝になり、ギルドに来ていた。

「おはようございます。カレンさん」
「おはよう。シャル。聞きたいことがあるンだけだ、今大丈夫?」
「大丈夫ですよ。それで、聞きたいことってなんですか?」

 カレンは、自宅のメイドと執事とコックを雇うために、ギルドに来ていた。ダンジョン攻略は今日もお休みだ。

「なるほど。では、でしたら、ここならいいんじゃないですか?」
「商業ギルドですか」
「ここなら、仕事を探している人も集まるので、今回のカレンさんにぴったりですよ」
「なるほど。ありがと、シャル」
「これ、地図です」

 そうして、シャルから地図を書いてもらい、商業ギルドに向かった。ギルドの中は、とても清潔で綺麗だった。

「えっと、受付はあそこか。あんまり並んでないんだな。すみませーん」

 黒髪の男性の受付の人に話しかけた。

「初顔ですね。今日は何の用ですか?」
「人を雇いに来ました」
「では、この用紙に必要事項を記入してください」
「わかりました」

 それから、必要事項を書き終え、受付に渡した。

「ありがとうございます。では、こちらはお預かりいたします。少々お待ちください」

 そう言い残し、受付の男性は奥に消えってた。それから少したって受け付けの人は大きい人を連れて帰ってきた。

「貴女がカレンさんで合ってますか?」
「はい、カレンですけど。貴方は?」
「申し遅れました。私は、商業ギルドのギルドマスターをしています。コングル・ジャクラと申します。今回は、メイドと執事とコックを雇うと言うことでよろしいですか?」
「はい、それで合ってます」
「では、名簿票がありますので、そちらを見て決めるとということでよろしいですか?」
「いえ、メイド長だけ決めて、あとはその人に全部お任せします。給料も私が長い期間いなくなっても払えるようにしますので」
「そうですか。分かりました。では、名簿から人選してください」

 そうして、名簿表から人選することになり、大広間から個室へと、場所を移した。

「では、何か雇う上での条件などありますか?」

ーーーーー
・泊りがけで働ける人
・口がかたい人
ーーーーー

「この2つを重点的に探してください」
「わかりました。では、それにあった人を連れてきますね」
「お願いします」

 そして、メイド長だけ決めて帰った。
 もう夕方になっていた。なので、今日は久しぶりに屋台で食べることにした。

「オーク肉の串刺しを三本ください」
「三本な。焼きたてだ! おいしいから、また来てくれよ!」
「おいしかったら、また来ますね」

 そうは言ったが、滅茶苦茶美味しい。肉汁がしっかりとでできて、歯ごたえもある。それに、おなかにも溜まる。お肉を食べると、米が食べたくなる。これは、日本人の性だろう。なので、おにぎり屋さんに来ている。

「塩おにぎりを二つください」
「あいよ」

 塩おにぎりを二つもらい、さっきの串刺しと一緒に食べると、やっぱり美味しい。
 それから、食べ歩きながら家に帰った。今日は、早めに寝ることにし、明日のダンジョン攻略に備えて、寝た。朝になり、ギルドに話すことがあったので少しだけよることにした。


 あと3話程で、新キャラも登場ですね。お楽しみに! この回から、PCを使って書いてるんですが、タッピングを早くしたいです(切実)。
 最後に、旧題もこれの投稿と一緒に消しますね。


ブクマ、感想もお待ちしてます。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く