話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

試し斬り

名前変えました。1週間ほどで、旧名を消すので、覚えてくれると助かります。
「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」です。中身に変更はないので、安心してください。


 私は今、転移魔法陣により40層の階段前にいた。

「ここにくるのも久しぶりだよ」

 そうして、下に続く階段を降りて行き、41層に着いた。そこに広がるのは廃坑と呼ばれる場所だった。カレンは二刀を腰に構え、刀を亜空間にしまっている。流石に廃坑だと道に迷ってしまうので、魔力を薄く伸ばし、周りを探索しながら歩いている。それでも、魔物の居場所はわかるが、道までは分からないので、半径500メートルまで伸ばしている。すると、何かがカレンの魔力に反応した。

「この形は、狼? だとすれば、ファイアーウルフか。数は、6匹か」

 そうして、道に印をつけながら右に左にと歩いていると、ファイアーウルフが、何かを捕食していた。

「これは好都合」

 まず先に動き出したのはやはり、カレンだ。牽制として、水魔法「バレット」を使い、一体を撃ち抜く。残り5体。仲間がやられたことに気づいたファイアーウルフは、口を大きく開け5体一斉に、炎魔法「ファイアーボール」を撃ってきた。それをカレンは、オリジナル魔法「リフレクト」を使い、そのまま跳ね返した。それには、ファイアーウルフも驚いたのか、3体は反応が遅れ、跳ね返ってきたファイアーボールで燃え尽きた。残り2体。そして、カレンは二刀を腰から取り出して、構えた。そこで、微弱だがカレンから魔力が二刀に流れていた。すると二刀は片方は焔を、もう片方は冷気が吹き出していた。

「これは、まさか魔剣!? リグさん、流石にやりすぎでしょ」

 なんとなく、リグさんに悪態をつき、それでも嬉しそうに二刀に魔力を流し、構えるカレン。それをきっかけに、ファイアーウルフは全力で突っ込んできた。カレンは二刀をクロスさせるように振り、ファイアーウルフはそれに斬られ絶命した。

「やっぱり、斬られたところから、片方は凍ってて、もう片方は燃えてる」

 そこで、なにを思ったか、亜空間から刀を取り出し、魔力を流した。すると、バチバチっと雷が刀の周りをうねり出した。

「やっぱりか、ケルベロスの特性が魔石についてるんだね。だから、属性持ちの魔物を倒した時に作った武器は、魔剣になるのか」

 魔剣とは、属性を持つ魔物の魔石が、属性を色濃く受け継ぎ、それを砕き溶かし、剣の素材とうまく調合されて、初めて作り上げられる剣のことを指す。そして、その剣に魔力を流して、初めて魔剣だとわかる。なので、魔剣だと知らないで、売ってある魔剣なども存在している。
 まぁ、それを知っている者は、ほとんど居ないけどね。

 それから、1階層ごとに、15回ほど余裕の戦闘をこなしながら、50層ボスの部屋の前に着いた。

(今回は誰が相手かな?)

 そんなことを思いながらボス部屋のドアを開けた。
 ゴゴゴッと重そうな音を鳴らしながらドアは開いて行く。
 見えたのは、黒い雷を纏った狼、ブラックサンダーウルフだった。

「なにあれ? かっこいいいいいいいい!!!」

 カレンは地球にいた頃から、厨二病を持っていたので、ああいったものには弱いのだ。かっこよさ的に。

「でも、倒すけどね」

 奴が咆哮を放つのを戦いのゴングとし、始まった。
 先手は、奴だ。奴は、黒い雷を、自由に動かせるのか、鞭のように放ってきた。それを、同じく雷魔法「サンダーボルト」で相殺する。次に動いたのはカレンだ。今回は二刀ではなく、刀を亜空間から取り出した。それを中段に構え、右前に走り、奴に向かっていく。奴は、後ろに飛んで逃げる。

「逃がさないよ!」

 それとほぼ同時に、カレンも奴に向かって飛ぶ。すると、奴は足が地に着いた瞬間にカレンに向かって、雷を纏った牙を出して、向かって来る。カレンはそれを、刀で受け止める。奴は、悔しいのか、うめき声を上げている。

「ブラックサンダーウルフさん、そんなものかい? だったらまだまだだね!」

 膠着状態を終わらせたのは、カレンだ。奴の牙を刀で斬り裂いた。その痛みで奴は、後ろに下がりながら、目眩を起こしているようだ。そこをカレンは見逃さず、氷魔法「フリーズコフィン」で地面と奴の足を凍らせて足を止める。奴は力を入れて抜け出そうするが、魔力の高いカレンの魔法をそう簡単には抜け出せずに、そのまま一刀両断された。

「ふぅ〜、終わった〜」

 久しぶりのダンジョン攻略で、疲れたカレンは、そのまま転移魔法陣に乗り、入り口まで戻り、まだ、夕暮れだったので、ギルドに向かうことにした。

「あっ! カレンさん! どうしたんですか!?」
「なんで、そんなに慌ててるのかわからないんですが、コネさんに、鑑定をお願いしたいんですよ」
「そうですか。では、また後で」
「また」

 そうして、コネさんの方に向かっていった。

「こんにちは」
「おう、鑑定か?」
「はい、お願いします」

 そうして、今回倒した魔物全てを出した。

「......分かってさ。今回は少ないと期待したが無理だったか。なぁカレンよ」
「なんですか?」
「提案があるんだが、聞いてくれんか?」
「いいですよ。それで、提案ってなんですか?」
「カレンよ、解体作業を覚えて見ないか? てか、覚えてくれ。この量を解体して鑑定するのは面倒なんじゃ」
「あ、なんか、すみません。覚えます」

 そうして、これから始まるコネさんの解体作業を、見て、やって、教わった。すると、教わって2時間。

「どうですか?」
「さすが、カレンじゃな。もう覚えたか。これで、もう教えることは無いな」
「では、これからは解体してから、魔石だけ持ってきますね。後は、いらない素材だったら売りにきます。てことで、今回の魔石と、ブラックサンダーウルフ以外の魔石と素材の買取お願いします」
「おう、待っとけ」

 そうして、鑑定が終わり、お金をもらい、家に帰った。

「そういえば、今日初めてここで、寝るんだね。っと、その前にご飯食べに行こ」

 そして、「猫のまんぷく亭」で、夜ご飯を食べて、家に帰って寝た。そして、起きた。

「はぁ〜、よく寝た〜。おじさん、いい仕事してくれたな。もうお昼だ。今日は、休むも」

 そうして、今日の休みが決定した。
 だが、特にやることのないカレンは、亜空間にしまっておく、大量の料理を作ることにした。なので、買い物に向かおう。


 解体を覚えた。次はあれだな。もう何をさせるかは決まっているので、大丈夫かな。
 お店もそのうち手をつけたい。
 後、一章完結は、まだまだ先ですね。ダンジョンの階層が、まだ半分残ってました。あはは〜(忘れてたとは言えない

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く