話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

初陣

お気に入り登録10以上行きました! ありがとうございます! まさか、こんなに早く行くとは思っていなかったので、すごく嬉しいです!これからも、応援お願いします!




 最難関ダンジョン『ルシフェル』とは、全100層からなる洞窟型ダンジョンだ。10階層単位で階層主がいる。人類最高層は、賢王と、剣王が挑み94層だ。勇者は99層らしい。ラスボス (フェンリル)は倒せず逃げたのだ。まだ100層に到達したものは居ない。それが、世間一般での見解だ。これからカレンが挑むのは100層の下、101層より下の層だ。まだ、そのことにカレンは気づいていない。

☆☆☆

「ここが、ルシフェルか〜。どんなダンジョンなんだろうな。楽しみだなぁ」

 カレンは今、ダンジョンの入り口に立っていた。

「あの〜、ダンジョンに入りたいんですけど」
「ダンジョンカードを見せてください」
「はい、どうぞ」
「確認しまた。ダンジョンは危険なところなので、安全第一で挑んでくださいね」
「もちろんです。それでは」

 そして、私はダンジョンへ足を踏み入れた。私は、1日1日目標を持ってダンジョに挑もうと思っている。今日は、様子見程度で、10層まで、潜るつもりだ。
 まだ、カレンは知らなかった。10層まで行くのに、普通はどのくらいの期間を掛けるのかを。

「ふっふふ〜ん」

 私は、鼻歌を歌いながらダンジョンを楽しんでいた。ん? 気配探知の中に魔物を見つけた。これは......5匹のゴブリンか? よし、戦うか。この一層の魔物がどのくらいの強さがわからないからね。
 私は、亜空間から二本のダガーを取り出し、逆手に持った。それから、100メートルほど歩くと、いた、奴らは木でできた棍棒を持っていた。
 こちらに気づいたゴブリンたちは、なんの作戦を立てずに、こちらに、突っ込んできた。

「こんなんだったら、あの森の方が手ごたえがあったよ」

 そこからは、ちょっとした蹂躙だった。まず、突っ込んできた一体目をすれ違いざまに首を切り落とし、その勢いを殺さずに二体目を蹴り飛ばし、そいつを三体目に当て、そのまま、死んだ。最後に、四体目と五体目の間を通り抜け、首を落とした。その間、わずか3秒。

「......弱い。はぁ、肩慣らしにもならなかったよ。これって、もしかすると100層以下まであるんじゃない? 流石にそれはないか!」

 残念、その通りである。

 そのままの勢いで、カレンは10階層、ボス部屋手前まで来ていた。その間戦った魔物は、ゴブリン、スライム、ホーンラビット、オークの四種類だ。そして、10階層のボスには、キングスライムがいる。これは、攻略情報が出ているので、簡単に知れる。

「さて、階層主に挑む前に、お昼を食べようかな。ここまで休憩しなかったからな、相手が弱すぎて。ま、いっか。いただきます!」

 今日のダンジョン飯は、サンドイッチだ。もぐもぐ、もぐもぐ。うまい! 「ごちそうさま」

「さて、行きますか。確か、10階層の階層主はキングスライムだよね。物理を通さないとか、嫌な奴!」

 そんなことをぼやきながら、スライムが書かれた扉を開け中に入る。
 ドスン! なんと、上から降って来たよ。

「さぁ、開戦だよ」

 そして、始まった、カレンVSキングスライム。
 先制攻撃をしたのは、Gキングスライムだ。Gスライムは、身体の一部を飛ばして来た。私は、それを難なく避ける。飛んだ箇所は、少し溶けた。

「あれって、酸性なのか。これは、近づけないな」

 私は、今まで使っていたダガーをしまい。魔力を高める。近づけないのなら、遠くから魔法で! だな。そして、無詠唱で、土魔法を放つ。『ロックガン』この魔法は、土を鉄の様な硬さまで固める。それを回転させながら放ったのだ。スライムは、物理には強い耐性を持っているが、魔法には耐性がない。なので、「ピチュン」終わった。

「あの粘液にさえ気をつければ簡単だね。今日はもう帰ろうかな」

 階層主がいた部屋には、一階層に帰るための転移魔法陣が設置してある。何故あるかは謎です。そして、自分が何階層まで行ったかは、ダンジョンカードが記録してくれて、次来た時は、入り口にある魔法陣に乗れば、前に来た階層までひとっ飛びできる。
 そして、それに乗り戻ってきた。まだ、外は日の入り前だった。

「ん〜、ギルドに行くか迷う。よし、今日はもう宿に戻って寝ようかな、ギルドは明日だね」

 そして、今日のダンジョン攻略は終わった。

☆☆☆

「ただいま〜」

 やっと、戻ってきた、猫のまんぷく亭に。

「あっ! お帰りカレンおねいちゃん!」
「あら、お帰りカレンちゃん」

 いつのまにか、キャシィさんの、私の呼び方がちゃんづけに変わってしまった。ちょっと恥ずかしい。

「晩御飯ってありますか?」
「あるわよ、今用意させるからちょっと待ってて」
「先にお風呂に入りたいので、晩御飯はその後でいいですか?」
「えぇ、大丈夫ですよ。どのぐらいで上がりますか? 上がった時に用意して起きたので」
「30分ぐらいですね」
「わかったは、ありがとう。お風呂の場所はわかるわよね」
「はい、大丈夫です」

 そして、お風呂にも入り、ご飯も食べ、寝た。
 次の日の朝、私は、ギルドに来ていた。

「おはようございまーす」
「あ、カレンさんおはようございます」
「昨日は、眠くて来れなかったので、朝から来ました」
「初めてのダンジョンですからね、精神的に疲労があったのでしょう。そうでした、ギルマスから話があるようなのでこちらに来てください」
「わかりました」

 なんの話かな? あれか! ギルドに来た当初の魔物のお金、もらってないな。

「着きました。ギルマス。カレンさんを連れて来ましたよ」
「おう、開いてるぞ。入れ」
「おはようございます」
「おはようさん。ま、座れ」
「それで、なんで呼ばれたんですか?」
「まずは、これだ」

 そう言い、机に置かれたのは、考えてた通り、あの時のお金だ。

「これは、ギルドに初めて来た時の魔物のお金、黒金貨2枚、白金貨3枚、金貨20枚、銀貨5枚、合計2320万5000シルだ」
「まじすか?」
「あぁ、おおまじだ。鑑定に苦労したがな」
「ありがとうございます」

 そして私は、億万長者になった。これで、お金の心配はないね。亜空間に入れておけば、盗まれる心配もないしね。

「して、お前は、昨日何階層まで降りたんだ?」
「それ、私も気になります。カレンさん、教えてください」
「良いですけど、そんなに降りてないですよ。10階層までですよ」

 そして、時が止まった。




 いや〜、暑いですね。夏ですね。こっちは、30℃を超えましたよ。家には、扇風機しかないので、汗かきまくりですよ。そんなことは、いいんですよ。
 楽しんで頂けたでしょうか。初めての戦闘描写ですよ。わかりやすさ重視で、書きました。今は、こんな感じですけど、下の層に行けばもっと、ハラハラドキドキした、戦闘になると思うので、お楽しみに。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ベッコベコ飴

    面白いです
    続きがきにります
    これからも頑張ってください

    2
コメントを書く