話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

ダンジョン都市ルシフェル

 お気に入り登録された方、ありがとうございます! 作者はとても嬉しいです!

 お金の単位をシルに変えました。






 あれから2週間経ち、今私は高い高い城壁の前に立っていた。

「はい、次の方〜。大丈夫ですね。次の方〜」

 騎士と思われる人が、一人一人確認しながら都市の中に人が入っている。私は、あと数分といったところに並んでいる。と、思っていると、不意に後ろから声がした。

「おい、そこの姉ちゃん、そこどけや」

 うわぁ、なにこの人? なんか、偉そうにしてるなぁ、しかも臭いし。

「嫌ですよ。後、臭いんでどっかいってください」

 おっと、本音が出てしまったよ。しかも、煽りになっちゃったかな? まぁ、いっか。

「おい、それ俺にいってるのか?」
「そうですよ。他に誰がいるんですか? 頭悪いんですか?」
「ぶっ殺す!」

 そう言って、男は殴りかかってきた。だが、賢王と剣王に育てられてきた私はそれが、写真のコマ送りのようにしか見えなかった。なので、それをひらりとかわし、殴りかかってきた腕を掴んで、背負い投げをした。男は気絶した。

「何事だ!」

 ちょっとやりすぎたかもしれない。騎士の人が走ってこっちにきた。なので、さっきあった事をそのまま話した。

「なるほどな、おい! こいつを連行するから、ちょっと手伝え」
「はい!」
「この度は、ほんとうにありがとう。都市の中でこんな事をされたく無いから、助かった」
「あ、はい」
「では、これで失礼します」

 なんか、いい人だったなぁ。それから直ぐに私の番になり、

「では、身分者の提示を」

 そうだった、私ずっと森にいたからそんなの持ってないんだった。

「すいません、持ってないです」
「では、犯罪履歴を調べるために、この水晶に手をかざしてください。青色に光れば大丈夫です」
「わかりました」

 そう言ってかざすと、青色に光った。

「大丈夫ですね、では、身分証が出来ましたら、もう一度こちらにきてもらってもいいですか?」
「わかりました」
「では、最後に……。ようこそ! ダンジョン都市ルシフェルへ!」

 よしっと。それじゃ、ギルドにでも行きますか。この世界には3つのギルドがある。1つ目が、冒険者ギルド、2つ目が、商業ギルド、3つ目が、鍛治ギルド。今から行くのは、冒険者ギルドだ、このギルドは、簡単に登録ができて、身分証も簡単に登録ができる。そして、魔物を買い取る役目もある。
 屋台に出ていたオークの串肉を買い、ギルドを目指していた。

「おぉ、でかいな〜。もぐもぐ」

 そう言って私はギルドの中に入っていった。ドアは、真ん中より右側についていて、その正面に、受付、左側に酒場があるようだ。私は、正面に向かって行き、お、受付は美人なエルフ族みたいだ。

「あの、冒険者登録をしたいんですが」
「ようこそ。わかりました、それでは、この板に、血を一滴垂らしてください、そうすれば、名前と討伐モンスター、その数がかかれます。これがギルドカードです。再発行には、銀貨5枚になる貴重なものになります。無くさないように注意してください。と、いっても、血を垂らしたら、『クローズ』で、なくなり、『オープン』で、出てきますので、ちゃんと覚えておいてください。それと、冒険者には、ランクがあり、G〜SSSまであります。Sランク以上は5人いて、SSSランクは今はゼロです。昔は、賢王様と剣王様が居たのですが、今は消息を消して居るので、実質空席になって居ます」
「はぁ、そうですか。それと、魔物の買取をお願いしたいのですが」
「でしたら、そこの買取コーナーにいってください」
「わかりました」

 そう言われて、買取コーナーに来た、こちらは、年老いたおじさんみたいだなぁ。

「買取はここで良かったですか?」
「あぁ」

 何この人、愛想悪!

「あ、あのー」
「なんじゃ?」
「ここだと、狭すぎて魔物、出せないんでけど……」
「……」

 え、何も反応ないの!? 違うかな? 値踏みされてるのかな?

「そうか、じゃあ裏に来るのじゃ」
「わかりました」

 ついていった先には、高校の体育館ほどの大きさの広間に来た。めっちゃ広い! 後で聞いたところ、この広さは、5メートルほどのドラゴンだったら20体ほどは入れることができるらしい。そんな事、今までなかったらしいけど。

「ここに出すのじゃ」

 言われた通り、出した。
 それはもう、たくさん! おじいさんを見たら、いい顔で、ぽかんとしている。

「おい! お主! この魔物は一体なんじゃ! それにこの量! ざっと見て、金貨1000枚はくだらんぞ!」

 めっちゃ熱くなってるよ、キャラ崩壊早すぎないか?
 ここで、お金の説明でもしようか。この世界ニードレンには銅貨、銀貨、金貨、白金貨、黒金貨が存在している。
銅貨1枚は、日本円でいう100シル
銀貨1枚は1000シル
金貨1枚は、100001万シル
白金貨1枚は、100000100万シル
黒金貨1枚は、100000001000万シルになる。
 だから、金貨1000枚は、黒金貨1枚(1000万シル)だ。

「えっ!? そんなに行くんですか!?」
「当たり前じゃ! どの魔物もランクで言えば、Aの魔物が、この広間を埋め尽くす数おるんじゃぞ!」

 初っ端から、お金欲しさにやらかした。

「鑑定はするから、この魔物の核の金をやるが、それ以外は、数日後に来てくれれば金をやるから待っとれ」

 そう言われ、Aランクの核の分の金貨3枚をもらい、ギルドをで......ることは叶わなかった。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く