話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜

海月結城

旅路

   ダンジョン都市ルシフェルに出掛けてまだ1週間しか経っていない。その1週間は、魔物と戯れたり、寝たり、気ままな生活を送っていた。
 実はこの森、魔物ランクがA だったりする。魔物のランクにはG〜Sまである。これを説明したから、大体の人はわかったと思うが、実はこの森の魔物は相当強い。Aだったら近衞騎士が10人いて、攻撃を食いながらやっと倒せるくらいの強さを持っている。しかし、賢王と剣王に育てられたカレンは、、、

「『ウィンドカッター』」

   初歩の魔法で一発で終わってしまう。カレンが本気を出したら、国が2つ滅ぶほどのクレーターができる。想像しただけだやばいな。
 ここで、少し私の話をしよう。

◇◇◇


   カレンはもともと、この森の (始祖の森の)入り口に捨てられていた赤子だった。そこに、隠居をして暮らしていこうと考えていたマーリンとアーサーに拾われたのが始まりだ。

   この世界、センブリングでは、魔力が高い人の近くにいると、その人の魔力に反応して自分の魔力も大きくなると言われる、それが、幼ければ幼いほど、増える魔力も大きくなる。

   そのことが影響し、カレンはセンブリング1の魔力の持ち主だったマーリンの近くで暮らし始めたので、今では、カレンがセンブリング1の魔力の持ち主になってしまった。カレンには、前世の記憶があり、ラノベも読んでいたので、『あれ』をやってしまった。 魔力の量を増やす訓練をしてしまったのだ! それに加え、魔力操作の訓練もした。ここまで言えばわかるかもしれないが、魔力の高い人の近くにいたので魔力が増え、魔力を増やす訓練もしたので魔力が増え、自分の魔力の器を大きくする、魔力操作も訓練した、チートである。

   そんなこんながあり、カレンが5歳になった時に自分が大体どの程度の魔力があるのかを調べることした。この世界では、魔力を調べるために魔石を使う。まず、魔力の込もっていない、ある程度の大きさの魔石を用意する。一般的には直径約10cmの魔石を使うが、それに魔力を込めたら、10分の1も魔力を出さずに容量が満杯になった。普通は、この魔石の7割でも容量をいっぱいにさせたら宮廷魔導士になれると言われている。結局カレンはこの大きさの魔石、14個分の魔石になった。それを見たマーリンもアーサーもぽかんとしていていた。あの顔は今でも忘れられない。一応言っておくが、あの賢王マーリンでさえ、この大きさの魔石6個分にしかならない。

    実はカレンは、剣を扱うこともできる。まぁ分かると思うが、剣はアーサーに教わっている。カレンは片手剣 (刀)と、二刀流 (ダガーの2つ持ち)を使いこなしている。どちらかといえば、二刀流の方が使いこなしている。これは、言わずもがなだが、ただずっと、アーサーと模擬戦をしていた。アーサーの教える方法は独特で、自分に合っている最適の動きを見つけるために模擬戦という形をを取っている。そのおかげで、アーサーにも勝てる剣士になれた。

   この生活が、日常になった時、ダンジョンに行けと言われて、今に至る。さて、私は、そろそろ寝るから、この話の続きはまた今度しようか。


◇◇◇



 ここで、カレンの容姿について
カレンは身長が低く、黒髪のロングだ、それを後ろで束ね、普段は、ポニーテールにしている。目の色も茶色で、顔も整っており、大和撫子が、よく似合う顔立ちをしている。

「異世界転生者〜バケモノ級ダンジョンの攻略〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く