名探偵の推理日記〜仏のしらべ〜

耕一

第4話『憧れの人』

 「それじゃあ、今日のところは家に帰ってもらって、明日の放課後にはまだ色々と捜査が残っているから、ここに来てもらっていいかな?」
探偵のおじさんがそう行った。
家に帰ると母親が心配した様子でニュースを見ていた。もうすでにこの事件はニュースになっているようだ。俺は遅めの夕飯を食べながら、母親とニュースを見ていた。しばらく見ていると俺はある違和感を覚えた。
テレビに、あの名探偵の松本さんが映っているだけなのに何故だろう。その後そんな事は気にもとめず、お風呂に入ってからすぐに布団に入った。今日やっておく宿題が、2,3余っていたが、とてもやれる気分にはなれなかった。しばらく布団の中で今日の事件の事を考えていると、急に自分の体に電気が走ったかのように体が固まって動かなくなった。自分の中でずっと引っかかっていた何かがすぅっと消えていった。
「松本さんだ!!あの現場にいた探偵のおじさんは松本さんだったんだ!!」
俺は中学生の頃から松本さんに憧れていて、だからこそ高校に入ってこのミステリー研究会を設立した。そんな憧れの人に、知らず知らずのうちに会っていたなんて……。
その日の夜は興奮して中々眠りにつく事が出来なかった。

「名探偵の推理日記〜仏のしらべ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く