神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。

猫丸88

第31話 破滅






「いよいよ出発ですね」

 僕たちは今までお世話になった住居に別れを告げるところだった。
 姫木さんが王城を見上げる。
 今ここにいるのは僕、姫木さん、栗田さん、秋山さん。
 見送りに来てくれたらしい王城の人たち。

「……寂しくなるな」

 ゼンさんも見送りに来てくれたらしい。
 
「……お元気で」

「ああ」

 みんなが握手を交わしていく。
 僕も手を握り返し今までのことを思い返した。
 これでお別れ……また会えることもあるだろうけど……それでもやっぱり名残惜しい。

「セラさんは来てないんですか?」

「ん? ああ、騎士団長はやることがあるらしい」

 あの人らしいな。
 苦笑を浮かべながらも、あの人なら仕方ないな……なんて思う。
 怖い人だったけど、最後に会えないのはちょっと寂しい。
 
「案外頼んだら一緒についていってくれるかもしれないぞ?」

「勘弁してください」

 そのやり取りにみんなの顔に笑みが浮かんだ。
 冗談だとはわかってるけどそれは心臓に悪いですよ……
 そりゃ、ついてきてくれたら心強いけどさ……いや、やめておこう。
 そんなこと言って本当についてこられたら僕の身が持たない。

「佐山先輩、準備できたらしいです」

 栗田さんが僕を呼ぶ。
 どうやら馬車の準備が整ったようだ。
 
「いきましょうか」

「うん、みなさん、またどこかで―――」


 ズドン!!!!!!


 その時だった。
 お城が揺れるような衝撃と共に何かが城門をこじ開けた。
 セラさんだった。
 この人は普通に登場できないのだろうか?
 それとも僕たちにお別れを言うためにわざわざ急いでくれたとか……何にしても来てくれたことは嬉しい。
 やっぱりここで何も言えないまま行くのは心残りだったから。
 修復は大変そうだけど……
 そして、僕たちを見ると凄い勢いで近づいてきた。
 
「もしかして見送りに」

 僕の言葉には答えずにセラさんは一冊の本を出す。
 ぺらぺらとそれを捲り真ん中の辺りで止めて、僕にそのページを開いたまま力強く押し当ててきた。
 
「えーと?」

「読め」

 相変わらず言葉の足りない人だった。
 逆らうのも怖かったので大人しく読むことに。

「………」

 その書物はかなり古いものだということが分かった。
 色がくすんだようになっていて、あちこちが虫食い状態。
 だけど……何とか読めた。
 読めたけど……これは―――

「……佐山さん? どうしました?」

 秋山さんの言葉は耳に入らない。
 僕はそのページのある一節を食い入るように見ていた。
 姫木さんたちもなにがあったのかとこちらへ近づいてくる。
 僕はセラさんを恐る恐る見た。
 手が震える。
 セラさんが答えた。
 ただ一言。

「死者の蘇生だ」

 驚愕が広がる。
 皆が言葉を失い、僕も頭が真っ白になった。

「き、騎士団長! それはっ、その書物は……まさか禁書庫から!?」

「そうだ」

「そんな……」

 ゼンさんの言葉、慌てようからタダ事じゃないのは分かった。
 セラさんは禁書庫という場所からこの本を探して持ってきたんだ。
 おそらく―――無断で。

 皆が言葉を失う中、セラさんは静かに口を開く。
 確かに……と。
 そのまま続ける。

「確かに国は困るだろう。だが―――私は困らない」

 いつかセラさんが僕に言った言葉。
 だけどあの時とは違う……優しすぎる言葉。

「……良かったんですか? そんなことして……」

 僕の質問にセラさんは何でもないことのように答えた。
 あまりにもあっさりと。

「精々首が飛ぶ程度……どれだけひどくても」

「拷問よりきついことはない……ですか」

 セラさんが頷く。
 どう考えても大問題ですよそれ……
 色々言いたいことはある。
 だけど今だけはこちらの方が気になった。
 
「この力は……世界を破滅させることができる力だ……俺はこの力が恐ろしい」

 初めて見た本。
 だけど、見たことのある文字。
 あの人の――――

「この力は世界を破滅させることができる。そして―――」

 見たことのある筆跡。
 その文字で、そこには記されていた。
 佐山士道―――僕の父の名前が。
 そこには確かに……こう書かれていた。

「そして、この力は―――恐らく死者の蘇生さえも叶えることができる」

 すると姫木さんが「ち、ちょっと待ってください!」と、言ってくる。
 
「そんなことが本当にできるんですか!?」

「できる」

 セラさんが断言する。
 可能だと。
 なぜセラさんがそこまでの確信を持てるのかは分からない。
 だけど、はっきりと答えた。
 
「で、でもそのスキルって……」

 色々言いたいことはある。
 だけど、その可能性があるなら僕は……
 するとセラさんが言ってくる。

「佐山悠斗、予言のことは覚えているか?」

「セラさんの未来が視えるスキル……ですよね?」

 セラさんが頷く。
 また何か未来が見えたらしい。
 続く言葉を待った。

「今度ははっきり視えた。断片的ではあるが、ここまでの精度で視えたことは今までにない……だから、まず間違いなく的中する」

「……何が見えたんですか?」

「お前と……見たことのない魔族がいた。信じられないほど強大な……おそらく、魔王だと思われる」

 セラさんは言う。
 
「お前はそこで二択を迫られる」

「……その二択とは?」

「世界か、少女か……だ」

「それは……つまり世界を平和にするかどうかってことですよね?」

 ああ、と。
 断言する。
 ここまではっきり言うってことは8割どころじゃないんだろう。
 そして―――と、セラさんが続ける。

「お前は世界よりも少女を選ぶ。例えその決断が仲間も世界も……全てを破滅させることになるとしても―――お前は一人の少女を選択するだろう」





「神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く