神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。

猫丸88

第24話 襲撃





「これは……」

 城のあちこちから黒煙が立ち上っている。
 肉が焦げる臭いが鼻を突く。

「セラ団長! よくぞお戻りに!」

 するとこちらへ駆けつけてくる兵士。
 この城を守っていた門番の男性だった。

「状況はッ!?」

 セラさんが切迫した声で簡潔に問う。
 それに対して門番の男が答える。

「現在魔族の襲撃を受けています! 城の残っていた勇者の方々が国王様をお連れして東へ向かいました!」

「城内はどうなってる!」

「死者、怪我人多数! 自分は残って城内に怪我人がいないかを確認したところ、逃げ遅れている者が少数……」
 
 門番の人は焦りを顔に浮かべながら受け答えする。
 僕は状況をセラさんに伝える門番の彼の言葉を聞きながら必死に頭を動かしていた。
 東……確か授業で習った周囲の地形は……

「東……確か東には王国軍の基地があるんでしたっけ」

「ああ、その通りだ。それが本当なら追手もいるだろう。国王たちに追手が追いつく前に私たちも向かうとしよう」

 しかし、そこで門番の人が僕に待ったをかける。
 セラさんも苛立ちを込めながら足を止めた。

「悠斗様は確か治癒スキルを使えるのでしたね、まだ逃げることのできていない怪我人を治療して頂けないでしょうか?」

「………」

「悠斗様……?」

 僕は門番の男の人に違和感を感じていた。

「名前……教えてませんよね?」

 僕はこの日初めて王城の外へ出た。
 この門番の人と会うのは今日が初めてだった。
 その際にもセラさんが対応したため自分の名前を伝えてはいない。
 確証はなかった。
 人伝手に聞いた可能性もあったし、門番だったら別に名前を知ってることもありえるんだろう。
 僕の予感が正しかったとしてもまた別の違和感が出てくる。
 だけど、勇者のスキルをただの門番が知っているだろうか?
 秘匿していないと言われればそれまでだけど……
 それに怪我人を救出していたはずの人の服が全く汚れていないなんてありえるんだろうか?
 何より―――僕の神眼は確かにその男の言葉の揺らぎを感知していた。

「そ、それは―――ッ!?」

 次の瞬間にはセラさんの剣が門番を装った男の体を一閃していた。
 ずるり……と、青紫色の血を吹き出して゛魔族゛の男は絶命した。

「ッチ、どうやら私も冷静じゃなかったようだな」

「騙し討ちでもしようとしたんですかね」

「あるいは戦力を遠ざけたかったのかもしれないな」

 仮に僕が魔族の立場だったならセラさんを遠ざけてまだレベルの低い勇者を殺す。
 この男もそれが目的だったのだろう。
 セラさんを東へ……そして、怪我人の治療のために別行動をとらせた僕を後ろから……ってところか。
 僕たちはそのまま魔族の死体を放置したまま本当の状況を確認するために城内へと急いだ。







「悠斗様!」

「リリア!」

 近付く前に神眼で確認。
 間違いない、リリア本人だ。

「皆は?」

「玉座の間へ向かわれました」

 予想通り皆は王様を守るためにそちらへ向かったらしい。

「状況を説明してくれ」

 セラさんが聞くとリリアはこんな状況にもかかわらず冷静に答えてくれた。
 まず侵入したのは男の魔族が二人らしい。
 その内の一人はさっきの男だろう。
 小人数だけどその後転移門のようなものを出現させて魔物をそこから召喚し始めたらしい。
 リリアはつい先ほどまで怪我人を助け出していたようだ。
 他に残っている人はいないかと探していたところで僕たちがやってきたらしい。

「森に魔物がいなかったのはそのせいか……」

「どういうことです?」

「転移というのは膨大な魔力を消費する。そして、それは転移させる者とされる側の力量と距離に大きく影響を受ける」

「森の魔物をここへ?」

「おそらくな」

 セラさんが頷く。
 つまり魔物を多く転移するのに都合がいいのがその森だったのだろう。
 
「だが妙だな……そんな大量の転移門を設置するには相当な時間が……」

 セラさんの呟きが気になったけど、今は時間が惜しい。 
 僕たちは遭遇したリリアと共に玉座の間に向かった。 





「神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く