話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界から帰ってきた元勇者

岸田 孝作

9話 王城での生活4

俺はベッドに寝ている際感じたことのない柔らかさを堪能していた…
なんだ!?このむにゅっとする柔らかい物は…まあ、柔らかいからいいか?

あっあん!

っと声が聞こえて俺は飛び起きた!

「は!?」マサト
まさかの光景に俺は声も出なかった…まさかの俺の隣でリムが寝ているのである。

「あっ〜おはようございます。マサト様よく寝れましたか?」リム

「うん。おはよう!リムさん。で、なんで俺のベッドで寝てるんだい?」マサト

「ちょっと起こしに来た時にマサト様の寝顔を見ていたら私も眠くなってしまって寝てしまってマサト様が起きる前に起きるつもりでしたが起きれなくて」リム

「わかった。今回だけだからね!?じゃあ、着替えて朝食を食べに行こう。」マサト

「はい!ありがとうございます。」リム

それから、俺は着替えてリムと一緒に食事の間に向かった。

「あっ!おはようございます。ライゼルさん。」マサト

「ああ、マサト君元気にしてるかね?昨日授業中に倒れたと聞くその様子だと大丈夫そうだな。」ライゼル

「はい!皆さんのおかげで元気になりました。御心配お掛けして申し訳ありません。」マサト

「よい!これからもこの世界を救う為に頑張ってくれ!」ライゼル

「はい!わかりました。これからも期待に応えられるように頑張ります。」マサト

それから、時間が過ぎて授業の時間となった俺はふと思った。そういえば、2人のステータスどんな感じなんだろう?SSSなんだからすごいステータスだよなーちょっと聞いてみるか!

「イル先生のステータスってどんな感じなのか見せてもらうことできますか?」マサト

「この前はマサト君のを見てしまったので私のを見せないというのはなんか変ですし、いいですよ!減るものでもないですから。」イル

「はい!ありがとうございます。」マサト

「ステータスオープン!!!」イル

       ステータス

   名前 イル・ラーン
   年齢  21
   性別  女
   種族  人族
   職業  魔術師
   Lv      87
  ランク SSS

   生命力   9800
    魔力      11000
    筋力      3500
    魔法耐性  6800
    敏捷      3900 
        
        スキル

   魔術Lv15
   索敵Lv5
   
       スキル詳細

   魔術

スキルLvに応じて魔術を発動するときの威力が上がる。Lv1は見習い。(現在一級魔導師)

   索敵

スキルLvに応じて索敵範囲が広がる。Lv1では、半径100メートル以内の範囲しか探れない。(現在500メートル)


やっぱりSSSランクは伊達じゃない魔力量が凄すぎる!
「やっぱりイル先生は凄いです!俺の目標です!これからはイル先生に追いつけるように頑張ります。」マサト

「マサト君ならすぐにでも追いつけますよ!では、今日から一週間のメニューで基本の初級魔術をマサト君に習得してもらいます!まず、魔術には属性があります。火、水、風、土、光、闇、無、空間、というものです!因みに私の適正がある魔法は空間属性以外の属性です。それと、魔術を教える前にマサトくんの魔術適正を見ますので、この水晶に手をかざしてください。」イル

「はい!わかりました!」マサト

手を水晶にかざすと激しく水晶が輝き始めた。

「えっ!そんな!」イル
かなり驚きですよこれは絶対過去の英雄達を超える実力者になりますよ!

「?先生これは、どんな魔術の適正があるんですか?」マサト

「凄いですよ!!マサト君全部です!全部の属性の適正があるのです!こんなのは英雄ぐらいしかいなかったのですよ!?素晴らしいです!流石マサト君です!」イル

そんなことをしていると遠くからガイルさんとリムがやってきた。

「イルなんか騒いでいたようだがなんかあったのか?お前の声がこっちまで聞こえてきぞ!?」ガイル

「ほんとですよ!びっくりしました。」リム

「それが、聞いてくださいよ!英雄が持ってから現れなかったのですが今目の前に全属性適正がマサト君にあったのです!」リム

「マサトすげーじゃねぇか!俺なんて魔術適正が全くなかったのに…羨ましいぞ!!」ガイル

「おめでとうございます!さすがです!これで、また一つ魔王を倒す力が身に付きましたね!」リム

「2人ともありがとうございます!それでは、先生始めますか?訓練」マサト

「いえ、今日はいいです。ちょうど昼前ですし。明日から本格的に魔術をやっていきましょう!」イル

「マサト午後は俺との授業だからなしっかりやれよ!?」ガイル

「では、私はこれにて失礼しますね。マサト様午後も引き続き頑張って下さい!」リム

「はい!ありがとうございます!頑張ります!」マサト

そして、午後の授業でガイルさんにも同じやり取りを交わしてステータスを見せてもらうことになった。

「ステータスオープン!」ガイル

         ステータス

  名前  ガイル・リペア
  年齢  30
  性別  男
  種族  人族
  職業  剣士
  Lv     90
  ランク  SSS

   生命力   12000
    魔力      10
    筋力      10000
    魔法耐性  5000
    敏捷      7000
        
        スキル

    剣術Lv15
    限界突破
    狂化

      スキル詳細

    剣術
  
    スキルLvに応じて剣術が上がる。Lv1は見習い。(現在のスキルLvだと最強クラス。)

    限界突破

    ステータスを全て4倍する!そのかわり生命力が半分削らなければならない。

    狂化

    ステータスを全て10倍する!そのかわり使っているうちに徐々に意識が蝕まれて最後には自我が無くなる。


脳筋にも程があるだろ!限界突破と狂化を重ねがけしたら最強じゃないか!?これを余裕で倒せとか無理があるんですけれども!?

「ガイルさん強すぎないですか?どんな鍛え方したらこんなに強くなるんですか?」マサト

「死にものぐるいで小さい頃から魔物と戦って死にかけてを繰り返してたからなそれでいつも間にか強くなってたんだ。」ガイル

「凄い人生を歩んできたんですね。」マサト

「まあ、それがあるから今があるんだ!そのおかげで今マサト君に会えてそれだけで嬉しいさ!さあ、訓練やるぞ!今日の訓練は素振りだ!」ガイル

「はい!先生!」マサト

それから、身体がボロボロになりながらもどうにか訓練を終わらせて早めに夕食を食べて床に着き眠った。それから、俺は二ヶ月間の間城内で先生達からの剣術、魔術の指導を受けて実戦を兼ねてこれから俺と、先生二人でダンジョンに向かうことになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さまいつも仕事、学校等お疲れ様です!明日からはついにマサトの初めての実戦どうなるかは明後日書きます!なので明日はラブコメを書き進めて行こうと思います!

「異世界から帰ってきた元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く