話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界から帰ってきた元勇者

岸田 孝作

8話 王城での生活3

普段通りの朝を迎えた俺は今日も魔術、剣術共に授業に勤しむのであった…

「じゃあ、イル先生今日もよろしくお願いします。」マサト

「はい!それでは、昨日やった魔力を感じとることから始めましょうか!」イル

「それならもうばっちし昨日復習して完璧に感じ取ることができました。」マサト

「流石ね!じゃあ、次の段階に行きましょうか!」イル

「では、魔力を手に集中させて魔力を放出してみて下さい。これは、難易度が最初より高いので頑張りましょう!」イル

はあ!手の上から出てくる魔力を風船みたいに膨らませる感じのイメージでいいかな ?
結果めちゃくちゃ大きくなり訓練場の半分くらいの大きさになった魔力は今にも暴走しそうである。とその時イル先生からストップがかかった。

「マサト君ストップ!ストーップ!!これ以上は危険だからやめて!」イル

「あっ!」マサト

今になって気づいためちゃくちゃやばいなこれ…早く消そう!はっ!!
ふぅーなんとか無事消えたかな!?
とその傍でイル先生は驚いたん表情をしていたのを最後に見てその場で気絶してしまった…

そして、次目を覚ましたらそこは城の医務室だった。
そうだ!俺あのまま気を失って倒れたんだ。イル先生が運んでくれたのかな!?

「あっ!起きたのですね!マサト君無事ですか?怪我とかはしてないですか?」イル           

「はい!大丈夫です!すいません。医務室まで運んで頂きありがとうございます!」マサト

「本当ですよ!全く無茶はしないでくださいね!?それにしてもマサト君制御のやり方教えてないのに良く消し方わかったね!?でも、できたからいいけど失敗してたらそのまま暴発していたかもしれないから今度からは気をつけましょう!」イル

「はい!すいません。これからは気をつけます。」マサト

「今日は魔力の使い過ぎで疲れたでしょ!?少し早いですが今日の授業はこれで終わりにしますのでゆっくり休んでください。ガイルさんには私から伝えておきます。」イル

「はい。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。明日もよろしくお願いします。」マサト

「マサト様大丈夫ですか!?倒れられたと連絡があったのでお身体さわりないですか ?」リム

「はい。リムさん心配おかけしました。もう大丈夫です!」マサト

「では、今日はこのまま寝ていて下さい!まだ、疲労は残っている筈ですから。食事の時はこちらにお持ちしますので、その他の事についてはメイド長を待機させておきますので何でも申し付けて下さいね!」リム

「ここまでしてくれてありがとう!本当助かるよ!リムさんの優しい所好きだな!改めてリムさんありがとう!」マサト

「そんな!!好きだ!////なんて!////照れます////では、私は急な用事ができてしまっ他のでこれで失礼します////あとは、任せましたよ!?メイド長!?」リム

「はい。リム様」メイド長

そしてリムはそのまま医務室を去っていった…

「じゃあ、私も行くわね!マサト君お大事に!」イル

「はい!イル先生お疲れ様でした!」マサト

イル先生が居なくなったあと、何事もなく床についてマサトは明日を迎えた…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8話まで出せたー!やったね!!以外と書くのって難しですよね!?慣れてもっと早く書けるように頑張ります!
では、明日は9話だけしか出せませんがよろしくお願いします!

「異世界から帰ってきた元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く