話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界から帰ってきた元勇者

岸田 孝作

6話 王城での生活

「メイド長マサト様を食事の間までご案内して差し上げて下さい。」リム

「はい。わかりました。王女様。」メイド長

いやーやっぱり城の中は広いなー一人で出歩いたら絶対迷子になる。にしても、メイド初めて見た想像していた通りにいかにもTheメイドって感じだな!

「ここが皆様が今晩お食事をとられる場に御座います。もう、国王様はお付きのようですので粗相のないようよろしくお願い致します。では、今から皆様にお食事をもって参りますので王女様私はこれにて失礼させていただきます。」メイド長

「うん。ありがとう。今回も期待しているわね!」リム

「メイド長の料理は本当に美味しいのです!絶対にマサト様のお口に合うと思います!」リム

「そんなになんだ!料理が来るのが楽しみだなー」マサト

「では、そろそろ中に入りましょう!お父様もお待ちしていることですし!」リム

「うん。」マサト
リムのお父さん(国王)ってどんな人だろ?めっちゃ緊張する!

そして、扉が開いた…

「お父様お待たせいたしました。こちらが私が異世界からお喚びした勇者様 カミヤマ マサト様です。」リム

「おー君が異世界から来た勇者か私がアンランド王国国王  ライゼル・ルート・クーデルハイムだ。勇者よ頭を上げてくれ!さあ、堅いことは食事の時は無しだ皆席に着いて食事にしようではないか!」国王

「はい!ありがとうございます!」マサト

パン!パン!と国王が手を叩くとメイド長が扉を開けて料理を運んで来てくれた。

「さあ、今日は祝いだ勇者よいっぱい食べてくれなぁーに遠慮はいらん好きなだけ食べてくれ!」国王

かんじの良い国王だな。なんかもっとこう威圧を放ってきたりしてくるものだとばかりだと思ってた。

「はい!ありがとうございます。陛下」マサト

「マサトよ仕事以外の時は陛下はいらんライゼルでよい!御主は勇者じゃからの!はっはっは!」ライゼル

「では、これからはライゼルさんって呼びますね。」マサト

「ライゼルさんか…まあ良い気に入った!明日から訓練やらで忙しくなると思うから精進するのだぞ!?」ライゼル

「はい!精一杯頑張ります!」マサト

「良い返事だ!では、儂はこれで失礼するとしよう。皆はゆっくり食事を楽しんでくれ。では、頑張れよ勇者マサト!」ライゼル

「はい!」マサト

国王様が退出してから数分後に食べ終わりお風呂の準備をしに行くため食事の間を出た。

「メイド長マサト様を部屋まで案内してあげてあと、お風呂場もお願いね?何かあれば私に連絡を下さい。」リム

「はい。わかりました。その様に…」メイド長

「それでは、マサト様今日は色んなことがありお疲れでしょうから私はここで失礼します。明日から訓練が始まりますのでゆっくりお休みになってくださいませ。では、マサト様お休みなさい。」リム

「うん!また、明日。お休み!」マサト

しばらく、歩いて寝室に着いた。

「着きました408号室で御座います。私は表で待機していますのでお風呂の支度ができたら来てください。あと、何かあればベルを鳴らして頂ければ大丈夫です。」メイド長

「はい!何から何までありがとうございます。すぐに支度してきます。」マサト
ここの風呂はどんな感じなんだろ ?やっぱり大浴場かな〜?楽しみだ!

そんなこんなで風呂の支度が終わり…

「メイドさん支度が終わりました!」マサト 

「はい。わかりました。では、参りましょう。」メイド長

「着きました。こちらになります。終わりましたら私は表にいるのでお声を掛けてください。」メイド長

「わかった。ありがとう。」マサト

「ウッヒョ〜!やっぱり想像していた以上の大浴場だぜ!広さは想像をはるかに超えてたけどなかなか凄い風呂だな!これなら寛げそうだ。」マサト

「あー、疲れたー主に精神的に…でも、これなら明日からも頑張れそうだ!」マサト

「ふーさっぱりしたー!」マサト

「すいません。遅くなりました。いい湯でしたありがとうございます。それと、このお風呂は朝も使えたりしますか?」マサト

「気に入ったいただけてなによりです!はい。お使いになれますよ。」メイド長

「それじゃあ寝室に戻ろっかな案内よろしく!メイドさん!」マサト

「はい。わかりました。」メイド長

「寝室に着きました。明日は朝早くに訓練を開始するので、きちんと休息をとられてくださいませ。では、勇者様お休みなさい。」メイド長

「うん!お休みなさい。」マサト

こうして長い1日が終わった…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さん仕事に学校おつかれ様です!憂鬱になりがちな気温になってきましたが頑張ってください!では、また、明日!

「異世界から帰ってきた元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く