話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界から帰ってきた元勇者

岸田 孝作

5話 自分のステータス

「では、次はマサト様のステータスを見たいです! ︎」リム

「その前にリムさん、あのLvの下にあるランクってなんでしょうか?」マサト

「ランクはですねF-ランクからスタートして、F、F+、E-、E+、E、D-、D、D+、C-、C+、B-、B、B+、A-、A、A+、AA、S-、S、S+、SS、SSS、X、Z、という風にわかれています。XやZランクの方は0人で、今では、SSSランクが人類最高で5名しかいません!そして、SSランクは50人、S-〜S+までの人は380人ほどしかいなくて、そのSSSランクの5人でも、倒すことができないほど魔王は強いのです。だから、マサト様にはSSSを瞬殺できるくらいまでは強くなってもらうつもりです!因みに申し遅れましたが、イル様とガイル様は5人のうちのSSSランクのお2人です。」リム

「本当ですか!?凄い人が僕の講師なんですね!これは、期待に応えないわけにはいかないですね!でも、魔王は話を聞く限りだと凄く強いんですね…なんか俺ちょっと勝てるかどうか不安です。」マサト

「大丈夫ですよ!マサト様なら倒せます!ですから、頑張りましょう!」リム

笑顔がめっちゃくちゃ可愛い!この世界と王女様を絶対護らなきゃ!と意気込みをしたマサトであった。

「では、改めてマサト様のステータスを見せて下さい。」リム

「話を逸らしてしまい申し訳ありません!では、ステータスオープン!!」マサト


                           ステータス

    名前 神山 真斗
    年齢  15
    性別  男
    種族  人族
    職業 勇者
    Lv     1
  ランク SSS

    生命力      8300(+10000)
        魔力      6800(+40000)
        筋力      4000(+5000)
     魔術耐性  5600(+15000)
        敏捷      3900(+40000)
        
        スキル

    生命神の加護Lv10
    闘神の加護    Lv10
    魔術神の加護Lv10
    アイテムボックス LvMx
    鑑定               Lv10
    千里眼           Lv10
    自動回復       Lv10
    剣術              Lv10
    魔術              Lv10
    言語理解
       スキル詳細
    
    生命神の加護

     生命神の加護は生命力を+1000する。スキルLvにより+値が変わる。

    闘神の加護

   闘神の加護は筋力と敏捷を+2000上げる。スキルLvによって+値が変わる。そして、剣術スキルも身につけることがきスキルLvに補正が付く。
    
    魔術神の加護

    魔術神から授けられた加護であり補正+2000され、魔術耐性が+1500上がる。スキルLvによって+値が変わる。魔術のスキルを身につけることができ、Lvにも補正が付く。

     アイテムボックス

     スキルLvに応じて収納容量が変わるLv1だと250kgまで収納可能。念じるだけで物を出したりすることができる。(現在の容量は無限)

     鑑定

     スキルLvに応じて色んな物の詳細を見ることができる。そして、相手が自分よりもステータスが上の場合は鑑定することができない。

     千里眼

     スキルLvに応じて見れる範囲は変わる。Lv1だと、300メートル圏内。(現在は3000メートル圏内まで、視認可能。)
     
     自動回復

     スキルLvに応じて回復量も変わる。スキルLv1だと生命力2500回復。(現在は25000回復する。)

     剣術
        
       スキルLvに応じて剣術が上がる。Lv1は見習い。(現在のスキルLvだと達人クラス。)

     魔術

     スキルLvに応じて魔術を発動するときの威力が上がる。Lv1は見習い。(現在は三級魔導師クラス。)

     言語理解

     あらゆる種族言語を理解することができるスキル。


「俺の方がチートだったーーー!!!」マサト
また、叫んでしまったーーでも、仕方ないこれは仕方ない!

「どうかしたのですか!?マサト様!?」リム

これは、流石にやばいだろ!!だってLv1ですでにリム越してるんですけど!

「すいません。少し取り乱してしまいました。」マサト

「分かりました。では、マサト様のステータスを確認させてもらってもいいですか ?」リム

「どうぞ…ステータスオープン」マサト

「…………!」リム

あーあやっぱこうなると思ったわ…口を開けて思考停止状態だ。

「「俺も(私も)見せて貰ってもいいかな?(いいですか ?)」」イル、ガイル

「はい…いいですよ。」マサト

「「………。」」イル、ガイル

やっぱり、同じ反応するよねいくらSSSランクの人でも…

「はっ!!すいません!ちょっと現実かどうか確認してて」リム

「そうですよねーやっぱりそうなりますよねー」マサト

「いやはや驚いた!凄いなマサトは」ガイル

「はい!素晴らしいです!これなら魔王も倒せますよ絶対!」イル

「あのお二人がこうも絶賛するとはやはり、マサト様は凄いです!かっこいいです!////」リム
やっぱり、私の思った通りでしたわ!マサト様いつか、添い遂げてみせます!

「もう、こんな時間ですね!お食事を用意してあるので今日はゆっくりしてください。あと、食事はお父様も来ますが気兼ねしないで下さいね。それと、お風呂の用意もしてあります!では、参りましょう!マサト様」リム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5話が終わりましたー!今日はこれとあと6話まで書くよー!この調子で明日も書くのでよろしくお願いします!

「異世界から帰ってきた元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く