話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界から帰ってきた元勇者

岸田 孝作

4話 何気ない日常から…異世界へ2

「それでなんだけどさ、リムこっちの世界のこと何も知らないから出来る限りでいいから教えて貰えないかな?あと、こっちの世界での戦い方とかさ。」マサト

「はい!勿論でございます。もう、既に王国の魔術師の先生や王国騎士団長で剣術の達人の方を講師としてマサト様を鍛えるために呼んであります!さあ、2人とも入って来てマサト様にご挨拶を!」リム

「「はっ!!王女様失礼します!」」 ? ?、 ??

「こちらは、我が国の一級魔術師 イル・ラーン様と同じく我が国の騎士団長であり剣術の達人と呼ばれているガイル・リペア様です。」リム

「「これからよろしくな(よろしくお願いします)マサト殿(マサト様)」」イル、ガイル

「質問ですがこの世界にステータスとかってあるんですか?」マサト
お決まり的な感じで聞いてみたけど恥ずかしいなー。

「はい!御座いますよ!ステータスオープンっと言ってみて下さいそれで、自分のステータスが見れるはずです。それと、念じるだけでも見ることができます。そして、他人に見せる時も念じて他人に見せることができます。あと、スキルの詳細は強く念じると表示して読むことができます。」リム

「まずは、私からお見せしますね!」リム

「では、ステータスオープン!!」リム

       名前  リム・ルート・クーデルハイム
       年齢   15
       性別   女
       種族   人族
       職業   王女
       Lv       65
      ランク B+

        生命力     3500    
        魔力     5800(+10000)
        筋力     2500
     魔法耐性 2000 (+7500)
        敏捷     3250
        
        スキル

    魔法神の加護Lv5
    鑑定Lv5
    魔眼Lv3
    魔術Lv5
      スキル詳細

     魔法神の加護Lv5

     魔法神から授けられた加護であり補正+2000され、魔法耐性が+1500上がる。スキルLvによって+値が変わる。魔術のスキルを身につけることができ、Lvにも補正が付く。

     鑑定Lv5

     スキルLvに応じて色んな物の詳細を見ることができる。そして、相手が自分よりもステータスが上の場合は鑑定することができない


     魔眼Lv3

    0.2秒先の未来を見ることができる。スキルLvによって秒数が変わる。


「って、チートだろ!!そんなん!!」マサト

マサトの叫び声は城中に響き渡った…

「だ、大丈夫ですか ?マサト様 ?」リム

「はい。大丈夫です。少しビックリしてしまっただけですから…」マサト
心の声を声にして出しちゃったよ王女様の前で恥ずかしいーー。

「ならいいのですが…」リム
なんか、今のマサト様ちょっと怖かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてさて、4話目突入です!まあ、できれば1日に2話ずつ出していきないなと思っております!
頑張るぞー おー!

「異世界から帰ってきた元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く