完璧超人がスライムに転生した結果

眠り人

元完璧超人、スライムを知る

あれから二週間後、やっとの思いで、『時間属性』を覚えた。『時間属性』の魔法は、『時間停止魔法』と『時間加速魔法』、『時間遅延魔法』に『未来視』だ。全て名前の通り、時間を操る属性。上級属性で最上級とも言われ、本当に使える者は少ない。ニンバスには、かなり褒められた。そして、今までに無い程の達成感。こんな感情や人が、前世でもあったのなら、別に目立ってもいいと思えたかもしれない。自分を嫌いにならなかったかもしれない。だが、過去は過去だ。例え時間を操れたとしても、戻るつもりは無い。俺は、今が楽しいのだから。
『次にお主に覚えて貰うのは、戦い方じゃ。』(遂に、魔法は卒業なのですね。)『うむ。我が教えられるのはここまでじゃ。じゃから、次に教えるのは、戦い。いきなり実践をするよりかは、戦い方を覚えてからの方が圧倒的に良い。それに、その体での戦い方を知った方が良いじゃろう?』(はい!よろしくお願いします!)『うむ。では、まずはその体なのじゃが、近接には向かんと、わかるか?』(はい。こんな柔らかい体で攻撃した所でダメージになりませんからね。)『そうじゃ。じゃのに、その辺のスライムと来たら、痛くも無いのにペチペチと当たって来るわ、鬱陶しいだけの存在じゃ。大人しいスライム達は、人間が気に入ってペットや使い魔にする事もあるのじゃが、基本的にスライムは気性が荒い。その気性も、餌を与えれば大人しくなるくらい単純なのじゃが。』
おい、スライム。お前ら、救いようが無いな。スライムの俺がどうこう言っていいのかは分からないが、言わせて貰おう。アホだろ、お前ら。
『しかし、ただのアホだと思っていたスライムも、実はそこまでアホでは無かったのじゃ。』(な、何だってー!?)『なんじゃその相槌は。まぁ、良い。スライム達は学習したのじゃ。体当たりでダメージが与えられないのなら、自分の体を変化させ、毒や酸を作ろうと。』
前言撤回。スライムはアホじゃ無かった。お前らすげぇわ。
『そして、進化したスライム達は、毒や酸を持つ者を『ポイズンスライム』と人間は呼び、体積を増やした者を、『ビックスライム』と呼び、簡単な魔法を使い始めた者を『マジックスライム』と呼んだのじゃ。』
人間、思考回路単純か!もっとひねれよ。
(あれ?でも、ニンバス様に最初にあった時、スライムは魔法を使わないって言っていませんでしたっけ?)『それは、お主の様な水色のスライムの事じゃ。水色のスライムは、そのままスライムと呼ばれ、気性は大人しいく、ペット向きじゃ。進化したスライム達は、元々気性が荒かった者達じゃな。水色のスライム達は、争う事が無いから、基本的に強くなる必要が無かったのじゃ。最も、進化しない方が自分の為じゃったのかもな。』(と言うと?)『進化した者達は、ポーションの材料になったのじゃ。』(え?)『ポイズンスライムは、元々毒や酸は無かったただの紫色のスライムじゃったのじゃが、倒された後に、毒や酸が残ったが為に、狩られたのじゃ。ビックスライム達は、体から大量の水分が出た為に、喉の渇きを潤す為に狩られた。マジックスライム達は、体内に魔力があり、その体から出る液体が初級ポーションと同じ効果を持っていたが為に狩られた。』(えぇー。)
それじゃあ進化したスライムって、人間の良いカモじゃ無いか。
(でも、進化したのですから、それなりに……)『進化したと言えど、所詮スライム。ただただ狩られたのじゃ。』
結局、進化しても、スライムはスライム。雑魚の象徴と言われるのも頷けるな。

「完璧超人がスライムに転生した結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く