完璧超人がスライムに転生した結果

眠り人

元完璧超人、ポーション瓶を作る

『次にお主に覚えて貰う属性は上級ハイ属性の無属性だ。』(無属性?)『うむ。無属性には、付与魔法と物理魔法がある。』
付与魔法はわかる。でも、物理魔法って何だよ。物理か魔法かどっちなんだ?まぁ、ようやく上級属性を覚えられるんだから、頑張ろう。
『上級属性は他の属性と違ってかなり難しい。じゃから、まずは無属性からじゃ。他の属性はちと癖が強いのじゃ。』(分かりました!)
二日後。まず、結論から言おう。他よりは確かに時間がかかったが、何とか習得は出来た。そして、無属性なのだが、基本的には物質への付与魔法だ。物理魔法って何ぞ状態だったが、本当にその通りだったよ。魔力を放出してそれを固める。それを無属性で強化して打ち出す。しかも、飛翔中に周りの魔力を吸ってさらに強化される。消費魔力は、他の魔法と比にならないくらい大きいのだが、威力も桁違いだ。後、無属性には結界魔法もあって、それによって魔法も物理も無効に出来るようになった。許容量を超えると破壊されるけど。その結界魔法の中には、入る魔力を拒んで、出る魔力を拒まないと言う特殊魔法結界があった。その魔法を使って上級ポーションの瓶を作った。まずは、土属性で砂を作りそれを炎属性で一気に加熱する。そうする事により、砂がガラス化する。この現象なのだが、砂漠に核爆弾を落としても起きるらしい。まぁ、強い熱で砂を熱することでガラス化するのだ。これにより出来たガラスを収納してこねこねする。そうする事によって出来たものがこちらになります。ここまで掛かった時間は、100個で僅か2分!そして、それらの瓶、全てに特殊結界を張る。これで後は、瓶の中に上級ポーションを入れて完成!ポーションは大気中の魔力を吸い込むのだが、逆に放出もする。その放出量は吸収量よりも多い。その為、時間が経てば経つほど劣化する。この瓶はその劣化を防ぐどころか、入れておくだけで強化されるのだ!俺はこの瓶に『熟成瓶』と名付けた。作っている途中にニンバスに、『お主、何をしておるのじゃ?』と聞かれたので、熟成瓶の説明をすると、『お主は面白い事を考えるのう。』と言われた。この魔法は普通ならば、戦闘時に一方的に魔法を撃つために使われるらしい。しかも、この魔法を使える者がまず滅多に居ないので、こんな事を考える奴は居ないとの事。この瓶を作ったおかげで、外に上級ポーションを出しても劣化しないようになり、人間に渡すことも出来るようになった。さらに、作っている途中に無属性がレベル5まで上がった。レベル5では、大規模結界が出来るようになった。一旦結界魔法は置いといて、一番無属性で魅力的だったのは、《自己強化ブースト魔法》だ。やったね!自己強化魔法で高速移動が出来るようになったよ!ただ、魔力消費量が馬鹿にならないので、長時間使用が出来ない。
『お主は物分かりが良すぎるのう。本当に魔法が無い世界から来たのか?』(本当ですよ。)
ニンバスには、前世の世界の事を話している。最初に魔法が無いと言った時には、『不便そうじゃのう。』と言っていたのだが、化学の話をすると、『お主の世界の人間は天才か!?』と驚いていた。まぁ、化学の研究者が天才と言うのは反論しない。その化学の所為で戦争が起きているのだが、便利なのも確かだ。便利だが、使い方を間違えると人を傷つける。魔法も同じだ。うまく使えば人の生活を便利に出来るのに、それを攻撃として人間に向けるからこそ、同じ種族同士で傷つけ合う。例えどこの世界でも、それは変わらないのだ。人間は強欲だ。そして怠惰で傲慢だ。まぁ、それが人間らしさなのかも知れないが。心の中で苦笑しつつ、無属性の練習をするのであった。

「完璧超人がスライムに転生した結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く