完璧超人がスライムに転生した結果

眠り人

完璧超人、スライムになる

目が醒める。いや、目が覚めた筈なのに、辺りは真っ暗だ。俺は…生きていたのか?しかし、目は見えない、体も動かない。いや、動いた。動く毎にお腹が擦れる感じだ。いや、擦れている事が分かるだけで、痛みも感覚も無い。どう言う事だ?純也は、気配探知をする。気配探知は、自分を鍛えるためにやっていた、自主練中に身につけた技で、目を瞑ったまま周りを知る事が出来る。『空間把握 LV.4を獲得しました。』うわっ!声は出なかった。何なんだ?今の声は。突然聞こえた無機質な声。男かも女かも分からない。しかし、ただ、聞こえた。いや、今は周りの状況の把握が一番だ。また、気配探知をする。『空間把握がLV.5に上がりました。』まただ。だが、今この時に聞こえるのはこの声だけだ。何故か、そこに安らぎを感じていた。それからしばらく気配探知をしていた。結局、空間把握とやらが、LV.MAXになりました。と言う声の後からは、どれだけ気配探知をしようと、あの声は聞こえて来なかった。とりあえず、動こう。純也は動き出す。自分の体を引きずるようにして。気配探知をしていて分かったことは、ここは閉鎖空間である事。道がいくつかある事。水がある事。以上だ。今はその水を目指しているところだ。水を目指していると、何かが自分に当たった気がした。なにかの草?純也はそれを手に取る感覚で触ろうとする。しかし、それは自分の体に入り込んでくる。(うわっ、何だ?!)すると、頭の中に文字が流れ込んで来る。『万能草   説明   上級ハイポーションの材料になる。   洞窟の奥深く、魔力がかなりの量溜まっていて、近くにエリクサー、もしくは聖水がある場所に自生する。』その後に、また無機質な声が聞こえる。『鑑定 LV.3を手に入れた。』今の説明や、無機質な声を掛け合わせて、推理する。そして、出た結論は、(あぁ、夢か。)純也は考えるのをやめた。

「完璧超人がスライムに転生した結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く