男装テクニック☆

rabbit☆

私はなんなの…1

目が覚めるとそこはお城のベッドだった

メイソン「エミリー…」

ロベルト「エミリー様」

回りがそう呼ぶ

エミリー「私…」

意識が混乱しておりそれがどんなにおかしいことかエミリーは気づかない。それどころか女声で私…などといってしまったことにエミリーはあまり関心がない

しばらく考えたエミリーはようやく自分がおかした失敗に気づく

エミリー「あの、わた…いや俺…」

起き上がりながらいうとメイソンがそれを止め寝かしつける

メイソン「大丈夫だ。全部知ってる。いつまでも出てこないから見に行ったら倒れていた。だから治療しようとして…汗がびっしょりで服をとりあえず脱がそうとしたら…その…」

メイソンはいいにくそうだったがその言葉でわかった

エミリー「見たんですね…胸…」

エミリーはもう女声ではなした。

メイソン「怒らないのか」

エミリー「…助けてくださったかたに起こるなんて真似はしません。私が騙していたんですからそれくらいはしかたがありません。」

エミリーはそういいつつも暗い表情だ

メイソン「そうか…」

しばらくの沈黙が続き最初に出たのはエミリーの声だった

エミリー「…しっていたんですか。」

メイソン「いや、女だってことは今知った驚いたよ。女みたいとは思っていたけどまさかほんとに…」

エミリー「そうじゃなくて!」

エミリーは勢よく起きあがり大きな声を出す

エミリー「あの人のことです!王妃様の…私の母についてです!」

メイソン「エミリーこの事を説明してもらいたい気持ちはわかる。だけど今は…」

エミリー「質問に答えてください!」

回りは静かになる

エミリー「あの人は私の母なんですか…?」

メイソン「…」

ロベルト「わたくしがお話ししますエミリー様。」

ロベルトはゆっくりと話始める




私はなんなの… 2

《ここからさきナレーションのような話し方をしているのはロベルトです。》

昔々。この国がまだほかの国の争いのもととなり、争いが激しかった頃の話です。わたくしも今しがたあの部屋に残されていた手紙で知ったのですが、その時ジェイコブ陛下はまだ15歳の若さでした

ジェイコブ陛下は乱暴で傲慢。殴り付けたりするのが好きなお方で、城のものはもちろん、国民にもあまり愛されてはいなかったそうです。

そんな陛下の前に現れたのは当時14歳のジュリア王妃でした

彼女はとても美しく、可憐で国中の男という男が彼女の虜になっていたそうです。陛下もそのお一人でした。

彼女に陛下はすぐにプロポーズをしました。ですが断られてしまった

いつもの陛下ならどなり散らし首をおはねになるはずでした。
ですが、ジュリア様は違ったのです

優しく、明るく、人に頼られ、愛され、国のものはもちろん城のものにさえ気に入られている彼女をどうしても我が物にしたかったとかいてありました

彼がいくたびに、に彼女は陛下にひとつづつ条件を言いました。
戦をやめること
国民を大切にすること
兵士や城の人を大切にすること
暴言をやめること
暴力をしないことなどたくさんの条件がいいわたされ

陛下はそれをすべて行いました

だけど彼女はこういいました
あなたは一番大事な条件を満たしていない。

そう言われた陛下はいろいろ試しました。ですが彼女はうなずきません

そんなある日陛下は20がきました。
気づかぬうちに年月がたち結婚し、世継ぎを生ませなければ時期になっていたそうです

陛下はうなだれました
そんなときふと聞こえてきたのは侍女たちの話し声だったんです

内容は悪いとこがなおってきたのは嬉しいけどやっぱり…

謝ってほしいよね

というものでした


それにハッとなった陛下は急いで城のもの国民そして最後にジュリアに謝りました

するとジュリアは微笑み

やっと謝ってくれましたね

その笑顔がたまらなくうつくしく、陛下はもう一度プロポーズしました。

彼女はうなずきます。

そして陛下にした無礼を謝りました

こうして二人には愛がめばえました

通常世継ぎが生まれない場合を考え三人は妻を選ばなくてはならない状況ながらも陛下にはジュリア様しか見えておらず結局ジュリア様だけになりました

その数年後待望の世継ぎが生まれます

それがエミリー様あなた様と書いております

ロベルト「ここまでお聞きになりなにか質問はございますか?」

エミリーはふつふつとなにかが込み上げるような思いを飲みこみながら

エミリー「どうして私は…今の…両親のところに…」

ロベルト「今から読ましていただくなかにありますから続きを読みますがよろしいですか…」

エミリーはうなずく

この国には昔から古い法がある。
これを破ったものは例え王であろうと死してつぐなうべしと書いてあります

その法の1つには王は男のみで、女が生まれた場合は殺すべしとかいてあったとあります

つまりあなたは女です。だから陛下と王妃様は貴方を守るために貴方を隠さなければとお思いになった。

町を探し生まれたばかりの男の赤子をもつものを探しました


そして見つけたのがあなたの今いるご家族…

さらにそこにいた赤子は…

メイソン「俺なのか」

メイソンをみると青ざめているわけでもなくそんな予感がしていたかと言わんばかりの表情だ

ロベルト「はい」

夫婦は迷いましたが王妃様や陛下が直接訪問し、どけ座をしてまでたのむ姿にうなずいたとのことです

それからはこの事はごく少量のものしかしらず、両家は秘密を共有し、陛下は恩を返すために貴方の今のご家族を貴族にしたそうです。

そして、メイソン様を国王陛下として育て上げたのです

エミリー「…」

エミリーは複雑な心境だった
両親が違っていたこと
命が危なくなくなるとこだったこと
助けてくれたこと
でも捨てられたかのような気持ち

エミリーはわからなくなり泣いたのだった


ロベルト「エミリー様はこの手紙に同封されている書により正式な王になる資格があります。今はその法は消され、女でもなれるようになっていますから。ですが同時にエミリー様には国王のめいにより、国王を決める権利もございます。どうされたいかお考えを…」

エミリー「そんなこと言われたって…私…私…」

エミリーは頭にいろいろな考えをさーと流したがまとまらず頭を抱える

エミリー「考えるなんて…そんなの…無理よ!」

そうエミリーがいったかと思うとエミリーは部屋を飛び出した

それをメイソンが、追いかけようとするがそれをロベルトがとめる

ロベルト「今は一人になっていたほうがよろしいでしょう」

その言葉をききメイソンは迷いながらも追いかけるのをやめた














「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く