男装テクニック☆

rabbit☆

命が消える

国王陛下の部屋にメイソンを探す前にいった※エミリーは扉を開け、その中の状況に青ざめる
どうやら、陛下の容態が急変したようだ。
侍女や執事、医者が回りを囲んでいる

ジェイコブ「ぶ…ブラウン…ブラウンを…」


ジェイコブは苦しみながらブラウンの名を呼んでいる

自分の子供でも王族でもないただの町民貴族のブラウンを…

ブラウン「お、俺はここにいます。」

ブラウンは近づくが医者によらないでと邪魔をされる

ブラウン「で、でも…」

するとジェイコブはうすらごとのように話始める

ジェイコブ「つまらんことに巻き込んですまない…だが君は君にはその資格が…」

ジェイコブは苦しみながら立とうとするが医者にとめられる

医者「薬はまだか!」

侍女「は、はい只今!」

侍女は薬を探しだし医者に渡す医者はそれをジェイコブに飲まそうとするがジェイコブはそれを拒否

ジェイコブ「もうよい。わしも寿命だ。このままいかしてもらう…それよりメイソンを…呼べ」

医者「諦めてはなりません!陛下」

ジェイコブは開けていた目を閉じる

ブラウン「陛下しっかり!」

ブラウンは近づきてを握る


すると陛下は自分の首にかけていた鍵をわたす

ジェイコブ「あかずの間の扉だ。こ、これは君に…あけて中をみるんだ。そして覚えていてなにがあってもわしは…君を…」

ふるえるこえでいいながら、ブラウンに鍵を渡すと陛下の手は力をなくした

ブラウン「へ、陛下?」

ブラウンは青ざめる

医者はブラウンを押しのけ脈をはかる

医者「…」

そのときロベルトとメイソンがやってきた

メイソン「父上!」

ロベルト「陛下!」

医者「メイソン様…一歩間に合わず残念です」

ブラウン「…」

まさか…先は長くないといっていたけど、こんな急に…

そんなことを医者いがいが思うと同時に医者の重い口が開く

医者「残念ですがてんにめされております…」

そう医者がいうとブラウンはその場に崩れた

それから何があったかほぼブラウンは覚えていない

その翌日陛下の葬式がおこなわれた

城のものはもちろん町のものも何故か隣国の王子と執事も来ていた

皆が悲しみに包まれるなか※エミリーは葬式にいながら頭が真っ白なまま、陛下にもらった鍵をこれでもかと強く…強く握っていた


ブラウン「…」

メイソン「大丈夫か?ブラウン」

ブラウン「メイソン…」

気がつくと隣にメイソンがいた

メイソン「お前も他もみな泣いてくれて父上もきっと喜んでいる。自分がこんなに愛されていたと知ったのだからな」

そういうメイソンは泣いていない
いや泣けないのだろう

父親がしんだとはいえ、明日から国王になると思っているからだ。

国王が泣くわけにはいかないのだろう。

そのことを思うと※エミリーは悲しくなる

この人に真実を言わなくてはならないのだ

黙っていろとは言われたがこうなっては仕方がない

ブラウン「…メイソン実はそのことで話がある」

ブラウンは胸が締め付けられる思いでのポツポツと陛下の本音を話始めるのだった

だが変装がばれないようにするという約束についてと、自分が女だということは言わなかった

メイソンはなにもいわず黙っている

※エミリー心の声《なにかいってほしい…どうして言わないの?サファイアがいたらわかるのかな…》









「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く