男装テクニック☆

rabbit☆

サファイアの心配しながらはちょっと…

ブラウン「今日から調査しなければならなくなったが、なんとかなるだろう。さて、塀かに渡された物をどこで読むべきか…」

※エミリーはそんなことを考えながら城のなかをうろうろしていた

ブラウン「うーむ。」

そううなった時後ろから声がした

メイソン「どうかしたのかブラウン」

振り向いたさきにいたのは、メイソンだった

ブラウン「あ、メイソン」

※エミリー心の声《本当のことを言うわけには行かないし…そういえばこの城の中に大きな図書室があったはず…》

最初に城にきたときエミリーは少しだけあいている扉のなかをみたのだがそこがたまたま図書室というより図書館のようだったのだ。

ブラウン「実は一番始めにきたときに見つけた図書室…いや図書館?とにかく、本がたくさんあった部屋に行きたい。読みたい本がある」

メイソン「父上からなにか頼まれたのではないのか?」

ブラウン「あぁそうだ。だがその前に読まなければならない本ができた」

苦しい説明だったがエミリーにはこれが、精一杯だった。

メイソン「そうか…それならこっちだ」

ブラウン「案内してくれるのか?」

メイソン「あぁ」

ブラウン「ありがとう。」

メイソン「どうってことはない。さぁいくぞ。」

メイソンにつれられ着いた部屋は間違いなくエミリーが見つけた本がたくさんあった部屋だ。

ブラウン「ありがとうな。あとは自分で探すよ」

メイソン「そうなのか?大丈夫か?こんなに沢山あるが…俺は手伝えないが誰かに手伝わせようか?」

ブラウン「い、いや平気だ場所は聞いてある」
ブラウンは慌てながらいう


メイソン「そうか。ならばいい。ではな」

メイソンはそういって去った。

メイソンが去った後、エミリーは極力奥にいき、渡された紙を手に持ち読み始めた


※エミリー「第一候補はやはりメイソン様ね…第二は…え!ラファエル様?」

隣国の、王子なのにかかれていたことに驚いたエミリーは大きな声を出してしまい口をおさえ扉から誰か入ってこないか見たが入ってくるものはいなかった


エミリーは安心しもう一度紙に目をやる


※エミリー「なぜ、隣国の王子が候補なのかな。まさか一国にする話を真に受ける気なの…?」

※エミリーがどんなに考えてもわかるわけがなく、とにかく通津かを読んでいく

※エミリー「理由は無愛想だが心はちたかいためとしか書いてないし、第3のロベルトさん…彼は王子出すらないのになまえがあるし、第四もなぜが隣国の執事のハーバートさんだし…後の候補者は…」

エミリーは最後の候補者欄をみて驚愕した

そこには第一はあなたが好きになった相手であることが条件とあった

それはつまりロベルトやハーバート、ラファエルをかいてあるのは私が好きになればの話で、しかも私が好きになれば町民だろうが関係ないといってるも同然だとエミリーは思った

※エミリー「なんでこんなでたらめな条件を…そこまで私を信用する意味があるの?陛下はいったいなにを考えているの?」

エミリーは考えたがサファイアの心配もしながらここにきていたたためと、まだ治りきっていないのか頭がいたい為それ以上のことはわからなかった

陛下にきこう

そうおもい部屋を出ようとしたとき

バンッとおおきな音をたててロベルトが入ってきた

ロベルト「メイソン様はおられますか!」

※エミリー「いないけど、どうかした…」

そこまでいうとロベルトは

ロベルト「一緒に探してください、大変なんです陛下が!」

※エミリー「え!?」
















「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く