男装テクニック☆

rabbit☆

サファイアの帰りを信じて

次の日起きたときサファイアはまだ帰っていなかった。家中を探したがいない。一応野原に行ってもみたがいない。
エミリーはサファイアがいない現状が今ではきつかった。
城に行くのをやめようかと思うほどだ。
でも陛下の容態を思いだし、サファイアなしで向かった。昨日のサファイアの言葉を胸に抱きながら

エミリー「信じよう。私がいいたいことを言えばサファイアはきっと帰ってきてくれる。」

そう思いエミリーは一度家に戻り、男装してから、城に戻ろうとした。その時!

メイソン「なんだ。また客がいるのか。」

その声は振り向かずともメイソンだった。今エミリーは変装しておらず、ばれるのを恐れ、振り向きたくはなかった。
だが振り向かないわけにもいかず恐る恐る振り替える
すると、メイソンのほかにも、ロベルトや、知らない男性が二人立っていた。
一人はロベルトと同じ執事の格好をしている。
もう一人はメイソンのような高貴な姿をしている。

エミリーはその高貴な姿の男性の目に恐怖を覚えた。
その目は冷たく、人相も悪い。人などひとと思わなそうなほど恐ろしそうな瞳にエミリーは一歩後ろに下がった

見知らぬ高貴な男性「どこへいく。」

その太く冷たい声にエミリーは体をびくつかせる。

エミリー「じ、邪魔をしたくはありませんから、う、家に帰ろうかと…」

エミリーは震え声でいった

見知らぬ高貴な男性「そなた町のものか。にしては高貴そうなドレスを着ているな。」

エミリー「い、一応貴族の家に生まれましたので…」

見知らぬ高貴な男性「そうか。」

見知らぬ高貴な男性はうすら笑みを浮かべる。その笑みでさえもみたらなにやら虫酸が走った。

エミリー「す、すみません。もういかないと…」

エミリーはそう言って必死に走って、その場を去った。

後ろからなにか聞こえるが、そんなことはお構いなしに逃げて逃げた

家につくと息をきらしているエミリーを、心配したミュニエルが出てきた

ミュニエル「どうしたの?」

ミュニエルはエミリーから事情を聴く

ミュニエル「それは多分隣国の王子さまのラファエル・ブリッド様と執事のハーバート・ブラウン様ね。」

エミリー「あれが王子様?」

ミュニエル「人相は悪いけど、勇敢で力強くそして、ずる賢いと言われてるわ。」

エミリー「そう…」


エミリーは冷徹な瞳を思いだし、身震いする


あの人にもう一度会わないことをエミリーは願いながら、ブラウンに変装し、城に向かう。


しばらくして、城につくと、

いろいろな不安を抱えながらエミリーはジェイコブの自室の扉をノックした。






自室には入ると、あの冷徹な瞳が嘘のような優しい瞳をしているラファエルと、その後ろにたち、こちらを一瞬不思議そうにみたハーバートがいた。

ブラウン「申し訳ありません。お話し中でしたか。出直します」

ブラウンは部屋を出ようとするとジェイコブが、

ジェイコブ「いや、すぐに終わる。そこで待ちなさい」

と言った。正直、正体がばれないか心配で、早く出たかったがエミリーは迷ったが下を向きとどまることにした。

ジェイコブ「それであなた様ははこの国とあなた様の国を一国にしてどうなさるのですか。」

どうやらまた一国にしないかという話らしい

この国は土地が豊かで、作物がとれやすく、魚や果物どんなものだって新鮮でおいしい。だから戦争時代田畑を荒らす国はいなかった。田畑ごと手にいれたかったからだろう。
戦争が終わりもうそんな土地のためだけに戦や争いは起きない、そう思っていたが、どの国も一国にしたい。または、貿易がしたいなど口々に迫りわれが先だと言わんばかりにまだ戦争をしている国も少なくはないのだ。

ラファエル「我の土地はあまり豊かではないが、鉱石など、剣や家、服などに使うようなものは沢山とれるし、そういう商業は他《た》の国に、比べても豊かだ。だからこの国の土地の豊かさと合わせれば回りの国は到底及ばない国となるだろう。そうなれば、民《たみ》も皆喜ぶのではないか?」


ジェイコブ「そんな台詞は聞きあきておる、そういってくる国はいたが、調査に向かわせるとどの国も荒れ果て、鉱石どころかなにもとれん国がおおい。そんな国と一国になってなんになるのか。」

ラファエル「だったら我国にも調査兵をよこすといい。嘘ではないことがわかるはずだ」

ロベルト「失礼ながらラファエル様。そのようなことは隣国であるがゆえに、もうすでにすんでおります。がしかし、とても豊かとは…」

声のした方を見るとロベルトが暗がりのある壁のとこにいた。暗めの服だから気づかなかったらしい。

ラファエル「それはいつだ。」

ロベルト「……?」
ロベルトは返答に困る

ラファエル「調査に来たのはいつかと聞いている」

ロベルト「それでしたら10年ほど前にしたという記録がありますが、、、」

ラファエル「その頃か。確かにあのときは荒れていた。だが、今では我が次期国王確定のみのゆえ、取り仕切り必死にみな働いてくれたお陰でここ数年もたたないうちに盛んになったのだ。」

ラファエルがそういい終わると、ジェイコブは迷うようなそぶりを見せたかと思えばブラウンを見て何かを決心したようなそぶりをみせ、ラファエルに向き直る

ジェイコブ「よかろう。じきに調査するものを送る。」

それを聞くとラファエルは、浅くお辞儀おじきをし、なにも言わず部屋から出ようとする。
その後ろからそそくさと、執事のハーバートがついてくる。

ラファエルはブラウンをチラ見し、立ち止まったが、なにも言わず部屋をあとにした。

「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く