男装テクニック☆

rabbit☆

陛下の頼み。

ブラウン「む、無理です!わた、、、お、俺にそんな大役…行けません。もっとふさわしい方などゴロゴロいます」
ブラウンは慌てながらしどろもどろに喋る

ジェイコブ「そんなものを見極める時間はわしにはない。だからこそ今ここでお主が一番その大役にみあってると言っておるのだ。」

ブラウン「で、でしたら城のものに探させれば…」

ジェイコブ「そんなことをすれば自分がなりたいものはどんな手を使ってでもなろうとする者が現れ、安泰していた国は一瞬でいくつかに別れ、戦争とかすやもしれぬ。」

ジェイコブは暗い顔をしていう

どうやら本気らしい

ブラウン「…確かに俺も戦争は嫌ですが、しかし、そんなことをしてもそちらだって俺に気に入られようとするのではないですか?」

ジェイコブ「心配はいらぬ。これはお主とわしだけの秘密だ。もしわしがいなくなった後決めたようなことになっても構わぬようわしが信用をしているものに、遺言をたくす。もしばれ、その他が危ない目にあったりするようなら護衛だってつけよう。」

ジェイコブはなにがなんでもブラウンに後継者と妃の見極めをしてもらいたいらしい

ブラウン「でも…」

サファイア「エミリー。陛下はここまで頼んでいるわ。役不足かどうかはやってみないとわからないし、もしエミリーが選んだひとがダメなひとだったらって思うかもしれないけど、そうだったら私が魔法でいい人にしたって構わない。エミリーを傷付けようとしたら私が必ずお仕置きするし、ね?やってあげたら?」

サファイアの言葉は最もだ。エミリーには最強の見方がいる。でも魔法に頼りっきりじゃ…エミリーはそう思いながらも内心興味があった。やってみたい気持ちもあった後は勇気。それだけだ。

ブラウン「俺には責任がおもいです。それに、失敗をしてダメなひとを撰やもしれません。それでも陛下は構わないんですか?」

ジェイコブ「…構わなくはないがそれはそれでしかたがあるまい。わしの見込み違いだっただけだ。だがわしの見込みは今まで違ったことなど一度もないぞ?」

ジェイコブは笑って見せるその顔にはメイソンによくにたエクボがあった

ブラウン「…わかりました。やってみます。」

ジェイコブ「おー!やってくれるか」

ブラウン「はい。ですが誰も見方がいないとなると誰がいいのか調査をするときなどに不便です。誰がこの事を話しても決して口が軽くなく、更には後継者と妃の候補のことをよく知っているかたはいませんか?」

ジェイコブ「だったらロベルトがいいだろう。やつは口が固く、ぶっきらぼうだが、ねは優しい。それに執事であるがゆえにこの城に関する情報をしりつくしている」

ブラウン「わかりました。では彼に協力してもらいます。それともう1つ。俺は実は騎士団には入りたくありません。訳は聞かずここで働かせるのはやめさせていただき、なおかつ、家からたまに通いつめる感じがよいのですが」

ブラウンは正直な気持ちをはなした

ジェイコブ「わけがあるようだが今は聞くまい。家に帰ることは許すがここで泊まり込みで従侍として働いてくれ。」

ブラウン「ですが俺は…」

女ですなんて言えず黙ると

ジェイコブ「頼む」
とだけ言われた

ブラウン「わかりました」

頼むと王族にまた言われ断れなくなった。

ジェイコブ「ではさがれ」

ブラウンはジェイコブをベッドに戻し、顔色を歩くしたまま部屋を出た

ロベルトが遠くで待っておりかけてくる

ロベルト「お話はすみましたか?」

ブラウンは部屋で起きたことを話さなければならない苦痛と疲労がこれからあるのだとロベルトを見て痛感しため息をつく

ブラウン「貴女に相談があります」

ブラウンはいろんな考えを押え、ロベルトに誰も来ないような場所を聞き、そこへロベルトと行った。

そこは広い図書館のようで本がびっしりあった。前まではは王子たちの勉強部屋として使われていたが今となってはあまり必要がなく、滅多にひとは来ないらしい。

エミリーはそれでも念をいれ勉強部屋二階の奥へと足を進め、ジェイコブに頼まれたことの一切と、秘密にしてほしいこと、この城に従侍として住みこみで働くことを順に話していった

そんな二人のそばで本に隠れながらサファイアは遊んでいる

そんな光景に癒されたためブラウンは落ち着いて話ができた

すべてを話すとロベルトは秘密を死守し、協力をすると誓ってくれた

一般民にいきなり部屋を与えると怪しまれるので、従侍としての姿を回りに見せてから住み込みになることとなった。

エミリー心の声《私の嘘。なんだかだんだん状況悪化させてる。やっぱりお父さんのゆうこと聞けば良かった》

と今更ながら後悔するエミリーであった

ブラウンはまたしかられるんだろうと思い、すごく足取りは重かったがとぼとぼと帰っていった

サファイアがそんな私を

サファイア「ごめんね。まさか住み込みになるなんて思わなくって…魔法で何とかしようか?」
と慌てながら言っているが

エミリーは頭が真っ白で聞いていなかった。

家についてエミリーは予想通り叱られた。だが国王陛下のめいとあって、今回ばかりは

ムース「この大馬鹿者!」といわれただけですんだ

それをいった父は呆れがおで

ムース「もういい!ひとの苦労も知らんとまったく!」

とプンスカ怒りながら自室に入っていった。

エミリーも自室に戻って頭を整理するために一眠りした

「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く