男装テクニック☆

rabbit☆

父との仲直りのしかた

エミリーは太陽が一番上に上った頃に目が覚めた。下からは美味しそうな臭いがする

エミリーは背伸びをしてカーテンをあけ、窓を開ける。胸一杯に空気をすって体の調子を確かめる

エミリー「うん。何ともないみたい。」

エミリーがひと安心すると、ポケットサファイアが目の前に出てきた

サファイア「おはようエミリー。調子はどう?」

エミリーは幻でなかったサファイアの存在に一瞬驚いたが昨日のことをちゃんと覚えていたこともあり、これは現実なだと痛感した。

エミリー「おはよ。サファイア。貴方の子守唄のお陰でゆっくり眠れたから、この通り元気だよ!」

そういうと、サファイアはどれどれといいながら私のオデコをさわったり、喉を見たりしている。

サファイア「うん。確かによくなってるね。よかった。それじゃー父親と仲直りできそう?」

サファイアの言葉に一瞬顔が曇った約束はしたもののどのように仲直りをすればいいかわからなかった。
実際サファイアが幻想であると思っていたときは正直父親を滅茶苦茶に叱ってやりたいと思っていた。
そんな私が父とどうやって仲直りをすればいいのだろうか

私がそんなことを悩んでいると

サファイア「もしかして、仲直りのしかたに困ってる?」

サファイアの的中率に驚きながらもエミリーは苦笑いしながら答えた

エミリー「うん。今まで喧嘩をしたことがなかったから。」

そうエミリーはずっと父に叱られないように気を配ってきた。だがお見合いをさせられそうになった時どうしても歯止めが聞かなかった気がついたら逃げ出していた
父はどんなに恥ずかしかったか今となっては少し気が引ける。

サファイア「そんな悩みがずっとストレスになって熱が出たのかも。一度お父さんとじっくり話す必要があるんじゃないかな。」

サファイアに言われてうなずきはしたものの、エミリーは不安しかなかった。

ミュニエル「エミリー?起きたの?」

サファイアはお母さんの声を聞くと

サファイア「約束だよ。」とささやいて、ポンット消えた。

それと同時にミュニエルは現れた

ミュニエル「おはよ。エミリー。昨日は眠れたようね。うなされ声がしなかったわ。」

エミリー「うん。ありがとう。私そんなにうなされてたの?」

ミュニエル「えぇ。こないでーこないでーって何かに追われてるみないだったわ」

エミリーは夢のことを思いだしぞっとする。

エミリー「うん。ちょっと怖い夢みてたから。たぶんそれが原因かな」

ミュニエル「そう。お父さんがそれほどまでにあなたを追い込んでいたのね。でもねあれからお父さん反省仕切りで、、、ずっと落ち込んでいるわ。」

エミリーはお父さんが落ち込んでる姿を想像し、少し胸がいたんだ。

エミリー「お母さん。私お父さんと仲直りがしたいの。」

突発な言葉に母は一瞬驚いたが、すぐにこっと笑った

ミュニエル「そう。偉いわ。お父さんきっと喜ぶわ」

エミリー「でもどういったらいいかわからないの。私はまだお見合いをしたくはないからするとはいえないし、男装だってたまにはしたい…それを拒否されたら私はまた家を飛び出すかも。」

エミリーは胸のしこりの原因を包み隠さず話した
母は黙ってそばにあった椅子にすわり私の両手をとる

ミュニエル「優しい手ね。どんな傷でも癒してくれそう。」

ミュニエルはそう言いながらエミリーの手を握る

エミリー「…そうかな。」

ミュニエル「エミリー。正直私も男装には反対だわ。ばれてしまったとき傷つくのはあなただし、私はそんな貴方はみたくない。」

母は優しい眼差しをエミリーに向けながらいう

エミリー「でも…」

ミュニエル「すぐにやめろなんて言わないわ。でもね。いつまでもそうやって現実から逃げていてもなにも始まらないの。少しずつでいい。気持ちに余裕ができたら女の子に戻りなさい。お見合いはそれからが一番貴方に向いてると私は思うわ。」

エミリー「…」
エミリー心の声《私は母の言葉は嬉しかった。でももし戻れなかったら母は許してくれるだろうか…》

エミリーはそう思いながらやっとの思いで

エミリー「努力はするけど無理かもしれない」

と言った

ミュニエルは怒らなかったそれどころか強くエミリーを抱き締めた

ミュニエル「頑張って。貴方ならきっと大丈夫。お父さんには少しずつ頑張ってみるとだけ言えばいいわ。」

エミリーは抱き締め返しながら

エミリー「うん」といった

ちょっと抱き合ったのち、ミュニエルは熱がないことを確認し、ご飯を食べるよう言ってから下に下がっていった

いよいよ。父と仲直りするときだ。








下へ下がると、ムースはいつもの席でエミリーをみたが、黙ったままご飯を食べていた


あれで心配していたのかとエミリーがため息をついたとき。

サファイア「お父さんは顔に出せないんだよ」

サファイアの声が聞こえた。回りを見るが姿はない

サファイア「心の中では貴方をみて喜んでいるに決まってる。さぁ頑張って!まずは挨拶から」

エミリー「でも無視されたら…」
エミリーは父に聞こえないよう囁き声で話した

サファイア「大丈夫。もしそうなったらまたアドバイスするわ。」

エミリー「…」

エミリーは父を見つめる

エミリー「よし」

エミリーは決意を固め、歩み出した

父のとこにつくと、それまで気づかぬふりをしていた父もこっちをみた

目があった瞬間私は固まってなにもいえない。

そんな私を遠くから見守る母。

緊迫の中。時間だけが過ぎていく

すると、サファイアがまたしゃべってきた

サファイア「エミリー。深呼吸して。まずは挨拶からだよ。」

エミリーは言われた通り深呼吸した。力が抜け口が緩んだ。

エミリー「おはよう。お父さん」

緩むと中々出なかった言葉がさらっと出た

ムース「…おはよう。」

ぶっきらぼうながらも返事をしてくれたのでエミリーは嬉しかったが顔には出さなかった。
エミリーはもう一度深呼吸した。

エミリー「昨日はごめんなさい。でも私やっぱりまだお見合いはしたくない。するならちゃんと好きになった人としたい。男装もそんな人が出来るまでは止めたくない。唯一のストレス解消法なの。」

エミリーはそうすらすらというと、頭を深く下げて

エミリー「お願いします。どうかお見合いをするのは好きな人ができるまで待ってください。」

と言った
自分でも信じられないくらいはっきり言った
誇らしかった
でも

ムース「駄目だ」

人の苦労を水にながす。父の駄目だ攻撃は疲労してる体にこえた

エミリーは顔をあげる

エミリー「何故ですか。プライドのためですか」

ムース「…勘違いしてるようだな。私は、どうせならずっとやればいい。そういったんだ」

父の言葉は理解しにくかった

エミリー「それって…」

ムース「私も悪かった。血すじを守るためとはいえ重みを持たせすぎていた。男装なんて好きなだけすればいい。好きな人もみつけなくていい。お見合いも、結婚もむりにしなくていい。分かったら座れ。食事が覚めてしまうぞ」

さらさらといった父はまた食事を食べ始めた

最初はぽかーんとしてたエミリーだが、段々とにやけ、最終的には喜びのあまり、食事をしてる父に飛びかかった

エミリー「お父さんありがとー」
といいながら。

ムース「うわっ」

ガッシャーン


このあと、またしかられたことは言うまでもない。





「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く