男装テクニック☆

rabbit☆

不吉な夢

たっぷりしかられ続け、気づくと夜になってしまっていた。
エミリーはすごく疲れはてたようすで父親の説教を頭が真っ白状態で聞いていた。
いつまでもしかっていたので食事の準備をとっくに済ましたエミリーの母、ミュニエル・ミラーは、しびれを切らしていた

ミュニエル「あなた、いい加減にして。食事が冷めてしまうわ!」

その言葉に、父である、ムース・ミラーは、

ムース「お前は黙ってろ、大体こいつは小さい頃から鈍すぎなんだ。だから王子にしつれいなことがいえるんだ!」

エミリーはどこにいって何をしていたか話させられたので正直に答えたのに逆に怒られてしまう状況にもう倒れそうだった

ムース「お前に似たんだだから男装なんてバカなことを!」

ミュニエル「なんですって!?もう一度行ってみなさいよ!」

ムース「何度でもいってやる鈍いのはお前譲りだ!」

ミュニエル「あらそうなの!だったらあなたは鈍くないの?」

ムース「あぁそうだ!」

ミュニエル「じゃー目の前にいる娘の異変に気づいていながら長時間しかっているってことなのね?」

ムース「異変だと?」

ムースがミュニエルをみると、頭から煙がてている顔も凄く赤い

ムースの顔がみるみる青ざめていく

ムース「エミリー!?」

エミリーが父を見つめ、喧嘩はやめてといおうとしたが声がでない。仕方ないから間に入ろうかと一歩を踏み出した時だった。

ミュニエル「エミリー!!」

母親の声を最後に私の意識は失った。

毎日の差別の目、父親の説教、お見合いのつかれ、騎士をやらなければならなくなったことそんなストレスが重なりエミリーはついに倒れてしまったのだった。

エミリーが熱にうなされるなか。父が血の気のひいた顔で自分の名を言っていたのがたまに聞こえた。
だが疲れていたのもあり私は眠りについた
しばらくすると、
エミリーは熱があったため悪夢をみた
それは、自分が騎士団にはいり、女子とばれた瞬間の回りの恐ろしいくらいの冷たい眼差しを浴びることだった。エミリーはそれから必死に逃げて逃げて逃げた。
熱にうなされている間ずっと。


「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く