男装テクニック☆

rabbit☆

出会いは突然あるもの

エミリーは先客が誰なのか気になりはしたが話しかける必要がないので黙ってその場にあった一本の大きい木にもたれ掛かるように座り、上を向いてため息をついた。

すると、ひこっと男の人が顔を除きこんできた

エミリー「わっ!」

突然のことだったので声が低くないまま驚いてしまい急いで口を押さえた

見知らぬ男「何をしている。」

そう聞いてくる男は貴族なのだろうか美しい飾りをちらつかせた服を着こなし腰についている剣には宝石がついている。その服は茶色い瞳をよりいっそう美しくみせているようだ。
私が食い入るように男性をみるので、男性はほくそ笑みながら

見知らぬ男「なんだ。顔になんかついているのか?」
とからかい口調でいってくる

格好からしてさっきの先客だ遠くにいたのにあの一瞬で音もたてずにどうやって来たのか不思議だったが、そんなことよりもせっかくの休息の時間に男に話しかけられたほうが嫌でたまらなく、エミリーは怪訝な顔を見せながら答えた

男装しているエミリー「お前には関係がないだろ」

と強い口調でいった。

すると男は驚いたようすで

見知らぬ男「なんだお前男なのか?にしてはさっきの声まるで女のような悲鳴だったな。」
とまたからかい口調でいってくる

こういう風にからかってくる男はエミリーは一番嫌いだ。

男装しているエミリー「どんな悲鳴をあげようと、俺のかってだろ?見知らぬやつにとやかく言われたくはない」
と吐き捨てるようにいう

見知らぬ男「まぁそんなに怒るな。悪かったよ」

男は笑いながらいう

笑った顔には小さなえくぼができ、子供のように無邪気に笑う男をため息をつきながらも、何故か心の中でエミリーは許していた。

男装しているエミリー「謝ってくれたらいい。お前見かけない顔だけどどっから来た?見たところ同い年のようだが。」

見知らぬ男「歳は20だ」

どこからきたかは言わなかったので変わりになをきいた。

男装しているエミリー「やはり同い年か、名は?」

見知らぬ男「……。オスカー。メイソン・オスカー。」

男装しているエミリー「え、オスカー?」

エミリーは驚いた。オスカーといえばこのくにの王族の苗字だ。さらにメイソンは王子と全く同じ名前だった。

男装しているエミリー「まさかお前…いや、あなた様はメイソン王子では…?」

エミリーは今までの無礼を振り返りながら、おそるおそるきいた。
するとはにかむような笑顔を見せながら男はいった。

メイソン「あぁ。まぁな。」

その言葉に衝撃をくらい、一瞬立ちくらみがした。
倒れそうになるエミリーを、メイソンが両腕で、支えた

メイソン「大丈夫か?」

メイソンはその時おもった

メイソン心の声《まるで女のような軽さに肌触りだなぁ…いやまさかな》

エミリーは急いで離れて深く頭を下げた。

男装しているエミリー「も、申し訳ありません失礼なことを言ったあげく、助けていただいて。なんとお詫び申し上げればいいか…」

エミリーは必死の思いで謝ったすると

メイソン「構わない。それからさっきの口調で話してもいい」

男装しているエミリー「で、ですが…」
そういいながら顔をあげたエミリーは驚いた。メイソンの目は悲しそうにしていたからだ。

メイソン「頼む。」

メイソンが頭を下げたのであわてて、

男装しているエミリー「わ、わかりましたから、頭をあげてください。王子がこんな汚い庶民に頭を下げてはなりません。」

そういうがメイソンは頭をあげない

メイソン「では、今からため口を聞いてくれ、そうすれば頭をあげよう」

エミリーは迷ったが王子が頭を下げるのをみていられなく

男装しているエミリー「わ、わかった。ほらや、やめたぞ。顔をあげてくれ。」

ぎこちないながらもため口をきいた。
顔をあげたメイソンはにこりと笑い

メイソン「うむ。それでいい。」

といった。また浮かぶえくぼはやはり子供のようだと思わせる。

男装しているエミリー「どうして、こんなところにいるんだ?」

メイソン「いや気晴らしにな。城は息がつまる。」

男装しているエミリー「?」
エミリーは城の優雅な食事やなんでもしてくれる侍女たちや執事達を思い描き、何が息につまるのか不思議だった。でも貴族としてはわかるような気がもした。

男装しているエミリー「もしかして、お前もお見合いをやらされたとか?」

エミリーは、おそるおそる聞いた。

メイソン「いや違うが…さてはそれが嫌で逃げ出してきたのか?」

エミリーはギクッとなった
その様子にメイソンは

メイソン心の声《いろんな表情をするな。からかいがいがある。》

と内心笑っていた

男装しているエミリー「実はそうなんだ、」

メイソン「意外だな認めるのか」

男装しているエミリー「嘘をいう理由はないからな。」

悲しげな表情をするエミリーをメイソンは静かに見つめ、
メイソン「…そなた名は?」
と聞いた。

知りたい。こいつのことをもっと知りたい。男同士なのになぜかメイソンはそう思っていた。

男装しているエミリー「え、名前?」

エミリーは困った。なぜなら男のエミリーは仮の姿であり、たまに休息をとるためのものであって、名前など考えていなかったのだ。


どうしよう?エミリーがそう困っていると

メイソン「どうした。」

メイソンは心配げに聞いてくる。無理もない自分の名をすぐ答えられないのはエミリーくらいだろう…。

男装しているエミリー「ぶ、ブラウン。ブラウン・カーター」

絞り出した名前はすこし変だったが、この際仕方がなかった。

メイソン「そうかブラウンか。お前は何をしているものなんだ?その年だ仕事をしているのだろう?」

ブラウン「それは…」
これまたエミリーは困ったが、これはすぐ絞り出した

ブラウン「き、騎士を目指してるんだ!まだまだ見習いだけどな」

嘘に嘘を重ねた。この言葉をのちに後悔するとは知らずに。






「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く