男装テクニック☆

rabbit☆

前書

主人公のエミリー・ミラーは、なんと男装の名人である。
男口調をなおせ、女の癖に。女なんてなどなどの回りの男子から差別され続けるのにある日嫌けがさしたエミリーは、男装をして、この状況から逃げ出そうと心に決めた。
両親には反対はされたが押しきり、今では男装して三年にもなる。最初は仕草や声などでばれることもあったが、段々となれ、ほぼ完全な男のようになった。
そんな彼女ももうすぐ20。彼女の家は代々受け継がれてる貴族であるため、跡継ぎがいる。兄弟がいないため自分が結婚するしかない。そんな父の言葉を渋々ながら受け入れはしたものの今まであった男子は、ほぼろくなやつじゃなく、信用すらできない彼女。
そんな彼女にお見合いをさせたがる父。
受け入れがたい現状にまた男装をして逃げ出す彼女。
逃げ出して、野原で気晴らしをしようと行ってみると、そこには先客がいた。


「男装テクニック☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く