ひとりにしないで。

CASEKI

ひとりにしないで。


少し歩いて、振り返る。
また少し歩いては振り返る。

梅雨の中休みとはいえ、湿度が高い夜。

月明かりは心もとなく、点々と灯る街灯と街灯の間は暗く不安感が肥大する。

じっとしていても空気の中の水分に息苦しささえ覚える。首筋を汗が走る。綿のシャツが体に張り付く。気持ちが悪い。

「今日は、何処へ行こうか?」ぼくは問うた。

背後の君から返事はないが、おそらく何処へでもついてきてくれる事をぼくは知っている。

君は、ぼくの後ろにぴったりとその足を添え、しかし、決してぼくとの距離感を違える事なくついて来ている。街灯の光の中、それを確認してはぼくは安堵する。

ひとりではない。

「君がいればそれでいいよ」ぼくは前を向き直して、そうポツリと呟いた。

前から歩いてきた若いサラリーマン風のスーツの男が顔を上げ、訝しげな視線を投げかけてきたがぼくは気にしない様にした、そちらも見ない。

ガサゴソと無粋な音を立てるコンビニの袋を下げたそのサラリーマン風の男は、一瞬でぼくへの関心を失ったようですぐまた手元のスマートフォンへと視線を落として歩き去って行った。

「君とぼくの間のことなんて、誰にも理解されなくていいんだ。そうでしょう?」

ぼくはまた振り返る。

街灯の真下にいるから、君はとても色濃い。
小さく縮み、ぼくの足にまとわりつくようにしている。クスリと笑ったような気がした。

(そうね)

と、言ってくれた気がした。

ぼくらは、夜の中で逢瀬を重ねる。


月明かりのなか、街灯のなか、
薄明かりの中で逢瀬を重ねる。


君はぼくであり、きっとぼくも君なのだろう。でもぼくは『ひとりではない』それ以外のことには無頓着だ。

君が何者でも、構わなかった。

ぼくをひとりきりにしなかったのは、生涯君だけだったろう。それが大切なのだ。


遠くでサイレンの音。

水っぽい空気が振動する。

シャツが体に張り付いてくる。

街灯から街灯への間はとても暗い。

君が見えない。君が見えない。君が、


「ひとりにしないで」


ぼくは祈るようにまた振り返る。

「ひとりにしないで。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

  • CASEKI

    @六月菜摘さま
    ありがとうございます☺︎何となく夜 散歩をしながら考えたお話でした。

    0
  • 六月菜摘

    その存在は、影なのかな。と考えながら
    ひとり歩いてるシーンと響きがすきでした。

    1
コメントを書く