話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

出会いは夕日。別れは朝日。

しっキー

幕間.妹


7月23日

一学期最後の授業が終わり、すぐ帰る人や部活に勤しむ人。そんな混雑する廊下をゆっくり歩く。窓からの日の光で眠気が漂い、遠方からバスケ部のかけ声が聞こえてくる。

「梨栄ちゃん!テニスうまいんだから今日部活寄ってかない?」

同級生の絵里に話しかけられる。
部活かぁ……

「ごめんね、今日生憎用事があってさ」
「あ…、わかったよ!今度時間あったら寄ってね!じゃあね」
「うん、じゃあね」

絵里が廊下にたむろする人たちを上手くかわしながら去って行く。
まぁ用事というのもお兄ちゃんと私の2人分の食事を作るだけだけど。

というのも、私が3歳の頃に両親が離婚。父が私達兄妹を男手一つで育ててくれたけどある日を境にパチンコや酒に没頭。性格が荒々しくなって、かろうじて暴力はお兄ちゃんが止めてくれたけど歯止めが効かなくなって、ついにはお父さんが家を飛び出して行った。生活費は母親の遺産がたんまり残っていたのであまり困ってはいない。こうして、兄と2人の生活が始まったのだが…
思春期真っ盛りの男女2人が一緒に住むのは流石に嫌かなぁ…………
 
         なぁーんてね(☆

あのお兄ちゃんと二人暮らしですよ!
"マジで天国!!!"
そう、この私何を隠そう極度のブラコンなのです!
まぁ、兄や周りの人にはバレないように過ごしていますが………

〈ここからは梨栄さんのお兄ちゃんの魅力語り〜〜総集編〜〜をお届けしてまいります。聞きたくない人は流して構いません。今後の物語に一切関わりがないので。〉………多分

なんといっても
お兄ちゃんと言ってもただの兄ではない。そう、ただの兄ではない!!(2回目)
ヤンキーの顔してる割に内心超優しいとか、ギャップ萌えもびっくりだよ。あの緑色の目!!ガタイのいい体!!!ほんとに可愛すぎる!
おっと、いけないいけない思わず顔がにやけてしまう。こんなにも兄に対して好意をさりげなくアピールしてるのに何故気づかないのだろうか。鈍感系ラノベ主人公かな?
そういうところも可愛くて好きなのだが。『お兄ちゃんの魅力語り3時間スペシャル!』なら余裕で観れる気がする。それどころかテレビ局に乗り込んで一緒に討論したいレベルだ。……で、ここまで言っておいてなんですが、私は所謂チョロインというものでは決してないのです。そもそもあの時にお兄t

「安いよ安いよ〜!アジ1匹200円だよ〜」

お兄ちゃんのことを考えてるうちにいつのまにか商店街の魚屋さんの前に来ていた。

「梨栄ちゃんじゃないか!アジ美味しいよ〜1匹どうだい?」

よし、今日の晩ご飯は焼き魚にしようかな。

「おじちゃんアジ2匹ちょうだい」
「あいよ!」

見るからに新鮮なアジが手に入った。これを2人で食卓を囲んで食べるのかぁ。心なしかさっきよりも足取りが軽い。スキップまでしてしまう。

こうしてアジ2尾を手に持った少女はスキップをしながら家に帰るのだった。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
見てくださった方々ありがとうございました。まだまだ書き方や文章力などが未熟ではありますが、温かい目で見守って頂けると幸いです。

本題なのですが、大変申し訳ないのですが諸事情で投稿頻度が遅くなってしまいます。
まだまだ初心者ではありますがこれからもご贔屓によろしくお願いします。

「出会いは夕日。別れは朝日。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く