この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

喫茶店

「喫茶店知らないんですか?フルーツがたくさんのったパフェが有名な、あの喫茶店ですよ?」
「うん。知らない。」
「そうなんですか。私は絶対行こうと思って楽しみにしてたんです。まさか入学した当日に行くことになるとは、思っていませんでしたけど。」
すごく嬉しそう。可愛いな〜。

「甘い物好きなの?すごい熱弁してるけど。」
「あっ。」
カァーッと音が聞こえそうなぐらい分かりやすくモモの顔が赤く染まる。はぁー。ひたすら可愛い。
「はい。好き、です…。」
「そっか。じゃあちょうど良かったね。って、話してたらもうこんな時間!早く行かないと2人に怒られちゃう。行こ行こ。」

やばい、やばい。あの2人怒ると怖えーんだよな。


モモと2人でエレベーターに乗って2階まで降りる。モモの案内でしゃれた雰囲気のお店の前に着く。
看板には、おっ?英語でblissブリスと書かれてある。至福という意味か。

「モモ。お店ってこのブリスっていうところ?」
「はい。そうです。ってどうしてお店の名前分かったんですか?」
「えっ、だって看板に書いてあるじゃん。」
これでも、英語は得意だったんだ。ドヤッ。

「エルちゃん、古代語読めるんですか?!」
「古代語?」
「看板に書いてある文字です。」
英語はこの世界では古代語と呼ばれているのか。

「そんな珍しいの?古代語読める人。」
「はい。相当偉い人じゃないと習いません。この国に7人ぐらいじゃないでしょうか。読める人。」
おー。これがいわゆるチート能力ってやつか?

「女王様になるための修行をもうしているなんて、さすがです!」
「女王様になるために必要なの?」
「はい。政治を行うときに昔の文献を参考にすることがしばしばあり、昔の文献は、もちろん古代語なので。女王様になるなら、絶対に覚えておかないといけないことです。」
「へー。」
よっしゃ。1個覚えること減った。


「ねぇ、さっきから店の外で何やってるの?」
「あっ、ファビオ」

「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く