この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

入学式

門をくぐってすぐのところにクラス表が貼り出されていた。

「うーと、わぁ見事に3人離れちゃってるじゃん。ルークスがαアルファクラスでファビオはβベータクラス、私はμミュークラスじゃん!」
「本当だ。」
「俺とお前なんて、αアルファμミューで端と端じゃん。」
はー。テンション下がるわ。
「12クラスもあるから仕方ないんじゃない?」
「元気出せよ。」
「ヘーイ。」
くよくよしててもしょうがないかー。
「よし、講堂行こう!」
「「うん。」」


歩き出して少し歩くと、人もまばらにいた。皆こっちに気付くと、目をまんまるにさせて見惚れている。分かるよ、そうなる気持ち。ルークスとファビオはものすごいイケメン、そして俺は女神と間違えるほどの美女だもんね。ごめんね、可愛くて。

「何、ニヤニヤしてるんだ?気持ち悪いぞ。」
「そうだよ。顔がひどいことになってるよ。どうせ、またくだらないこと考えてるんでしょ。」
うるさーい。何が「また」だよ。いったい、俺がいつくだらないこと考えてたんだよ。
「そんなこと一度もあったこと、ないけど。」
「「はいはい。」」
「ハイは一回!」
「「はーい。」」
くぅー。なんかムカつく。

「ほら、そんなかっかしてないで。着いたよ。」
あっ、本当だ。やっぱりでかいな。
「じゃあな席クラス順みたいだから。」
「うん、バイバイ。」


自分の席に行くと、周りの人が一斉にお喋りをやめた。なんか居づらい。微笑んでみるが、顔を背かれてしまった。本当にこのクラスでやっていけるのか?

ガタン。
あっ、暗くなった。

始まった。
式はどこの世界もつまらないみたいだ。ふと、隣を見ると席が空いていた。名前を見ると、モモリー・フランシスベルクと書かれていた。ん?モモリーってたしか、俺と同室の子だった気がする。病欠かな?てことは、今日は、1人で寝るのか。寂しいな。


「おーい、エル。またトリップしてたのか?式終わったぞ。」
「あっ、もう終わったんだ。」
「まったく、エルは。話ちゃんと聞いてたのか?」
「何の?」
「こりゃダメだ。」
まったくなんだよ。こりゃダメだって。ムカつくな。ん?そういえば2人とも俺のことエルって呼んでなかったか?
「ねぇ、もしかして私のことエルって呼んだ?」
「うん。そうだけど。エレの方が良かった?」
「いや、それはもちろんエルの方が良いけど。何で急に?」
「まぁ、学校上がったからね。さすがに今のままのエレじゃかわいそうかなって。」
やったー!脱エレ。イェイ!

「ぷっ。こんなことで機嫌良くなるなんて本当単純。」
ん?今何か聞こえたような。
「何か言った?」
「いや、何も(汗)。」
そうか、なら気のせいか。あっ。

「そういえば、私と同室の子が式の時に居なかったんだよね。」
「休み?」
「分かんない。モモリー・フランシスベルクっていう子。」
「フランシスベルク?何か聞いたことあるな。」
「ふーん。また思い出したら教えて。」
「ああ。」

5分ぐらい歩くと寮が見えてきた。今日はもう寮に行くだけだ。寮はやっぱり、校舎に負けず劣らず大きくてキレイだ。

寮の中に入ってすぐに男子寮と女子寮で分かれている。

「じゃあねルークス、ファビオ。」
「「バイバイ、エル。」」



「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く