この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

イタズラ(2)

「ていうか、オリスの彼女って誰なの?部屋見せるってことは、屋敷の人?」
「あー。アイシャだよ。」
「なんだって!?アイシャってあの黒髪に紅い目で童顔の?あのアイシャか?」
「他に誰がいるんだよ?」
「嘘でしょ。マジか…。うらやっ…。」ヤバイ。心の声がもれる所だった。くぅー。オリス。あんな可愛い子を彼女にするなんて。許すまじ。

「オーバーリアクションすぎだろ。一気に気合い入ってるし。」
「あったりめぇだろう。ていうかそんな写真でいいのか?もっときわどいのじゃなくて。」

「いや、さすがにそこまでしなくていいぜ。お前一応女だろ。もう時間ないし、行くぞ」
オリスの部屋へいざ参る!


「ここがオリスの部屋だ。」
お、ここが。
「ついでにドアに1枚貼っとくか。」
ペタ。
「じゃあ、お邪魔しまーす。」

これから、文字通りお邪魔する。んー。意外とキレイにしてるみたいだ。全体的に茶色を基調にしているらしい。落ち着いている。
ここに写真がペタペタ貼られているところを想像すると…。くくく。はー  ウケる。


そして2時間後…。完成!オリスの部屋のいたる所に俺、俺、俺!
「よし。アイシャ呼びに行こうぜ。」
「誰が呼びに行く?」
「んー。そこは、やっぱり女のお前じゃね?」
「えっ、俺?まあいいけど。」
「じゃあよろしくな。俺らは陰で見てるから。」


というわけで、俺が探しに行くことになった。これが失敗だった…。

「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く