神様育てませんか?

クルーソ

プロローグ的な?

『神様どうかお願いします』

絶対的存在へ救いを求める行為、所謂神頼み。
世界平和からギャンブルの勝敗まで大小問わず存在する願いを聞いてくれるらしい。
誰でも一回は神頼みした事があるのではないだろうか?

「ねぇー、コーラまだぁ?」

何故頼む対象が神様なのか。
それは神様が全知全能だからだ。懐が深いからだ。信仰の対象だからだ。

「なぁんでZEROの方なの!?普通のがいいのにー!」

俺も勿論した事あるよ、神頼み。
自分ではどうにもならない願いなんて誰にでもあって、それが普通だと思ってる。

「痛いいひゃい!やっぱ炭酸強すぎて無理ー!普通のがいい!普通のがいい!!」

でももう神頼みはしないと決めたよ。
強がりなんかじゃない。
さっきから騒いでいる自らを神と名乗る女の子、この子を目の当たりにしたら誰だってそう思うはずだ。

「ねぇー!神様が言ってるんだぞ!普通のちょーだいよー!」
「うるせー!!神様『見習い』だろ!偉そうに言うな!」

神様見習いのこの子は、
全知全能じゃない、知らない事ばっかりだ。
懐なんて深くない、見ての通りだ。
信仰されていない、誰一人にも、、、

そんな『見習い』が『一人前』になる為に俺は協力しているんだけど、、、
できるのかなぁ
流石に荷が重すぎるんじゃないだろうか
いや、ハッキリと役者不足だよなぁ
なんでこんな事になっちゃったんだろう
はぁ、、、

「神様どうかお願いします。助けてください」
「だから神様は私だってば」


コメント

  • ブラックファントム

    神様を育てるという驚くべき設定が面白くてオススメです!

    1
コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品