話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第三十九話




  吸血鬼という種族は他者の血を吸うという特性上、血に干渉する能力を多く備えている。
  それは元来傷口の血液を凝固させ、吸った相手の命を奪わないようにするという生存戦略上のものだったが、それは吸血鬼全体が力を付けていくにつけ、独自の能力として発展する事となった。

  中でも斬鬼のように吸血女王ほどの高貴な種族となると、その能力は凝固に留まらず、正に『操作』と呼べる程に至る。吸血鬼の中でも最高峰と呼べる能力、『血液操作』。その技を斬鬼は生まれながらにして手にしていた。

  その効果は『自らの触れた血液を自在に操る力』。それが自分であろうと他者であろうと、一度彼女の体に触れた血液は彼女の支配下に置かれる。称号である『女王』に相応しい能力。

  現状のように武器を所持していなかったり、武器を失ってしまった際に場所を選ばず力を振るえる事から一際汎用性が高く、ある意味彼女が最も愛用しているスキルだと言えるだろう。

  両の手に赤黒い刀を携え、一気にマギルス国王へと詰め寄る斬鬼。自前の装備を剥がれ、動き辛いドレスを着用していようとも、その剛力は未だ健在。成人男性一人の身体であれば、膾の如く斬り伏せられるだろう。

  だが、当然と言うべきかその道中に妨害が入る。


「国王を守れ!」

「盾となるんだ!」

「っ、しゃらくさい!!」


  どこに控えていたのか、いつの間にか現れていた鎧姿の兵士達が斬鬼の前に立ち塞がる。当然、一兵卒如きが彼女を前にして大した時間稼ぎが出来る筈もない。すぐ様血染めの剣閃が鎧と鎧の僅かな隙間をなぞる。

  両断された肉体はどうともんどりうって地面へ落下し、彼等の絶命を伝える。噴出した血液すらも刀の一部となり、よりその刀身が鋭く、長く錬鉄されていく。

  周囲の貴族も黙っている訳ではなく、更なる足止めの為か次々と魔法を打ち込む。炎、水、風、土。色とりどりの魔法陣が光り輝き、その全てが斬鬼へと向けられる。

  が──無駄。その悉くが彼女の一刀の下に斬り伏せられ、残骸となった魔力が空中に散る。正に無力、無為、無意味。ステータスの暴力とはかくも恐ろしい物であると、第三者的に見ている者がいれば戦慄した事だろう。


「っ!!?」


  だが。だとしても。当初から裏切る事を考えていたマギルス皇国側が、目下最大の障害である斬鬼に何の対策もしていない筈が無い。

  飛来していた物の中に一つ、一際異彩を放つ物があった。斬鬼はそれに気付くが、沸騰した衝動に突き動かされていた彼女の腕は止まる事が出来ない。そのままソレ──真っ赤な液体が入った瓶を勢い良く両断する。

  外側の容器が無くなれば、勿論中身は噴出する。撒き散らされた液体は物理法則に従い、そのまま斬鬼へと降りかかった。


(ぐ、これは──!?)


  ドクン、と一際大きく心臓が飛び跳ねる音。一気に全身の血流が活性化され、手足の先に至るまで感覚が鋭敏になる。そして同時に、頭に血液がこれでもかと集結する感覚。

  これはそう──有り体に言えばだ。


「き、さま……まさか、血酒を!!」


  血に酔う事しかできない吸血鬼が嗜む酒、それが血酒だ。
  通常血液を摂取した場合、普通は斬鬼のように吸血鬼としての力を全開で使えるようになるのだが、それだけでは嗜好品として物足りない。故に、一部の吸血鬼は血液を摂取した瞬間著しく高揚する事を利用して、その効果だけに特化させた酒のようなものを作り出した。

  量は生み出せないがその効果は著しく、体質的に弱い吸血鬼であれば一舐めで足元がフラつくほど。そんなものを一気に被ってしまえば、その噎せ返るような匂いだけで意識が一度に持っていかれても不思議ではない。人間で言えば限りなく純度百パーセントに近いアルコールを被るようなものである。


「ぐ……こ、小癪な……!!」


  だが、それでも斬鬼はフラつく膝を抑え込み、再び血の剣を構える。霞む視界の先に、仇敵であるマギルス国王を見据えながら。


「ホ、まだ意識があるか。並の吸血鬼であれば数時間は昏倒する代物なのだがな……だが、これも追加じゃ」

『『クロック繋ぎ・引き留め・ロック固着せよ』』


  彼の合図と共に、幾条もの魔法で出来た捕縛鎖が斬鬼の元に飛来する。鉄ではなく魔力で構成されたそれは、物理的干渉を一切無視出来る優れ物だ。

  アレに捕まるわけには行かない──。斬鬼は魔力を全力で回すと、それを一気に掌から放出。衝撃波の様に魔力が放出され、それに押された鎖は勢いを失い地に落ちる。

  数に任せて次々と飛来する魔法の数々を、前後不覚になった斬鬼は半ばヤケになりながら、力任せに処理していく。圧倒的な一対多の状況でも互角に凌げるというのは、やはりステータスあってこその事だろう。

  これで皇国側は決定打を失い、斬鬼は己の魔力との争いを続ける持久戦に持ち込まれた──かに見えた。


「やれやれ、猛獣の躾は上手く行かなかったみたいだね。ま、だからこそ俺が出張って来た甲斐があるってもんなんだけど……『ロック・ロック巌よ・引き留め・繋げ』」

「っ!?」


  魔力ではなく、岩石で構成された四本の鎖。完全に不意をつかれた斬鬼は、四肢を拘束しようとするそれを回避しようと身を捩る。

  一本目、回避。

  二本目、回避。チ、と鎖が頬を掠めた。

  三番目、回──避、は叶わなかった。

  
「ぐっ、貴様、サカグチかぁ!!」

「ハッ、猛獣には鎖がお似合いだ!」


  乱入した男──サカグチはその手から拘束魔法を斬鬼に向けていた。

  それまでの優男然とした雰囲気はかなぐり捨てられ、その顔には獰猛な暗い笑みを浮かべている。斬鬼らが睨んだ通り、彼の本性は全く別のものだったのだ。

  強固に固められた岩石は、ちょっとやそっとの力では到底砕けない。それでも斬鬼の力を持ってすれば砕く事は可能だが……


「『クロック繋ぎ・引き留め・ロック固着せよ』!」

「く、この下等生物共がぁ……!!」


  次々と襲い来る魔法の鎖が、彼女の四肢に巻きつき動きを縛り付ける。一本、二本、三本と数を重ねられれば、一つだけでは貧弱でも彼女の動きを止める事が出来るのだ。


(だが、まだ全力を引き出せば……!!)


  引き金となる血液は、幸い、いや不幸にして先ほどの血酒で摂取できている。出来ることならばヴィルヘルムの良質な血液で吸血化するのが理想だったが、背に腹は代えられない。
  斬鬼は目を赤く発光させると、その力を解放して──


「ガッ!?」


  しかし、それは腹部に唐突に訪れた衝撃によって妨害される。それまでの温い攻撃とは違う、一際威力の大きい一撃。肺から空気が全て吐き出され、奇妙なうめき声が口の端から漏れる。


「グ、き、貴様……!!」

「そん、な──!?」

「は、ハハハハハハハハハハ!!!  いいぞ、その反応最高だ!!  さあ、かつての仲間に対してその矛を向けろ──!!!」

「…………」


  斬鬼とミミが驚愕する眼前。そしてサカグチの隣。そこには先程まで居なくなっていたアンリが、目の光をアメジストに変えて立っていた。

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く