ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第三十三話





  ヴィルヘルムらが住民へ聞き込みに行っていた頃、斬鬼とミミもそれぞれ行動を起こそうとしていた。


「さて、ヴィルヘルム様直々に動いて下さっているというのに、我々だけ何もしないという訳にはいかない。いや、私は別に疑っているわけでは無い。寧ろヴィルヘルム様なら、既に真相の核心すら掴んでいて然るべきとも思っている。だがしかし、それに甘えて享受するばかりでは私達眷属が成長しないのだと、多大なる慈悲によって思われているのだよ」

「はい、重々分かってます」


  斬鬼の長々とした台詞に、ひたすらコクコクと頷くミミ。頷く度に狐人族フォクシー特有の三角耳がぱたぱたと揺れる。


「故にこの不審な皇国の謎を、我々は我々自身の手で解き明かさねばならない。この位は貴様でも理解しているだろう?」

「はい、それも承知してます」


  一際強くブンブンと頭を振る。勢いの強さに、尻尾もぱたぱたと揺れる。


「良し、ならばこの辺りで今一度怪しい部分を再確認しておく。まず第一に、この国で明らかに『おかしい』となった点はどこだ?」

「それは勿論、『この国の待遇の良さ』です。王様とかの態度は同盟相手と考えれば分かるんですが、普通の人の喜び様がどうにも理解出来ません」

「その通り。理解出来ないことを行うのがニンゲン共の性だと理解していたが、これはそれ以上の問題だ。長年戦争状態にあった国の使者をこうまで歓迎出来るというのは、異様を通り越してあまりに異常だ」


  アンリ然り、彼女の知っているニンゲンというものは総じて理解の出来ない非合理的な事を行うことがある。だが、理解は出来ずとも納得する事は可能ではあった。

  しかし、今回ばかりはその範疇に収まらない。戦争で親族を失った者もいるだろう。中には気まぐれで殺されたような、そんな不運な兵士もいたかも知れない。敵対国家ともなれば、ネガティブな扇動を行う事もあっただろう。

  だというのに、それを飛び越えてこうまで歓迎が出来るというのは、最早聖者ですらなく、いっそ只の異常者と言った方が正しくも思える。


「それに、この国の警備も変です。王宮というからには偉い人が一杯いる筈なのに、詰めている兵士の数が少な過ぎました。それこそ、迎賓館とはいえミミ程度が自由に動ける程に。勿論、私達に警戒心を与えない為という事も考えられますが……」

「ふむ、貴様から見てもそう思えるか。ならば確かに少ないのだろう。少なくとも、私を止められるような兵力が詰めている気配はしない」


  これは強者である斬鬼だからこそ分かり辛い事であり、弱者であるミミだからこそ分かったことでもある。

  斬鬼にしてみれば人間など物の数では無く、いくら群れようと敵にはならない。無論自身の敵に回りそうな強者は何処と無く感じ取る事ができるが、弱者に対しては歯牙にも掛けないのが吸血女王としての流儀だ。

  反対に、盗人として生計を立ててきたミミにとって、外界の全ては自身の敵であった。スキルも無く、ステータスも貧弱。生まれながらにして弱者としての地位が決定づけられていた彼女が心掛けていたのは、『自分と相手の差を見極める』という事だ。
  盗みを働いてもバレないか、バレたとして追われても逃げ切れるのか、そして捕まった際、どれ程酷い目に遭うのか。そういった要素を全て俯瞰しながら、瞬時に判断する能力を彼女は鍛え上げてきた。いや、鍛え上げねば

  故に、洞察力という一点においては、ミミは斬鬼の一歩上を行く。可愛らしい仕草と外見という皮に包まれた本性は、どこの誰よりもクレバーなのだ。


「他にも新たな勇者の登場、先日の襲撃など、不審なところを上げればキリが無いですが……」

「ああ、主立った点を理解しているなら良い。確認は以上だ」


  斬鬼は手近にあった椅子を引き、深く腰掛ける。肘掛に頬杖をつくと、思案するように視線を宙に浮かせた。


「そこで、だ。その観察力を見込んで、貴様にはこの迎賓館内で情報収集に勤しんでもらう」

「迎賓館内で、ですか?  でも、あまり大した情報は得られないのでは……」

「確かに王宮などと比べれば大した事はないだろう。だが、ここに勤める下人はあくまで平民だ。どこかで聞き齧ったような噂を垂れ流すような阿呆がいない訳でもあるまい?」


  噂好きの人間というのは、どこの世にも存在する。それが真実であれ嘘であれ、何かを流布するという事に取り憑かれたような人種は一定数いるのだ。

  火の無いところに煙は立たぬという事もあり、嘘だとしても何がしかの根拠があるのが噂というもの。そういった不確定な情報も、この状況では少しでも取っ掛かりになる。一縷の望みというほど追い詰められてはいないが、手掛かりが足りていないというのもまた事実であった。


「方法は……そうだな、ヴィルヘルム様と同じ方法は流石に通用しないだろう。あくまで見つからない様に、隠れながら情報を集めろ。陰から様子を伺え」

「隠れて……ですか。でも、ミミに出来るかどうか……」


  そういってミミは静かに俯く。

  彼女は前回、勇者パーティー相手に健闘虚しく遅れを取ってしまっている。大した抵抗も出来ず、あまつさえヴィルヘルムに軽い怪我すら負わせてしまった出来事が、彼女の心に未だ尾を引いているのだ。

  人間性は最悪だったとはいえ、相手はステータスがSSSの勇者。本来ミミにとっては逃げ切ることすら難しい相手であり、それを相手に敗北したというのは決して恥じる事ではないが、それでもヴィルヘルムに情報を齎せなかったという一点で全ての評価が地に落ちていた。


「貴様の懊悩もある程度は理解している。だが、今ここで隠密のノウハウに最も長けているのが貴様だというのもまた事実だ。分かるな?」

「そんな、ミミはとても……」

「謙遜は結構。私やあの忌々しい女はそういった術を修めている訳では無く、ヴィルヘルム様もその溢れ出る威光で完全に隠れ切る事は難しいだろう……いや、あの御方ならばそういった小細工など弄することなく、全てを解決出来るのだが……兎に角、貴様にしか出来ないことであるというのは理解したか?」

「……で、でも」

「くどい。返事は『はい』か『イエス』の二択だ」


  言い淀むミミに業を煮やしたのか、強い口調で選択肢を迫る斬鬼。実質一択という事には突っ込んではいけない。

  迫力に負け、ピシリと背筋を伸ばすミミ。こうなった時点で、自分に選択権は無いというのは痛いほど分かっていた。


「は、はい!」

「良し。まあ、万が一失敗した場合の保険くらいは掛けてやる。勇者の時と同じ魔法を付与しておこう」

「出来れば気絶する前に助けていただきたいのですが……」

「贅沢を言うな」


  手に魔法陣を出現させながら、斬鬼は呆れた様に言った。

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く