ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第二十四話




  《暴虐》と謳われるヴェルゼルといえど、蹂躙は行えどもいたぶるというのは趣味では無い。その為、男達との争いは数刻も経たないうちに終わりを迎えた。

  男達の骸に背を向けると、彼女はスキルを解除して元の姿に戻る。深々と残った爪痕だけが、その暴虐を証明していた。


「……腹が立つか?」

「!?」


  アンリの目の前まで辿り着いた時、ヴェルゼルはボソリと彼女に呟く。


「惚けんなよ、お前だってあいつらと同じニンゲンだ。同族を無残に殺されて腹が立たない訳がねェ」

「……」

「ムカつくだろ?  イラつくだろ?  それでいい、その衝動をそのままオレにぶつけてみろ。感情のまま争うのが一番パワーが出る。お前は仮にもSSランク、それなら後先考えず力を振るえば、SSSへと届く足掛かりになるかもしれねェからな」


  挑発を繰り返すヴェルゼルだが、要するに彼女は不完全燃焼なのだ。久々に力を発揮できるかと思えば、相手は箸にも棒にもかからないような只の雑用係。血と闘争を好む彼女からしてみれば、この幕引きは余りに酷いものだった。

  故に、彼らよりも格上と見たアンリを挑発する事で、この煮え切らない感情を払拭しようという算段だった。


「……ええ、確かに正直貴方のやり方は好ましくない。無駄に相手を嬲って、挑発を繰り返す。ヴィルヘルムとは大違い」

「へっ、ならーー」

「ーーでも、だとしても貴方とは戦わない」


  だが、アンリはヴェルゼルの挑発にも動じず、毅然とした態度で反駁する。


「……確かに彼等は同じ人間だったけど、だからといって私たちを罠に嵌めようとしたのは事実。オマケに殺しに来たんだから、向こうだって殺されるっていうのは当然の事よ。共感も同情も、あまつさえ敵討ちなんてする気にもならないわ」

「オイオイ何言ってんだよ?  魔人がニンゲンを殺したんだぜ?  普通はそれだけで戦争だろうが、何カッコつけてんだよ」

「格好なんて付けてないわよ。常識の間に、魔人も人間も関係無い」


  ヴィルヘルムらと接している中、一つだけ彼女が出せた答えがこれだった。

  自身が道を見失った時、そっと手を差し伸べてくれたヴィルヘルム。小憎らしいが、子供然とした態度を取るミミ。狂信度合いにはほとほと困らせられるが、それでも何処か気に掛けてくれる斬鬼。
  その姿はそれまで伝え聞いていた、血で血を争うような邪悪な種族とはとても思えず、そういう意味で言えば寧ろかつての勇者がそれに当て嵌まっていた。

  その他にも中途で立ち寄ったヴィルヘルム領の都市、アガレスタ。あの地におけるヴィルヘルムの扱いは、正に理想の為政者と称するのが最も正しかった。では暴力で圧政を敷いているのかと思えば、それも違うという。ともすれば自国の王でさえ、あれ程までに慕われてはいない。

  結局、種族で一括りにして考えることの馬鹿馬鹿しさを、事ここに至ってアンリは漸く学ぶことができたのだった。だが、それは固定観念に縛られていた彼女にとって、それは大きな一歩でもあった。


「だったら良いぜ……嫌でも戦う理由を付けてやるよ!」


  だが、闘争に飢えている今のヴェルゼルにその言葉は届かない。身体中に流れる竜の血が、彼女の思考をより凶暴な方向へと駆り立てているのだから。

  血に濡れた鉤爪が、今度はアンリに向かって振り上げられる。


(やられるーー!!)


  咄嗟にそう思ったアンリは、慌てて手を前に構えるが、先程の惨状を見るにこれも効果が無い可能性が高い。次に降りかかる痛みに耐える為、反射的に目を瞑る。

  ーーだが、幸いにも彼女の予測した未来にはならなかった。

  目の前で響く派手な金属音。それからいつまでたっても訪れない衝激を不審に思い、アンリは恐る恐る目を開ける。

  するとそこには、太刀で鉤爪を受け止める斬鬼の姿があった。


「……ッ、流石にお戯れが過ぎるのでは?  此奴も仮とはいえヴィルヘルム様の臣下、ここで命を無断で持っていかれるのは感心しませんね」

「おいおい、オレを諌めようってか?  血鬼化ヴァンピールも出来てないお前には荷が重いと思うがな?」


  ヴェルゼルの言葉通り、受け止める太刀はその重さを支え切れていないのか微かに震え、斬鬼自身もこれまでに見た事が無いほど苦悶の表情を浮かべている。

  いくら天魔将軍に迫る実力があるとはいえ、それもあくまで程度。真の実力も出せない状態では、所詮彼女達に圧倒される程のステータスでしかない。


「そも、この場においてヴェルゼル様のお眼鏡に叶うお方など一人しかおりません。お気付きでしょう?」

「……ああ?  なんだ、主君を売ろうってか?」

「いいえ。さすれば少しは頭を冷やして頂けるかと」


  暗にヴィルヘルムの方が強いと言い切った斬鬼。暫し睨み合いが続いた後、先に根を上げたのはヴェルゼルの方だった。


「……チッ、興醒めだ」


  スキルを解除し、元の姿へと戻ると、彼女は心底つまらなそうな表情でその場に座り込む。

  一先ず命の危機は去った、とそっと胸をなで下ろすアンリ。そんな彼女の横で、斬鬼がボソリと一言。


「……貸しは高くつくぞ」


  ……どうやら面倒事は終わらないようだった。

  さて、そんな一悶着を少し離れた場所から傍観していたのがヴィルヘルムとミミである。


(大穴空いちゃったけどどうすんだろこれ……迂回するしか無いのかなぁ)


  暢気な事を考えるヴィルヘルムと、その隣に立ってあちこちを見渡すミミ。先程まで横で殺戮が行われていたとは到底思えない光景である。

  だが、大した事も考えていないヴィルヘルムとは対照的に、ミミは密かに思い悩んでいた。


(うう……一体どうしたらヴィルヘルム様のお役に立てるのか……)


  それはあの日彼に臣下だと認められてからずっと考えていた悩み。あの時限りの契約の筈が、誰からも追い出されない為ずるずると着いてきてしまっていたが、それ故に自身のステータスすら知らない自分が足手纏いになってしまう事だけは避けたかったのである。

  今回は足を引っ張りこそしなかったが、それでも魔法陣の反応を一切把握出来ていなかった。戦闘面でダメならばそれ以外で、と内心で張り切っていた彼女だったが、この一件ですっかり自信を失ってしまったのだ。

  自分には何が出来るのか。何をすれば貢献出来るのか。そんな事を鬱々と考えながら、せめてもの仕事と自分なりに細かく辺りを見張る。

  だが、彼女には知る由もない事だが、長い間スリだけで生計を立ててきたその実力は、ステータス以上の物を彼女にもたらしていた。具体的に言えばスリを行う際に培ってきた観察眼、そしてそれを気付かせずに行う隠密性。これらは争いを至上とする魔人族にとって、なかなか身に付ける事が出来ない技である。

  故に、魔人からすれば珍しいそういった技術を惜しみなく発揮すれば、彼女も十二分にヴィルヘルムへと貢献する事が出来る筈であった。


「……?」


  そして、一度気を張って辺りを注視していれば、彼女にとって細かな変化に気づくというのは容易い事だ。

  砂埃でやや煤けたが、それでも未だ健在の竜車。その付近で不自然な形で石ころが転がる。

  風こそ吹いているが、それでも石が転がるほど強い風量でもなく、そもそも風向きからしてあり得ない。では一体何故?

  さらに注意深く見つめると、草が不自然な形で次々と歪んでいく様が彼女の瞳に映る。


(ーーまさか!!)

「ヴィルヘルム様!  竜車に何者かが迫っています!!」


  ミミの言葉に全員が指差す方向を向く。

  そしてその言葉を聞いた瞬間ーーヴィルヘルムは一気に駆け出していた。

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー191068

    面白い

    1
コメントを書く