ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第十八話




 さて、そんなこんなあってからの後日談である。

 まず勇者が内密に送り込んでいた密偵達だが、これは斬鬼の尽力(というか逆鱗)によって全て壊滅。残党も報告を受けたアルミサエルの部下が回収した。彼らは恐らく、口にするのも悍ましい仕打ちで情報を引き出させられる事になるのだろう。

 結局斬鬼の仕事も大方ヴィルヘルムの手柄だと報告されることになり、またまたヴィルヘルムの名声度がレベルアップ。姿が出回らないまま、名前だけ先行して魔王領内にその名声を轟かす事になるのだろう。
 戦争時のプロパガンダとしてはある種仕方のない事かもしれないが、虚実入り交じった噂を立てられる身としては溜まったものではない。

 一番タチが悪いのは、斬鬼自身は一切虚構を伝えているつもりはないという所だ。

 勇者を見つけられたのはミミを見繕ったヴィルヘルムの手柄。その残党まで燻り出せたのは勇者を叩きのめしたヴィルヘルムの手柄。彼がやった事と言えば勇者を良く分からないまま吹っ飛ばした事くらいだと言うのに、彼女は心の底からそう思っているのである。

  勿論ヴィルヘルムも身の丈に合わない評価に対し、初めの頃は異議を唱えてみせた。だが、以前彼の少ない口数でどうにか説得しようとした所いつもの勘違いが発動し、結果としてより悪化してしまった経緯もある。
  結果、それ以来彼が口を出す事はなくなっていた。彼とて自身の欠点は重々承知しており、それをなんとかしたいとも思っているのだが。

  そして、二つ目に変わった大きな点は。


「ぐっ……貴様、新入りの分際でヴィルヘルム様に近付き過ぎだぞ!  いや、それ以前に誰が貴様に付いてきていいと言った!」

「残念ながらヴィルヘルムから許可は貰ってますー。貴女に態々お伺いを立てる必要なんて無いのよ!」

「このっ、ヴィルヘルム様を呼び捨てなどと……!  やはりあの時に斬り捨てておくべきだったか!」

(う、うるせぇ……)


  休暇のような任務を早々に(不本意ながら)終わらせ、アルミサエルの寄越した馬車で自身の領地へと戻るヴィルヘルム。だが、行きの際の人数と比べて、およそ二名ほど頭数が増えていた。


「アンタが第一の家臣だろうとなんだろうと、このアンリは既にヴィルヘルムの元で雇われるって決めたのよ!  夕焼けのあの時にね!」

「み、ミミもいる事を忘れないで欲しいです……」


  言うまでもなく、アンリとミミである。

  二人は遠慮して主君の前に座っている斬鬼を差し置いて、ヴィルヘルムの両隣を陣取っていた。

  礼を失したこの仕打ち、勿論斬鬼が許すはずも無くその手に刀を携えるのだが、アンリは兎も角、斬鬼には頭が上がらないミミすら退く様子は無い。
  ヴィルヘルムのノーリアクションをオーケーのサインと取ったのか、今日の彼女達はやけに強気だ。当の彼は内心でパニクっているだけであろうとは、この場の誰一人思っていない。


「な、ミミは兎も角貴様は人間であろう!  勇者側を裏切るとでも言うのか!」

「別に魔王側についたつもりなんて無いわ!  ただヴィルヘルムに付いていこうと思っただけ。あの場で『好きにしろ』って言われたから好きなように判断したまでよ!」


  なんとヴィルヘルム、無責任に放った一言がここでブーメランとなって強かに彼の背中を打ち据える。

  別に彼自身深い意味を込めた訳では無い。ただ『どうすればいい』と聞かれたから『好きにすればいい』と答えただけである。それが曲解されたのは……いや、やはりヴィルヘルムが言葉少なであるせいであろう。


「チッ……だが主人に引っ付く事まで許可した覚えはない!  そら、貴様もこっちに来るんだ!」

「キャァッ!?」

「み、ミミもですか……グスン」


  遂に痺れを切らしたのか、斬鬼は二人の首根っこを掴み自身の側へと引き寄せる。ミミは泣き真似までしてみせたが、流石に今更それに騙される者はこの場にいない。


(……や、やっぱり子供を手荒に扱うのはアレだよな……)


  ……いや、一人だけ居たが。


  さて、そんなこんなである意味和やかな空気が流れていた馬車の中だが、それは唐突に破られる。

  ヴィルヘルムの腰元に提げられた紫の石が光り輝き、魔王からの通信を受け取っていたからだ。


『ハッハッハ!  王たる我が直々に通信を掛けてやったぞ!  感謝して頭を……む?  なにやら見知らぬ顔が多いな』


  高笑いを契機に響き渡る魔王の声。慣れた斬鬼はスムーズに頭を下げるが、初めてのアンリとミミはびくりと肩を震わせる。因みにヴィルヘルムは慣れているけど毎回驚く。

  魔王からの通信は、何も声を伝えるだけではない。彼女謹製の魔導石を使えば、周囲の情景すら彼女に伝わってしまうのである。いわゆる監視も兼ねた、防衛機構の一種とも言えた。


『ふむ、狐人族フォクシーの娘と……うむ?  これは人族か。どうにも待遇を見るに捕虜ではないだろうが……』


  しばし考え込む魔王に、緊張した面持ちでその宣告を待ち受けるアンリ。敵対している国の長とあっては、流石の彼女も緊張せざるを得ない。


『……わかった!  ヴィルヘルムの情婦イロじゃな?  このこの〜、鉄面皮の下はムッツリだったかこの色男め!』

「だ、誰が情婦よ!」


  ……魔王の発言で緊張など何処かへ飛んでしまったようだが。

  先程まで感じていた緊張感は何処へやら、思い切り異を唱えてしまうアンリ。直後に自信が誰に向かって言ってしまったのかを思い、顔を青くする。


『ハッハッハ! 相変わらず人間共は生きが良いな。そう恥ずかしがらずとも良い。漸くこの冷血男にも春が来たかと喜んだだけだからな』

「……だから情婦じゃないってのに……」


  小声で文句を言いつつも、それ以上何か異議を唱えることは無い。いくら魔王が気にしていないと言えど、いつ気が変わるか分かったものではない為だ。


『……と、雑談をする為に通信した訳ではないんだったな。改めてヴィルヘルムよ、此度の働きに感謝する』

「……俺は何もしていないがな」

『ふ、謙遜は美徳だが、それも過ぎると美徳ぞ。賛辞くらいは素直に受け取れ』


  本心から言った言葉も謙遜と受け止められてしまえばどうしようもない。


『ただ、勇者の討伐をこなした後に悪いのだが、少しやって貰いたい事があっての。重要な事だ、悪いが拒否も許さん』

「やって貰いたい事……聞く限りでは余程重要そうな事ですが」

『その通り、これは国益に関わるレベルでな。危険度も高い為、個人で圧倒的な戦力を持つヴィルヘルムが適役なのだよ』

「お言葉ですが、個人で高い戦力という意味ならばノーチラス様にヴェルゼル様も……いえ、勿論ヴィルヘルム様が一番でございますが!」


  誰に向かって言い訳をしているのか、斬鬼が慌ててフォローを入れる。勿論それで機嫌を損ねた訳でもないヴィルヘルムは、ただ首を傾げるだけだ。


『まあ確かに奴らでも戦力的には良いんだが……いかんせん頭の方が、な』


  辛辣な一言である。


「となると……もしや外交的な件でしょうか?」

『相変わらず察しがいいな斬鬼よ。その通り、此度は他の国ーーマギルス皇国から書簡が届いてな。何でも我が国と国交の樹立、そして不戦協定を望んでいる、と』

「マギルス皇国ですって!?」


  と、そこで激しい剣幕で立ち上がるアンリ。


「魔王様の御前ぞ、控えろ」

「これが控えてられないわよ!  マギルス皇国って……私達を送り込んだ国なのよ!?」


  その一言に、斬鬼も思わず黙り込んだ。

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー235896

    誤字ってない?

    0
コメントを書く