ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第十七話




「ねぇ……ちょっと良い?」


  夕暮れ時、辺りが段々とオレンジ色に暮れ行く中、陰鬱な表情を浮かべたアンリは静かにヴィルヘルムを呼び止める。

  ゆっくりと進めていた歩を止めて、彼は振り返る。腕には未だ笑顔のミミがぶら下がっている為若干格好が付いていないが、それでも彼の視線から感じる剣呑とした雰囲気は消えていない。

  そう、例えるならばこれは喉元に突きつけられた一本のナイフ。いつでも相手を殺せるように研ぎ澄まされた、純然たる殺意だ。


  ーー最強にして至高。


  ーー冷酷にして無比。


  ーー従順にして高潔。


  全ての人物像が彼に一致する。どれだけ脳内で否定しようと、頭の片隅では間違い無くなのだと認めてしまっている。

  だがどうしても否定したくて、それでも疑い切れなくて、彼女はいても立ってもいられなくなった。

  おそらくこれを聞いてしまえば、元の関係には戻れなくなるだろう。だが、例えそうだとしても、このまま曖昧に済ませたく無いという思いが彼女の中にはあった。


「貴方は……本当にヴィルヘルムなの?」


  側から聞けば意味不明な問い掛け。だが、彼にはこれで伝わるという確信がアンリにはあった。

  だが、期待とは違いその問いに答えたのは、ヴィルヘルムに抱き付いていたミミだった。


「そうだよ。この方こそが天魔将軍の一人、《瞬刻》のヴィルヘルム様。紛う事無き本物なの」

「……アンタに聞いたつもりは無いんだけど?」

「そんな分かりきった疑問でヴィルヘルム様のお手を煩わせるつもり?  少なくともミミは許しませんよそんな事」

「アンタも変わったわね。それも全部ヴィルヘルム様とやらの影響かしら?」

「勿論。ミミの運命を変えてくれた人なんだから、ミミが命を捧げるのは何もおかしく無い事なんです。恩を受けたら返すのが当然でしょう?」


  それは三日前の彼女からは考えられないような発言。この僅かな間でヴィルヘルムと触れ合ったミミは、最早狂信とも呼べるような感情を彼に抱いていた。

  それが斬鬼の教育による物なのか、それとも彼女が自発的に考えついた結論なのか。今となってはそれも分からないが、それを心地良く思っているミミが今更この考えを手放す事はないだろう。


「……やっぱり、そうするしか無いのね」


  アンリは静かに溜息をつくと、懐から一本の杖を抜き払う。

  僅かな逡巡の後、その先を真っ直ぐにヴィルヘルムへと向けた。


「……それは何のつもりですか?  まさか命を救ってもらったヴィルヘルム様に楯突くと?」

「私は勇者よ。国の威信を背負って、皆の期待を一身に受けてここに来てる。だから、例え命を救われたとしても、貴方を倒さなきゃいけない」


  間に立つミミがヴィルヘルムを庇うように手を広げる。その夕日に照らされた光景を、アンリは垂れた前髪の奥から覗く。

  言い切った彼女の杖先は、しかしその意志とは反対に小刻みに震えている。そこには強大な力を持つヴィルヘルムへの恐怖もあるだろうが、何よりその心の内を占めていたのは、自身への逡巡であった。

  これまで彼と接して、話を聞いて。そうして関係を育んで来た結果、彼がここで死んでいいような、そして矛を向けるような相手ではない事はとうの昔に分かっていた。
  それどころか、勇者が言ったように彼に対して仄かな好意のような物すら持ってしまっていたのだ。

  そして、先日に交わした約束を直ぐに反故にして何も思わない程冷血な女でも無い。故に、恩人に弓引く行為をしている彼女の心中は、非常に荒れていた。

  だが、例え望まぬ対立だったとしても、彼女にこの場で退くという選択肢はなかった。

  ヴィルヘルムに夢を聞いたように、彼女にもまた夢がある。
  それは『貧しい家族に楽をさせたい』という至極単純な、それでいて美しい願いだった。

  父親が物心つく前に亡くなり、残されたのは母親と娘が三人、そして多額の借金のみ。田舎の為大した職にもつけず、それでも必死で母親は三人の娘を育て上げたのである。

  そんな母親に対し少しでも恩を返そうと、長女であったアンリは早々に職に就く。幸いにして魔法の扱いには優れていた為、選り好みしなければどんな職にもありつけた。

  だが、一人の給料が足された所で焼け石に水。それどころか借金の利子はますます膨れ上がり、日々稼いだ金を横に流すという自転車操業の状態に。
  このままではどうしようもないと、アンリは一念発起して勇者パーティーに参加した。そうすれば給料が家族に出る上、いざ魔王を討伐すれば多額の金が入ってくる。そうして彼女は並み居る候補者を退け、無事勇者の一員となったのである。


「……っ」


  しかし。だからといってそれを免罪符に悪辣を働ける程、彼女の精神は腐っていなかった。

  信頼と裏切りが天秤に掛かり、ユラユラと不安定に傾く。

  と、その時。ヴィルヘルムが動き出した。

  前に立ったミミをまた庇うように背後に据え、アンリに対して諸手を広げる。それはまるで、彼女の全てを受け入れると言っているようで。


「……あ、アアアアアアア!!!!!」


  らしからぬ咆哮と共に、アンリは杖を思い切り振るう。

  次々とヴィルヘルム目掛けて飛んで行く数々の魔法。それはまるで溜まった鬱憤を晴らしているようでも、収まり切らなかった感情を溢れ出させている様にも見えた。

  着弾。着弾。着弾。着弾。一発として避けられる事なく、ヴィルヘルムの体にとりどりの魔法が突き刺さって行く。

  やがて蓄えてあった魔力が全てすっからかんになり、アンリの攻勢はあっという間に止んだ。打って変わって静まり返った夕焼け空に、アンリの荒い息遣いだけが響く。


「ハァーーーハァーーーや、やっぱり、あり得ないほどの耐久力ね……」


  だが、《ジャイアント・キリング》を発動したヴィルヘルムにとって、その程度の連撃は雨に打たれるよりも軽いものだった。

  ヴィルヘルムより後方に一切の傷跡は無く、彼の衣服にも煤一つすらついていない。状況だけ見ればどちらが攻撃していたのか分からないほど、両者の間には隔絶した力量差があった。

  詰まる所、彼女が全霊を掛けて放った攻撃は、天魔将軍たるヴィルヘルムにとって取るに足らない物だったのである。

  全力を尽くして、尚この有様。己の無力さを噛み締めることになったアンリは、そのまま地面へと仰向けに寝転んだ。

  真っ赤に染まった夕焼けを望みながら、風景だけは故郷と何も変わらないな、と益体も無い事を考える。著しい郷愁に襲われた彼女は、気付けばポツリと口から弱音が漏れ出ていた。


「……これからどうすればいいのかな」


  寄る辺も目標も失い、挙げ句の果てには自身の貧弱さまで思い知らされる事になった彼女には、もう既に夢らしい夢など持つことは出来なかった。
  あれだけヴィルヘルムに講釈を垂れておいて情けない、と自身でも思うが、これだけ多くの事が一度に起こったのだ。パニックを起こすなという方が難しい。

  だが、そんな彼女に対してもヴィルヘルムはいつも通りだった。


「……好きにしたらいい」


  それは傷心の相手に掛けるにはあまりに無神経な言葉。聖人というわけでも無いアンリの癪に触るには十分すぎる発言だった。


「好きにって、私もそんな簡単に出来たら……!」


  ガバリと起き上がり、まくし立てようとするアンリ。だが、彼女の気勢がそれ以上続くことはなかった。


  なぜなら、ヴィルヘルムから手が差し伸べられていたから。


「……あ」


  その瞬間、何かが心の中にストンと落ちる音がした。

  問題が解決した訳ではない。世界が変わった訳でもない。ただ、何故だかわからないがーーその瞬間彼女は確かに

  暫しの茫洋の後、アンリは彼の手を取る。その手は冷酷という通り名に反して、とても暖かかった。

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く