ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第十話




  さて、そんなこんなでミミがヴィルヘルムの新たな部下として加わった翌日。

  ヴィルヘルムから『その標的が本当に勇者なのか精査せよ』との命を受け、ミミは一人ターゲットの男の後ろを付け回していた。

  ちなみに斬鬼は状況証拠だけで勇者と決めつけていた自身の浅慮を恥じていたが、ヴィルヘルムにそんな思惑は一切無く、ただ『もう少し滞在時間引き伸ばしとこう』という単純な思考の元に判断された支持である。これに振り回されているミミも文句を言っていい立場だ。

  とはいえ、既に勘違いという病に侵されてしまった彼女も残念ながらその真意に気づく事はなく、無事斬鬼と共にヴィルヘルムの事を尊敬し始めていた。病状で言えば既に末期である。手の施しようが無い。


(……一体何をやっているのでしょうか)


  フラフラと人混みの中を歩く一人の男を、ミミは冷めた目で見つめる。こんな軟弱な男が本当に勇者だとは、彼女には到底思えなかった。

  大した武装もせず、身体つきも瘦せぎす。縦には長いが、恐らくあれではリーチの長さもろくに使いこなせないだろう。

  腰に提げられた剣は豪奢だが、ゴテゴテとした装飾が付いている分どうにも儀礼用という印象が拭えない。
  実際装飾が付いている剣というのは、一般の剣よりも脆い傾向にある。細かな細工が出来るというのは、その分柔らかい金属を使用している事に他ならない為だ。

  固く、硬く、堅く。ただひたすらに切れ味を追求した剣には、ほぼ確実に装飾は施されていない。無駄な物を付ける余裕があるなら、その分鉄を精錬する。それが普通の職人の思考だ。

  勇者は聖剣とやらを持っているらしいが、あの分ではそれも大した事は無さそうだとミミは当たりを付ける。

  あっちへフラフラ、こっちはフラフラ。たまに他の通行人へとぶつかりへこへこと頭を下げては、またフラフラと歩き出す。


(……本当にあの人が勇者なのか、ミミは自信を無くして来ました)


  もしや途中で見る相手を間違えてはいないだろうか。いや、初めからなのだ、それは無いだろう。だが、幾ら何でもあの言動で勇者として潜り込むなど流石に無理がある。

  とはいえ、現状潜り込んで来た勇者である可能性が一番高いのは彼であることも間違いない。故に彼女は疑いつつも、彼を付け回す事を余儀無くされていた。

  時折出店の商品を物色したり、何気なく屋台に寄ったり。スリをする際に培った技術を遺憾なく発揮して、ミミは男の跡を付ける。


「おら、さっさとぶつかって来た詫び入れろや!!」

「誠意を見せろっつってんだよ!」

(……あれ、何やら揉め事ですかね)


  と、何やら例の男を複数人の魔人族が囲んでいる。どうやら彼が男達にぶつかってしまったようで、辺りに響くような大声で怒鳴られている。

  彼らの顔はミミも知っている。この村ではそこそこ幅を利かせている、不良達の一員だ。絡まれると必ず面倒な事になるので彼女はひたすらに避けていたが、どうやらその事を知らない彼は巻き込まれてしまったようだ。

  同情はするが、助ける義理もない。首根っこを引っ掴まれ路地裏へと引きずられる男を、ミミは冷たく見送る。関わったところでメリットは無いし、何より彼女には戦闘能力がない。だからこそ、彼女は望んでもいないのにスリを繰り返さねばならなかったのだ。

  しばらく経ってから路地裏の陰に消えていった彼らを追い、さり気なく覗き込む。


(……暗くてよく見えませんね)


  これでは監視の続行が出来ない。ここで見失ったと報告してもいいのだが、彼が本当に勇者だというのなら何がしかのアクションを起こす筈。ここは事実を確かめる絶好の機会だ。

  仕方なくミミは多少のリスクと引き換えに、路地裏へと歩を進める。

  背の高い建物が両脇にあるからか、昼だというのに路地の中は非常に薄暗い。幸いにして物は雑多に転がっている為、小さいミミの体くらいならば隠す事は出来るだろう。


(この音は……殴打の音ですかね。気分が悪くなります)


  そんな薄暗い空間に響く鈍い音と、かすかな呻き声。スラムで育った彼女にとって、それは子供の頃から慣れ親しんだ、それでいて気分の悪くなる音だ。

  彼女自身が特別虐待を受けた訳ではないが、少し外を歩けばそういった音は溢れていた。そしてその中に秘められた僅かな悲鳴と呻きが、また不愉快だった。

  だが、そんな中でもミミは僅かな違和感に気付く。


(……おかしいですね。奴らならもっと騒がしく暴力を振るうはずですが)


  不良達が誰かをリンチする際は、ほぼ確実に暴言を吐きながら誰かを殴りつけるというのが通例のはず。だというのに、その喧しい声がしない。

  普段ならば騒がしくなくて良かったと胸を撫で下ろすところだが、今回ばかりはそうもいかない。ミミは足音を立てないよう、ゆっくりと路地裏を進む。

  そして、漸く男達の輪郭が見えてきた。


(ーーあ)


  そこには、死屍累々と力を失って倒れ込む幾人もの男達の姿が。

  大多数は既に意識を失っており、呻きを上げる者も既に意味のある思考は出来ていないだろう。周囲には血痕が飛び散り、既に息を引き取っている者すらいる。

  正に惨状。ミミも血を見たことが無いわけではないが、ここまで酷い虐殺の現場は初めて見た。込み上げてくる吐き気を、咄嗟に手で押さえることで封じ込める。

  そんな中でただ一人、ユラユラと左右に体を揺らす男が立っている。


「……んー、こいつらじゃなかったんかぁ?  どうにもただ絡んできただけの不良って感じだったからなぁ」


  クルクルと豪奢な剣を弄び、そこらに転がった死体へと突き刺す。肉に突き刺さる音と、その度に舞い上がる血飛沫が、凝視していたミミの脳裏に焼きつく。

  と、その時怯えたような男の声がか細く響く。


「……た、助けてくれ」

「んー?  あ、お前まだ居たんだ。うわ、しかも漏らしてるじゃん!  くっせ!  マジ巫山戯んなよお前!  さっさとどっかイけよ!」


  果たして彼が本当に漏らしているのか、鼻が曲がるほどの死臭に晒されているミミには、全く判別がつかなかった。

  だが、シッシと手を払う勇者と思しき男の動作に助かったと感じたのか、へたり込んで居た男は慌てて立ち上がり駆け出す。

  路地裏の出口、つまりミミのいる方へと駆けてきた男を見て、慌てて彼女は頭を物陰へと引っ込める。


「ギャッ!?」


  だが、次の瞬間つんざくような悲鳴。続いて何か重いものが倒れるような音。

  顔を出さなくても分かる。この音の正体はーー。


「ったく、クソゴミの魔人供を逃がすわけねぇだろって。誰が逃げていいっつったよ、『どっかに逝け』つったんだよこのクソッタレが」


  ギリ、と歯噛みするミミ。間違いない、この魔人族に対する敵対心は、紛れもなく斬鬼から聞いた勇者だ。

  彼の振る舞いに思う所はあるが、彼女にはどうすることも出来ない。ひとまずここを脱出して、ヴィルヘルム達に報告しなければ。


「何をしている」

「っ!?」


  そんなミミの背後から、唐突に掛けられる声。彼女は一気に振り返ると、袖口から護身用にと受け取った短刀を取り出す。

  しっかりと刃を向けて、体重を乗せる。こうすれば大抵の相手には通用する。そうだ、斬鬼から教わった通りにやればーー


「踏み込みは良いが、甘いな」


  がしり、と手首を掴まれる。それだけ、たったそれだけの動作で、ミミの一撃は受け止められた。

  動けない彼女の首元を抑え、高く持ち上げる禿頭の男。


(何で……!?  もしかして、跡をつけられていたのは私ってこと!?)

「勇者様の跡をつけていたのは知っていたからな。悪いが、君には少しばかり寝てて貰うぞ」


  段々とミミの視界がボヤけていく。頚動脈を締められ、脳に酸素が行き渡らない。


(……いきなりミスをしてしまうなんて、ミミはヴィルヘルム様の部下しっかく……です……)


  ぐにゃりと曲がり切った男の姿を最後に、ミミの意識は途切れた。


(……ざんきさま。あとは、おねがいします……)

「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く