ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?

初柴シュリ

第二話




  彼らの居城から魔王の本丸までは、およそ徒歩で四日は掛かる距離がある。しかし魔王特製の転移用魔法陣を使用すれば、時間にして二秒も掛からない。

  陣の上に立って数秒。一際強い光が二人を包み込むと、次の瞬間には全く別の空間に立っていた。彼らが現れた瞬間、その空間にいた者達が一斉にそちらを向く。


「お待ちしておりました、ヴィルヘルム様に斬鬼様。魔王様より案内をするよう仰せつかった、メイドのセリーヌで御座います。ご用命の際は何なりとお申し付けください」


  恭しく一礼をして二人を出迎えたのは、魔王城において全てのメイドを統括する黒髪の美女、セリーヌである。

  魔族らしさでも追求したのか真っ黒く、そして禍々しく改造されたメイド服に身を包んでいるが、その身から溢れる気品や雰囲気といったもの迄は誤魔化せない。所作の一つ一つに、そういった物が滲み出ているのだ。

  とはいえ、そんな彼女も勿論只の人間では無い。病的なまでに白い肌、そして触れれば分かる事だが驚く程に冷たい体温。彼女は特殊な不死アンデッド、『キョンシー』の一族である。

  ちなみにヴィルヘルムは初めて目にした時、『自分以外にも人間がいた!』と内心で大喜びした挙句、結果違うと分かって肩を落とした過去がある。


「随分先客がいるな。我々が一番最後だったか?」


  腰元の柄を弄りながら、斬鬼がセリーヌに問いかける。

  ちなみに、本来彼女の口調はこちらの方が素だ。ヴィルヘルムと知り合ったばかりの時もこの様な武人然とした口調であり、今も彼や立場が上の相手と話す時以外はこの話し方になる事が多い。むしろ彼女の事を知る人がヴィルヘルムへの態度を見れば、あいつは誰だと驚くことになるだろう。


「いえ。天魔将軍であらせられる《渇望》のノーチラス様が未だお見えになられていません」

「む……まあ彼の方は戦闘狂バトルジャンキーとして高名だからな。きっと他に夢中になる事があるのだろう」


「にっへっへ……どーん!!!」


  瞬間、背後からとてつもない殺気を感じたヴィルヘルム。振り返ると同時に自動でスキルが発動し、予感に備える。

  ドム、と腰元に激しい衝撃。だがスキルのお陰で彼本体に大したダメージは無く、僅かに体を揺らしただけで飛び込んできた何かを受け止めることに成功した。


「おおっ!?  完全に不意打ちが決まったと思ったのに、やっぱヴィルはすっごいねー!」

「……ああ(っぶねー!!  まじっぶねー!!!  直前でスキル発動して良かったー!!)」


  飛び込んできたのは頭からぴょこんと猫の様な耳を生やした一人の少女。あどけない表情をしているが、彼女こそが天魔将軍が一人、《渇望》のノーチラスである。

  鉄錆の様な赤髪に、日に焼けた小麦色の肌。そして最も特徴的なのがユラユラと揺れる縞模様の尻尾。見かけだけならばただの可愛らしい少女だが、その小さい体躯に秘められた戦闘力は計り知れない。

  隠密行動から直接戦闘まで何でもござれ、そのステータスは勿論SSS。タックルを受けた際にヴィルヘルムがスキルを使っていなければ、彼の体はしめやかに爆散し、無念の内に成仏していた事だろう。

  自身の反射神経とスキルに感謝するヴィルヘルム。そんな彼の心中など知らず、ノーチラスは抱きついたまま顔面をヴィルヘルムの腹に擦りつけ始める。


「すんすん、うーん……仄かに知らない人の香りがする。勇者とやりあってきたの?」

「の、ノーチラス様……ええ、ヴィルヘルム様の手にかかれば鎧袖一触でございました。それはそれとして、余り抱きつくのはやめて頂けると……」

「えーやだよ。ヴィルったらいつも食べちゃいたいくらい良い匂いがするんだから」


  ちなみに彼女は気付いていないが、ここで言う『良い匂い』とは被捕食者が醸し出す匂いの事である。細やかな違いに鈍感なノーチラスが、その事実に気付く日は永遠に来ないだろうが。


「そうだ、何だったらザンキちゃんも抱きついてみる?  やってみると案外気持ちいいよー」

「なっ、私がヴィルヘルム様に……そんな、失礼な事を…………でも……」


  内なる葛藤に悩みながらもチラチラとヴィルヘルムの顔を伺う斬鬼。自身の欲望がダダ漏れである。

  だが、そういったアピールを無表情で気付かないふりをするのはヴィルヘルムの得意分野だ。いや、寧ろ露骨なアピールをされても一切それに気付かないのがヴィルヘルムという存在である。


「ケッ、下らねェ。ここにはおままごとしに来てるんじゃねぇんだぞ。天魔将軍なら天魔将軍らしく、もっとクールに振る舞えよ」

「あらあら、そう怒ることでもないじゃない。仲よろしきは良き事かな、交流を深められるのであれば私は一向に構わないわ」


  奥でヴィルヘルム達に悪態をついた金髪のワイルドな女性に、優しげな雰囲気を醸し出す茶髪を腰元まで伸ばした女性。残りの天魔将軍、《暴虐》のヴェルゼルと《背徳》のアルミサエルである。

  いずれも人に見えるが勿論魔族。ヴィルヘルムの目から自然と光が失われていったのも、彼からすれば今では良い思い出だ。


「馴れ合いなんて俺たちの間に必要ねェんだよ。天魔将軍に求められるのは圧倒的な力だ!  クソッタレの勇者共を打ち倒し、無力な人間共をすり潰す。それが天魔将軍の存在意義だろ?」

「あら、それは違うわヴェルゼル。貴女のやり方では、全て終わった後に残るのは焦土だけ。得られるものが何も無いわ。私達がすべき事は魔王様がこの世を統治できる様、全ての人間を貶めて家畜の様にする事よ。その手段として勇者達を皆殺しにするのは有効ではあるけれど……」

「うーん、みんな難しい事考え過ぎじゃない?  ボクはこうしてヴィルヘルムに抱きつけてれば良いやー」

「……(い、胃が痛い……)」


  全員が集まると大抵方向性の違いから言い争いに発展するのだが、その結論がどう足掻いても人類の破滅なのだ。同じ人類としてキリキリと胃が痛むのは仕方のない事である。

  ちなみにストレスの要因として、未だヴィルヘルムが人間だとバレていない事も起因している。魔人族は容姿だけなら人間とそう離れていない為、彼も何らかの魔人であると周囲に思われているのだ。バレてしまえばどうなるか、と肩を震わせた事は一度や二度では無い。


「おい、お前はどうなんだヴィルヘルム!」

「あらあら、結論を委ねるのは余り好きでは無いですが、ここは貴方の意見を聞くのも一興でしょう」

「……(こっちに話振るなってマジで!  あああああストレスが天元突破するぅぅぅぅぅ!!)」


  内心はとんでも無いことになっているが、それが外面に現れる事は一切無い。流石の鉄面皮である。

  さて、この問いにどう答えるものかとヴィルヘルムは考える。本来なら無難に収めるべきなのだろうが……いや、どちらかに同意してしまえばそこから話が発展してしまう。この話をこれ以上続けさせない為には、この返答一言で話をぶち壊す必要があるだろう。

  一番空気を凍らす方法として効率的なのは、否定から入る事だ。空気が読めず度々雰囲気をぶち壊して来た経験から、ヴィルヘルムはそう考える。こらそこ、虚しいとか言わない。


「……し」

「『死』?  だよな!  やっぱやるべきは殲滅だよな!  やっぱお前分かってんじゃねーか!

「あらあら……まあ確かに、全員滅ぼしてしまえば一切の抵抗は無くなりますからね。非効率的ではありますが」


  やってしまった。

  『知らん』と答えるはずが、ヴィルヘルムの予想以上に尻すぼみになってしまった為冒頭の『し』のみしか口から出てこなかったのである。普段から声を出していない代償か、彼の意思が正確に伝わる事はなかった。

  返答が気に入ったのか、ガシリとヴィルヘルムと肩を組み、ひたすら揺らしてくるヴェルゼル。魔族といっても女性なのか、どこか良い匂いが漂ってくる。

  ここまで上機嫌の所に今更『勘違いです』などと言ってしまえばどうなるか分かったものでは無い。結局勘違いを治す事なく、ヴィルヘルムはその話を流してしまった。こういった態度が積もり積もって、今の地位になっているという事には気付いていない。


「皆様、ご歓談の所申し訳有りませんが、魔王様がお呼びです。謁見の間まで案内致します」


  と、そこでジッと黙っていたセリーヌが口を開く。話題の切れ目を見計らってタイミング良く割り込めるのは、給仕のプロとして為せる技だろう。

  いよいよ魔王と謁見か、と溜息をつくヴィルヘルム。また人類殲滅の方針を決めさせられるのかと思えば、気が重くなるのも仕方のない事であった。



「ステータス、SSSじゃなきゃダメですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く