姫騎士とペットなオレ

エルトベーレ

第8話 エルナ・グレーテ・フォン・エッフェンベルク

「あ、国境が見えてきた。すごい、あっという間だね!」
「うう……やっとですか」
空の旅ではしゃぐグレーテと対照的に、カティアは半ば放心状態だ。


『この先の森に降りる。しっかり掴まっていろ』
すると、アズールはスピードを緩め、段々と高度も落としていく。そしていい具合に広場を見つけると、そこ目がけて急降下した。


『ありがとう、アズール』
『礼には及ばん。では、さらばだ』
グレーテとカティアの二人も降りたのを確認すると、アズールは再び翼をはためかせて飛び上がった。
「ありがとね~!」
グレーテが手を振って見送る。


「さて、これで家出大作戦は成功したけど、これからどうする?」
「エルナ様、まさか、何もお考えでないのですか……?」
「うん、まぁ……」
とりあえず家を出たかっただけで、こんなとこまで来るかよ……。
「ひとまず、今夜の宿を探しましょうか」


今夜の宿は、ちょうどいい岩場があったので、そこに決まった。
「では、私は食材を探してきます。エルナ様はここでお待ちください」
「はーい。じゃあコットン、わたしとお話ししましょう?」
オレは右前足を上げる。イエスの返事だ。


「……わたしね、本当はエッフェンベルク王国の王女なの。第二王女、だけどね」
グレーテはオレに、自分の身の上を話し出した。
どこか寂しい目をしてる気がするけど、楽しげでもあった。話を聞いてほしいのだろう。


「でもお父様が、わたしを同盟相手のところへ無理やり嫁がせようとしたの。だから、お城を抜け出したんだ」
政略結婚ってやつか……。本当にあるんだな。


「今まではほとんどお城の外に出してもらったことなかったから、すごく新鮮なんだ。あなたみたいなモンスターがいるっていうのも、知らなかったし」
思い返せば、グレーテは何にも物怖じしなかったな。むしろ、モンスターが本当は恐ろしいものだってわかってるカティアの反応の方が自然だよな。グレーテがあまりにも当然にオレを受け入れてくれるもんだから、すっかり気が付かなかったよ。


「わたしの知識によると、あなたは魔術が使えるモンスター、魔術体質って言うらしいの。障壁や、剣の姿に変身できるのは、たぶんそのせい。人の言葉がわかるのも、もしかしてそのせいかな」
人の言葉がわかるのは、オレが元は人間だからだよ。って、伝えるすべはないんだよな……。こっちから伝えられるのはイエスかノーだけ。もどかしいな……。


オレは間近にあるグレーテの頭に手を伸ばしてみる。ダメだ、届かない。精一杯身体を伸ばしても、少し垂れている前髪に触れることしかできない。
「ん? なぁに、どうしたの?」
魔術体質のこと、もっと知りたい。グレーテの話をもっと聞きたい。


「コットンはいつもわたしを守ってくれるよね。ありがとう。コットンはさ……わたしのこと、好き?」
唐突な質問に、オレは咄嗟に右前足を上げた。
「本当!? わたしも好きだよ~!」
グレーテに頬ずりされる。柔らかい。温かい。毛皮越しでもわかる。


「ねぇ、コットンってさ、実は人間だったり……なんてことはない、かな……?」
え……どうしてそれを? いや、別に気づかれて困ることは……なくはないけど。裸とか見ちゃってるし。
「獣の姿に変えられた王子様は、お姫様のキスで元の姿に戻れたりするよね。もしかして、コットンも……」
グレーテが逃がさないと言わんばかりに両手でオレを捕まえ、まだあどけなさの残るくちびるを寄せてくる。
これ、本当に元に戻ったら……嬉しいような、もったいないような……。

「姫騎士とペットなオレ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く