姫騎士とペットなオレ

エルトベーレ

第3話 覚醒も突然に

「エルナ様!」
茂みから現れたのは、大きな黒いトカゲ。
いや、オレはこれに似た生き物を知っている。ティラノサウルスがもし生きていたら、たぶんこんな感じなんだろう。


「こいつはそこいらのモンスターとは格が違います! お逃げください!」
「そんな! カティアは?」
「私は大丈夫です。……すぐ、追いつきますから」
カティアさん、それ死亡フラグ……。
「嫌! カティアが死ぬなら、わたしもここで……!」
「なりません! 貴方様は、こんなところで果てていいお方ではありません。その子を連れて逃げなさい」
カティアは黒い竜に向けて剣を抜き、斬りかかる。が、その鎧のように頑丈そうな皮膚には傷一つつけられない。


オレには、何もできないのか……? オレだって、モンスターの端くれなんだろ? オレじゃ、主人を守ることもできないのか……?
そんなの嫌だ!


オレはグレーテの腕から飛び出し、カティアと彼女に獰猛どうもうな牙を向ける黒い竜との間に割って入る。
「コットン! 危ない!」
ごめん、グレーテ。出会えたばかりなのに。でも、君に会えて、オレはそれだけで幸せだったよ。オレの分まで、長生きしてくれ。


しかし、その牙はオレには届かなかった。
「えっ、どういうこと?!」
黒い竜はなおも、長い尾でオレを叩きつけようとするが、オレを傷つけることができない。
「あれは……障壁?」
どうやらオレの周りに張られてるバリアみたいなやつは、障壁というらしい。
「え、なんでコットンが魔術を……?」
「何にしても、助かりました。エルナ様、今のうちに逃げましょう」
しかし、グレーテはこれを拒んだ。
「ダメ。コットンを置いてけない」
ああ、やっぱりこの人に拾われてよかった。
オレはこの人のチカラになりたい。この人を守る盾に。この人を守る剣に。


オレの中に芽生えたイメージは、すぐに形になった。
突然、オレの身体が変化し、形を変えていく。人間に戻れるかと思ったが、予想を遥かに裏切る形で、オレは彼女のチカラとなった。
「コットン……、あなたは……」
グレーテはそう呟きながら、姿を変えたオレを手にする。
オレだって戸惑ってるさ。でも今は、あなたのチカラになりたいんだ。オレを使ってほしい。きっと、あいつを切り裂いてみせるから。


グレーテはオレを構えたまま、黒い竜の突撃を紙一重でかわしながら、奴の懐に潜り込む。そして、その強靭な皮膚にオレを突き立て、一振りに斬った。
黒い竜は苦しげな唸り声を上げながら、森の奥へと去っていった。
「エルナ様!」
「やったよ……! コットン、あなたのおかけで……」
オレは再びクラビーの姿に戻る。すると、グレーテに抱きしめられた。
「すごいねぇ! こんなことができるなんて、思わなかったよ〜」
オレ自身も、知らなかった。
ただ彼女を守りたくて、彼女のチカラになりたくて……。
オレには、それができるんだ。


しかし、カティアはそんなオレを歓迎していなかった。
「……エルナ様、そいつから離れてください」
剣を収めることなく、明らかな敵意とともに、オレに向けている。
「カティア! やめて!」
「魔術を扱うクラビーなど、聞いたことがありません。何者です?」
そう言われても……。
それに、魔術って……? さっきオレがやった変身とか、障壁とかがそうなのだろうか。でも、あれはたまたまっていうか。
まぁ、伝わるわけないんだけど。


「カティア、剣を収めなさい。これは命令です。二度と、コットンに手を上げないで」
「……はい」
……すごい。それだけ絶対的な主従の関係なんだろう。
「わたし達のこと、守ってくれようとしたんでしょ? あなたのことはゆっくり教えて。あなた自身もわからないなら、一緒に調べていきましょう?」
オレはその言葉に頷いてみせる。
「あら、人の言葉がわかるの? 賢いんだね〜。改めて、よろしくね」
こうして、オレは異世界で出会った少女、グレーテのペットになったのだった。

「姫騎士とペットなオレ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く