本の購入希望書に悩みを書かないでください。

エルトベーレ

番外編② 愚痴

「あら、松岡さん。佑馬くんはどうしたの?」
「あ、斎藤先輩。いいんです、あんな人……」
「ケンカでもしたの?」
「そういうわけじゃ……ないですけど」
「まぁ、今回のことに関しては、佑馬くんが全部悪いと思うわ。初めてのデートで恋人にブラジャーを贈るとか、正気の沙汰とは思えないもの」
「そ、そうですよねっ! やっぱり佑馬くん、変態ですよね!?」
「しかも、ブラを脱がしたと思ったら、一時的とはいえそれを預かるって……」
「あ、あの、変なことに使ってなかったですか……?」
「大丈夫。ただ、えろえろと眺めてただけだったから」
「えっ、えろえろとっ?!」
「間違えたわ。じろじろと、ね」
「佑馬くんは触ったりしないですけど、言葉責めするんです。ひどいですよね」
「ええ、本当。最低だわ」


「うう……なんか寒気がしたけど、何だ……?」

「本の購入希望書に悩みを書かないでください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く