うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

Happy Birthday!

三人の姉たちは、ドキドキしながら彼の登場を待つ。
彼が風呂に入っている間にささやかな飾り付けをし、ごちそうを並べ、真ん中にはケーキ。
ケーキのろうそくは十二本。


リビングのドアの前に人影が見えて、絶好の一瞬を逃さないように、彼女たちは息を飲んで身構えた。
そして、扉が開く。


「お誕生日、おめでと~う!」


三人の鳴らしたクラッカーの紙ふぶきを浴びながら、彼は照れくさそうに、ソファに腰を下ろす。


「ハルちゃん、十二歳の誕生日、おめでとう!」
「どれから食べる? 全部お姉ちゃんたちが作ったんだよ?」
「まぁ、まずは一杯」


と、桜莉菜がハルのコップにジュースを注ぐ。


「あ、ありがとう」


「ところでさ、ハル。この前のやつだけど……」
「あ、ああ、あれ。おれの夢を思い出したんだ。おれの夢は、姉ちゃんと結婚することだって」


ハルは恥ずかしげもなく繰り返した。


「そう、それ。この国の法律じゃ、三人と結婚できないのよねぇ。だれか一人に決めてくれなきゃ」
「そもそも、この国の法律じゃ姉弟は結婚できないんだけど?」
「……そうだったんだ」
「大丈夫。その辺は時間が解決してくれるから。で、誰にする?」


なぜか桜莉菜が一番興味津々だ。
ハルは少し考えて、答えを絞り出した。


「おれはやっぱり……」


と、言いかけて、桜莉菜が遮る。


「あーやっぱいい。聞きたくない」
「なんだよ、自分から聞いといて」


それより、と茉莉菜がチケットケースをハルに差し出した。


「はい、誕生日プレゼント♪」
「え、なに? まさか、お金?」
「開けてみてのお楽しみだよ」
「あ、じゃああたしも渡しとこう。はい」


桜莉菜も、同じようなチケットケースを差し出す。


「私も。はい、お誕生日おめでとう」


柚莉菜もまたしかり。


「ありがとう。マリ姉、サリ姉、ユリ姉」


ハルが一つずつ開けてみると……。
“永妻茉莉菜を一日好きにできる券”、“永妻桜莉菜が一日何でも言うことを聞く券”、“永妻柚莉菜が一日あなたのものになる券”がそれぞれ一枚ずつ封入されていた。


「って、パクるなよ!」
「柚莉菜のやつ、狙いすぎでしょ」
「何でみんなおんなじこと考えてるんですか!」


一見バラバラに見えても、これが姉妹というやつなのかもしれない。


「ありがとう。大切に使わせてもらうよ」


その笑顔が、なんだか怖かった三人だった。


こうしてまた、三人の姉と弟の、ゆかいで幸せな日々が続いていくのだった。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く